アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

現実ではムリでしょ! 物理法則に反したアニメキャラの服装12選

普段は当たり前に観ていても、ふと冷静になると思う疑問の数々。 アニメの中のキャラクターたちは、巨大で重そうな武器を軽々とブン回していたり、空を飛んでバトルしていたり、現実の世界では考えられないようなア

現実ではムリでしょ! 物理法則に反したアニメキャラの服装12選

普段は当たり前に観ていても、ふと冷静になると思う疑問の数々。
アニメの中のキャラクターたちは、巨大で重そうな武器を軽々とブン回していたり、空を飛んでバトルしていたり、現実の世界では考えられないようなアクションで、視聴者を楽しませてくれます。
ファンタジーの中に生きるキャラたちは、当然そのファッションやコスチュームだってオリジナリティー豊かで、時にはチャクラが開放されていたり、常に風の影響を受けてたなびいていたり、挙句の果ては服そのものが生きて喋ったりするのです。
今回は、そんなリアルではあり得ない、物理法則を無視しまくったアニメキャラの服装12選をお届けしたいと思います。
まずは血を吸うセーラー服からどうぞ! 

『キルラキル』纒流子

流子の父、纏一身が娘の為に作った100%生命戦維の、生きたセーラー服がこの「鮮血」です。
流子に着られ、彼女の血を吸うことで普段のセーラー服状態から一転、戦闘態勢に入り「人衣一体」するとこのデザインに変化する鮮血。
流子の下チチは丸見えで、股ぐりの浅いスカートでギリギリ隠された大事なトコロまで下腹部がガラ空き。防御力なんて全く無さそうなサスペンダーが2本伸びるのみなのですが...これ実は、人体への接触面積を必要最小限にすることで、生命戦維に呑まれることを防ぎつつ力を引き出すための知恵なのです。
流子と鮮血は戦いを重ねる毎に強くなり、服のエッジにトゲトゲが出てチェーンソウのように回転したり、足からジェット噴射が発生して自由に中空を舞うようになったり、最後には紅色になり宇宙空間でのバトルまで可能になってしまうのです。
自ら意思を持ち、流子の意識に直接語りかけることで会話が出来る鮮血は...実はアイロンがけをされる事に快感を覚えるのです。何だかわからない、究極的に現実ではあり得ないコスチュームです。

『NARUTO -ナルト-』大蛇丸

元木ノ葉の忍で伝説の三忍のひとり、音隠れの里の創設者の大蛇丸(おろちまる)。
幾多の肉体改造で白い大蛇になっていることを暗示しているのか、彼の腰回りには大蛇を思わせる「しめ縄」が巻かれています。傍から観ていると重そうで邪魔そうで、すぐ敵に掴まれそうな気がしますが、キャラクター・デザイン的にインパクトは大きいですよね。オネエ言葉で話しますし。

■『史上最強の弟子ケンイチ』風林寺美羽

武術道場「梁山泊」の長老、無敵超人の風林寺隼人の孫であり、そのライバルであるシルクァッド・ジュナザードからも、東南アジア伝統の武術シラットを伝授された美少女・美羽。この作品では、女性の衣服が散り散りに破れて、ほとんどスッポンポンに近い露出が拝めるシーンがよく登場します。
美羽はもうとても顕著に、パッツンパッツンの、大きなオッパイが強調された服を着ていても何かあるとビリビリになってしまうのですが...。何故かいつもB地区などの大事な部分の布地だけはピッタリと張り付いており、フルヌードを免れるのです。
これまた現実ではあり得ませんが、少年マンガではお決まりのパターンだったりします。

『プリンセスチュチュ』るう

バレエを踊る少女あひるの物語に登場する、バレエ科特別クラスの優等生るう。彼女が変身した大鴉の娘、プリンセスクレールの衣装は、まるで黒いネクタイを逆さにしてオッパイに貼り付けたかのようなデザインです。
背中は全部ガラ空きなので、ますますセクスィーさが強調される衣装となっています。なのに絶対にペロンと剥がれない、重力に逆らったものとなっています。描写的に、下が肌色のタイツという感じではなさそうなのがグー。

『コードギアス 反逆のルルーシュ』ゼロ

主人公ルーシュ・ランペルージが王の力=ギアスを使い、仮面を被って「ゼロ」として行動する時のこのマント。常にその襟は顔の周囲をガードするかのように立っており、マントは風の影響を受けてフワーっとしています。
『宇宙海賊キャプテンハーロック』のようでもあり、『スポーン』のようでもある、アニメ独特の柔らか素材で出来たマントなのです。

『ストライクウィッチーズ』女性キャラほぼ全員

このストーリーに登場する少女たちは、大戦中の空軍・陸軍兵器を擬人化したメカ少女というデザインなのですが、設定が複雑なので、ちょっとだけウィキペディアのお世話になります。
ストライクウィッチーズとは...魔導エンジンによる飛行脚「ストライカーユニット」を唯一駆ることの出来る魔力を持つ少女「魔女(ウィッチ)」による「機械化航空歩兵」...のことを言います。
ですが、この「ストライカーユニット」こそが現実の物理法則を無視したメカであり、もし本当にこのようなプロペラ2つを両脚にはめて飛行ができるのならば、テレビ番組『鳥人間コンテスト』なんてのは、あっという間に打ち切りになってしまうことでしょう。

『BLEACH』シャルロッテ・クールホーン

十刃(エスパーダ)のひとり、バラガン大帝のお供として登場した破面(アランカル)のNo.20シャルロッテ・クールホーンは、見た目でお分かりの通りマッチョなオカマキャラです。綺羅びやかなエフェクトと共に斬魄刀を開放し、「宮廷薔薇園ノ女王(レイナ・デ・ロサス)」と叫びながらこの姿に変身するのです。
この時は、下腹部に刻まれた仮面紋(エスティグマ)がモロ見えし、全方向から風がコスチュームを揺らします。
いくつか技を持っていますが、大概が「ビューティフル・シャルロッテ・クールホーン's・ファイナル・ホーリー・ワンダフル・プリティ・スーパー・マグナム・セクシー・セクシー・グラマラス・虚閃」という長~い名称で、実際の技は普通のセロとかだったりします(それでもピンクのハート型ですが)。
ちなみに最近は、連載で涅マユリによってゾンビ化され、再登場していますね。どんな活躍を見せてくれるのやら...? 

『FAIRY TAIL』エルザ・スカーレット

フェアリーテイル最強のS級女魔導士エルザは、魔法空間に様々な属性の鎧や剣をしまっており、いつでも呼び出し換装することができます。そしてこれを瞬時に行うことで、さまざまな敵の属性に適応させることができるのです。
しかし見てくださいこの重そうな金属のアーマー! オッパイ以外の部分はガラ空きなのに、巨大な翼が4枚も付属しており、防御すべき場所とそうでない場所がどこなのかサッパリ分からないものとなっていますよね。
アニメの中だからこそ身軽に動けるものの、もしこれが現実の世界だったら立つことすら難しいのではないでしょうか? 肩こりもヒドくなりそうです。

『NARUTO -ナルト-』ナルト九尾チャクラモード

精神世界にて、九喇嘛を見事打ち負かしたことで手に入れたチャクラを使った状態がこちら。これは身体が燃えているわけではなく、オーラに包まれているという表現が近いかと思われます。
この状態になると、超高速で移動が出来るだけでなく、他人の悪意を感知できるようになります。スゴいことになってしまいますが...意外にも、これを現実で再現した人がいるというからブったまげです。

『トリニティ・ブラッド』アベル・ナイトロード

アベルは教皇庁国務聖省特務分室の派遣執行官という立場だからなのか、画像のようにとても重そうな装備を身にまとっています。
とにかくアベルの出で立ちは、神父なのに肩から二の腕、腕にかけても篭手などでガッチリとガードされていますし、背中もスネもブーツにも重そうなプレートがあります。
それに拳銃やロザリオ、ホルスターやポーチなどをくっつければ、神に祈るより戦場かどっかでドンパチやった方が良いんじゃないか? というような超・重装備になってしまうのです。
そもそも吸血鬼の血を吸う吸血鬼でありながら神父、という二律背反する設定だからこそのキャラクターだからかと思われます。すっごくカッコ良いですけどね。

『BLEACH』ティア・ハリベル

右オッパイに「3」と書かれているように、ハリベルは破面(アランカル)No.3にして第3十刃(エスパーダ)の地位にいます。
顔の下半分から爆乳の上半分までが繋がった、行き過ぎた短ランみたいな衣装の彼女。なので下チチから下腹部までが丸出しであり、下半身も太モモの外側が露出した袴を帯で留めているだけのようなデザインに男のロマンが感じられます。
背中に担いだ自前の幅広短剣「皇鮫后(ティブロン)」を開放すれば、彼女の姿はさらに大胆なものへと変貌してしまいます。ムネはB地区以外ほぼ露出する形となり、袴は骨を並べたようなミニスカートに。そんなあられもない姿は戦闘にはとても不向きに見受けられます。
もうとにかく、けしからんの一言に尽きるでしょう。

『機動戦士ガンダムSEED』キラ・ヤマト

物理法則的にはまったくおかしなことはありませんが...せっかく長袖を切って半袖のシャツにしたのに、わざわざまたその袖をサスペンダーでブラ下げているデザインってのはどうなんでしょう? 
大きな白い襟も、チャイナドレスのようなフロントの留め方もカッコ良いと思います。でもこの袖! スーパーコーディネイターだかSEED保持者だか知りませんが、なんかこう、「オラァ!」って引き千切って半袖に戻してやりたい衝動に駆られませんか? え? そうでもない? いやまぁ、それならそれで良いんですけどね。



と言うことで以上、「io9」が選んだ12の物理法則に反したコスチュームはいかがでしたでしょうか? 海外の人たちはホント、日本のアニメをよ~く観ているようですよね。
中には自分が着てみたいほどカッコ良いものもあるかもしれませんし、中には「ありえねー!」とツッコミを入れざるを得ないものもあるかと思います。
読者の皆さんがあり得ないと思う、または着てみたい、容赦なくツッコミたい、それかこのリストに付け加えたいコスチュームなどがありましたら、ぜひともコメントやツイートでお知らせください。たとえば...『ど根性ガエル』や『アンパンマン』とか!? 


記事タイトル:

現実ではムリでしょ! 物理法則に反したアニメキャラの服装12選

関連ワード :

纏流子

キルラキル KILL la KILL

美少女

髪色(黒)

ヒロイン

セミロング

コラム




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!