アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

アニメ『ピンポン』の挑戦

今回紹介する「ピンポン」は1996-1997年に松本大洋先生が書いた作品が原作になっている。

アニメ『ピンポン』の挑戦

今回紹介する「ピンポン」は1996-1997年に松本大洋先生が書いた作品が原作になっている。
18年の歳月を経ている作品を(筆者は当時小学生でした)、2014年にアニメ化。その際に、勇ましい挑戦がみられる。

2002年に実写映画されたこともあり知名度は高い。私の個人的見解だが、原作がマンガの場合のアニメの立ち位置は難しい。そっくりそのままやってもアニメから入る人にはいいが、原作ファンは正直楽しめない。かと言って変えすぎても作品のバランスが崩れ面白みが半減してしまう。
ピンポンはその中でも原作をしっかり守りながら新しい要素も入れ、アニメからの人も、原作からファンにも支持を得ている。大変すばらしいアニメである。

アニメと原作の最大の違いはそのテーマに違いがある!!

原作はペコとスマイルの二人の物語で、どこか閉鎖的で感情がうすい。
その点アニメでは各キャラクターの群青劇で、それぞれより掘り下げている点がマンガよりもすぐれている。

二つ例をあげるならまず「チャイナ」について。
作品上一番最初の敵であり、ペコが成長するきっかっけになった人物だが、原作ではその人物についてあまり書かれていない。

そこはアニメでうまく補完している。私のおすすめのシーンはチャイナの母親が寮に来て料理するシーン。原作にはもちろんないがチャイナと部員たちの関係が近くなって友情が芽生える部分を短くわかりやすく伝えている。まさかチャイナに泣かされるとは思ってませんでした。

そしてもう一つが「風間」の存在です。風間の背景がかなり追加されており(人物や生活)、孤独感や葛藤がより強くなっている、またみんなにとっての風間とは何なのかが明確になっている。そのためペコに負けて救われるシーンも味が出ている。風間にとってもペコはヒーローであることが明確でアニメのラストシーンのスマイルとのやり取りにも深みが出ている。

アニメを見ていない人は原作を読んでから見るとより一層楽しめること間違いなし。またアニメを見た人も、後から原作を読むことでアニメとの違いを楽しめると思います(特にアニメと原作ではペコの必殺技が違います)。2014年一番のおすすめです。

出典 YouTube

(あにぶ編集部/橘あき)

(C)松本大洋/小学館(C)松本大洋・小学館/アニメ「ピンポン」製作委員会

記事提供元:あにぶ


記事タイトル:

アニメ『ピンポン』の挑戦

関連ワード :

星野裕

ピンポン

イケメン

髪色(黒)

主人公

おかっぱ

片山福十郎(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!