アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

園川モモカ(さばげぶっ!) のプロフィール情報まとめ!!!

園川モモカ(さばげぶっ!) のプロフィール情報まとめ!!!

園川モモカ(さばげぶっ!) のプロフィール情報まとめ!!!

園川モモカとは、『さばげぶっ!』の主人公である。CV:大橋彩香

概要(ニコニコ大百科)

梧桐学園高校に転校してきた1年生。人付き合いを面倒と考えているが、日常では予想もつかない事に憧れを感じており、そこに付け込まれてサバゲ部に入部することになる。

普段は穏やかな性格をしており、周りにも当たり障りのない態度をとってはいるが、
それは上述したように人付き合いを面倒と考えているからであって、内面まで穏やかという訳ではない。
一言で言えば「ゲス」であり、週刊少年マガジン出張版のキャラ紹介文で「主人公のゲス」とだけ書かれるほどである。

原作では話が進むにつれ(単行本3巻あたりから顕著に)現在のような性格になっていくが、アニメ版では物語開始時点で既にそのような性格(一言で言えば「ゲスくてニューゲーム状態」)になっており、「やられたらやり返す」が流儀である。

第1話で受けた嫌がらせに対して

・靴に画鋲を入れられる →溢れんばかりの画鋲を詰め込む
・机に落書きをされる →大型ハンマーで机をバラバラにする
・教科書やノートを捨てられる →私物を焼却炉に放り込む

という風に、たくましい性格をしているのである。

また、自分の目的達成、もしくは勝利のためならば、汚い手を厭わない。
原作19話では、些細な言い争いに端を発するサバゲ勝負で部員に下剤を盛ろうとしたり、アニメ第2話サバゲ部地下の戦闘では投降した鳳美煌に発砲し、さらに豪徳寺かよと銃口を突きつけ合って「引き分けね」と言い油断させた隙に発砲するなど、とても主人公とは思えない振る舞いをすることが多々ある。→ド外道の園川

現金や肩書きに弱く、100万円の値がつく拳銃を発見した時には錯乱して幻覚を見るなど、
上記の振る舞いと合わせて「小物」と視聴者から形容されることもある。

そんなモモカであるが、彼女以上のサバゲ技術を持つ母親や無自覚でトラブルを持ち込んでくる顧問の佐倉先生、また因果応報とばかりに自身に報いが受けるなど天敵も多い。

説明(ピクシブ百科事典)

梧桐学園高校に転校してきた1年生。いて座のAB型。
性格は所謂ツッコみ体質で比較的常識人……かと思いきや本人もかなりの毒舌かつ外道。外面は転校慣れしているゆえか悪くないが、八方美人とも言える故にまともな友人はそこまで多くないらしい。
原作においては内心で毒を吐いたり多少腹黒い所もある中で段々と外道へと進んでいったが、アニメでは作者曰く「ゲスくてニューゲーム」状態であり、最初からなかなかの外道である。やられたらやりかえすと言わんばかりに相手に対して報復を行うなどとても少女漫画の主人公とは思えないほどのゲスっぷりを発揮している。

wikipedia

園川 モモカ(そのかわ モモカ)

声 - 大橋彩香
本作の主人公。梧桐学園高校に転向してきた少女。15歳、1年C組。いて座、血液型はAB型。使用する銃は「Beretta 92F[M9]」。
一人称は「わたし」、美煌のことを「部長」、麻耶のことを「麻耶さん」、うららのことを「うらら」、かよのことを「豪徳寺さん」、からあげ☆レモンのことを「レモン」と呼ぶようになる。
表向きは良い子だが内面はかなりの毒舌家で、原作では転校早々同級生にいじめられた後に、美煌からそれを咎められた同級生がモモカに謝罪するシーンまでしか描かれていないのに対し、アニメ版ではその同級生へ報復する腹黒な一面が追加されている。また、ストーリーが進むごとに外道な一面を見せており、それに比例して身体能力(うららに対するツッコミ技)も上昇している。射撃の才能を見込んだ美煌の悪だくみにより強制的に入部させられ、自分には変態を寄せ付けるパワーがあるのかも知れないと漏らす。カマキリとブロッコリーが大の苦手。非常に耳がよく、地獄耳である。

戦闘能力について(ニコニコ大百科)

狙撃の才能があり、初の対人戦でも大いに活躍する。
ガンシューティングゲームの日本チャンプに対しても、ゲームは初見にも関わらず互角以上に渡り合う。

そして何より特筆すべきは、素手での戦闘能力である。
ニシローランドゴリラ並の腕力(原作では背筋力120㎏、握力50㎏)を持つ春日野うららを屈服させる、
一度の打撃に見えて同じ場所に五発の拳を打ち込む、
銃による打撃で重量級のからあげ☆レモン氏を一撃で昏倒させるなど、
その戦闘能力は本当になかよし連載漫画の主人公かと突っ込みたくなるレベルである。

ベレッタ92(伊:Beretta 92)とは

■概要

世界中の警察や軍隊で幅広く使われており、現在はコルト・ガバメントに代わりアメリカ軍の制式採用拳銃になっている。なお、米軍では「M9」のモデル名で呼ばれている[2]。
正式名称はピエトロ・ベレッタ92。より詳細には、92S・92SB・92SB-F(92F)・92FS など複数のモデルが存在する。米軍のM9は採用当初は92SB-Fであったが、今は92FSに切り替わっている。現在最も一般的なモデルは92FSで、後述のように外見上の違いがほとんどないことから、これが92Fと呼ばれることも多い[3]。

■特徴

ワルサーP38の流れを汲むプロップアップ式ショートリコイル機構を持ち、複列弾倉(ダブルカラムマガジン)に15発の9x19mmパラベラム弾を装填する。
同社の拳銃の特徴である遊底(スライド)の上面を大きく切り取ったデザインは、イタリアの銃器デザインのひとつの到達点とも呼ばれ、見た目の美しさから映画やTVドラマ、アニメなどでも主人公などの使う拳銃として、よく登場する。 作動方式には前作のベレッタM1951で採用したワルサーP38を参考にしたプロップアップ式ショートリコイル機構を採用しているが、これはこの特徴的なスライド形状により他の方式を取れなかったという面もある。しかしこのスライドは、上部を切り取ったことにより軽量になり、スライド後退時の衝撃を和らげ、排莢口の拡大によりジャム(弾詰まり)を防ぐ効果もある。この形状により耐久性があまり無さそうに見えるが、適切な熱処理を施すことで十分な強度を持たせることができる(ただし、本銃のスライド破損事故が3件発生している。下記参照)。 また、使用弾薬が9mmパラベラム弾のため比較的反動が小さく、アンビ・セーフティや左右差し換え可能なマガジン・キャッチなどの利き手を問わない装備によって、開発当時としては格段に扱いやすい銃であった。


記事タイトル:

園川モモカ(さばげぶっ!) のプロフィール情報まとめ!!!

関連ワード :

園川モモカ

さばげぶっ!

美少女

ポニーテール

髪色(ピンク)

ヒロイン

大橋彩香(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!