アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

斎藤千和、前野智昭、小林裕介が作品とキャラの魅力を語る!「暁のヨナ あかつきむらの大宴会」

斎藤千和、前野智昭、小林裕介が作品とキャラクターの魅力を大いに語る!『花とゆめ★アニメ祭「暁のヨナ あかつきむらの大宴会」』レポート&インタビュー

斎藤千和、前野智昭、小林裕介が作品とキャラクターの魅力を大いに語る!『花とゆめ★アニメ祭「暁のヨナ あかつきむらの大宴会」』レポート&インタビュー

9月28日(日)、品川・インターシティホールで開催された『花とゆめ★アニメ祭』。2014年に少女漫画雑誌「花とゆめ」(白泉社刊行)が創刊40周年を迎えたことを記念して行われたもので、会場内にはキャラクターの等身大パネルや豪華作家陣による描き下ろし色紙が展示され、来場者を楽しませていた。

ここでお届けするのは、10月7日(火)からTOKYO MX、サンテレビ、テレビ愛知ほかにて放送開始のTVアニメ「暁のヨナ」のステージイベント『「暁のヨナ」あかつきむらの大宴会』だ。本ステージでは第1話「王女ヨナ」と第2話「ちぎれた絆」の先行上映と、ヨナ役の斎藤千和さん、ハク役の前野智昭さん、スウォン役の小林裕介さんによるトークショーが行われた。


「暁のヨナ」(著者:草凪みずほ)は、建国神話・四龍伝説が伝わる高華王国を舞台に、赤い髪を持つ王女・ヨナと彼女の幼なじみで護衛のハク、ヨナが想いを寄せる従兄のスウォン、そして四龍と呼ばれる戦士たちの天命の物語を描いた大河ファンタジーだ。

そんな原作を見事に表現したかのようなアニメ先行上映では、「十二国記」や「彩雲国物語」などの楽曲を手がけた梁邦彦氏による重厚な音楽と、まさに大河ドラマを思わせる壮大なストーリーが描かれており、観客からは感動の声と拍手が巻き起こっていた。


上映会が終わると声優陣がステージに登場。今日はじめて完成版の映像を見たという小林さんは「オープニングから鳥肌が立った。きれいでかっこよくて、言葉にならない」と感動した様子。斎藤さんと前野さんは事前に見ていたそうだが、大スクリーンでの上映と観客の反応に満足げな様子だった。

イベントの司会を務めるニッポン放送・吉田尚記アナウンサーに促されるようにして、ここからはトークコーナーへ。アフレコについて、ドラマCDから引き続いてヨナを演じている斎藤さんは「アニメは絵があるので、感情の表現を絵に任せる部分が大きいです。(セリフの)説得力もあるし、ドラマCDよりも自然なお芝居ができていると思います」と話すと、前野さんも同意したようで大きくうなずいていた。

アニメで初登場となるスウォンを演じた小林さんは「僕以外のみなさんはすでにキャラクターが完成しているので、その中に入るのは緊張しました。それにあまり演じないタイプのキャラクターだったので、キャラクター(の方向性)が決まるまでに時間がかかりました」と役作りの大変さについて話してくれた。当初は若くて元気な雰囲気で演じていたそうだが、大人な感じを念頭に置いてやってほしいと監督に言われ、今のキャラクターに落ちついたのだそう。

すると、前野さんが「僕の場合は“エロすぎる”と言われました」と切り込んでくると、斎藤さんも「現場に来ていた(漫画の)編集さんに『ハクはエロくないです』と言われてました!」と明かし、会場は笑いに包まれていた。


そんな斎藤さんはヨナについて「今まで演じてきたどのキャラクターも好きですけど、『すごく好き!!』というくらい好きなキャラクター。でも思い入れが強すぎると私情が入ってしまって、草凪先生や監督が表現したいものと変わってしまいます。ですので、自分を押さえて演じています」と、役への熱い思いを語ってくれた。

また、吉田アナに「1人の女性として、とても魅力的なキャラクターですよね?」と言われると、「イケメン男性が多くて逆ハーレムっぽいんですけど、ヨナは凛々しい子だし。もてる女の子はいけすかないはずなんですけど(笑)、ヨナは好き。男性に媚びないし!」と答え、斎藤さんのあまりにもストレートな発言に観客も出演者陣も大爆笑だった。

また本作のストーリーについては「男性の心にも刺さるストーリー。戦闘シーンもコメディ要素もあっておもしろいですし。ワクワクが止まりません」と前野さんが楽しそうに言うと、小林さんも「少女漫画?と思うくらいの内容で、誰にでも受け入れやすい内容だと思います」とコメント。

さらにイベント来場者のために、第3話「遠い空」のダイジェストムービーが特別に公開されると、ヨナとハクの意味深なシーンの数々に「何ですぐにチューしようとするの!?距離が近いよ!!」と斎藤さんが絶叫。「ヨナがハクにえさを与えるからです」と飄々とした様子で前野さんが答えると、またもや会場は笑いの渦に。


そんな中、イケメンキャラクターが多数出てくることにちなんで、「ハクvsスウォンのプレゼンバトル!『俺の方がイケメンだ!』」のコーナーが展開。これは前野さんと小林さんがそれぞれのキャラクターの魅力を斎藤さんと観客にプレゼンし、どちらがよりイケメンなのかを観客の拍手の大きさで判定するというもの。ちなみに斎藤さんはユン(CV:皆川純子)が好きだそうで、「この(イケメン対決の)なかにユンがいたらユン一択です!」。

プレゼンバトルは「優しさ」「男らしさ」「乙女心理解力」の3つのお題で行われた。前野さんは「ハクは強いのにそれをひけらかさないし、ヨナにほのかな想いを寄せながらも、あの子の幸せのために……と一歩引く人。わかりにくい優しさを持っていると思います。また、ヨナが安心してすべてを任せられるほどの信頼関係があるし、ハクになら抱かれてもいい!」と爆弾発言。

対する小林さんは「スウォンは優しさがわかりやすいし、女の子はこういうタイプの方がきっと好きだと思います。また、実はハクと対等に戦える強さを持ちながらも、知力も兼ね備えています。とはいえ、女性のエスコートはしっかりできそうですけど、恋愛には奥手かもしれないです」。


白熱のプレゼンバトルを終えると、いよいよ判定へ。しかし、拍手の大きさが同等だったため、最終判定は斎藤さんにゆだねられた。斎藤さんは悩みながらも「これから旅をしていかなくてはならないし、今後の関係を考えてハク!」といかにも現実的な回答を出し、ひとまずはハク勝利となった。

コーナーが終わると「重大発表」と題し、アニメが2クールで制作されることが発表された。すでに半分ほどアフレコが済んでいるそうで、「2~3回に1回は号泣回があります」(斎藤)とのこと。最後にキャスト陣からは今後に向けた意気込みが語られ、大盛り上がりの中イベントは終幕した。


イベント終了後には前野さんと小林さんが取材に応じてくれた。

――第1話を見た感想を聞かせてください。

前野:僕はイベントでお話した通り、事前に1話と2話を拝見させていただく機会があったのですが、今日、改めて見て、本当に綺麗に作っていただいているなと思いました。また、ドラマCDの時からずっと「アニメでいつかやりたい」と言っていたので、それが現実になったんだなという実感が湧いてきて、感無量でした。

小林:僕は今回初めてみなさんと一緒に1話を見たのですが、アフレコの段階で映像がほぼできていたので、どういう形になるかは結構わかっていたつもりでした。でも、今日見てみて、オープニングから鳥肌が立ちっぱなしなくらい綺麗で、音楽もマッチしていて、そこに自分の声が入っているのが誇りに思えるくらい嬉しかったです。感動しました。


――アフレコ現場での斎藤千和さんの印象について教えてください。

前野:さっぱりとしたさわやかな方で、お姉さん的ポジションで現場をまとめてくださっています。本当に「暁のヨナ」という作品が非常に好きな方なので、「(アニメでは)ここまでやりたいね」とか「こんなこともできたらいいね」とスタジオでよくおっしゃっていて、明るくて気持ちのいい方です。

小林:斎藤さんとはこの作品で初めてご一緒させていただくので、お会いするまでは緊張していましたが、気さくに声をかけてくださって。前野さんもでしたが、僕の肩の力を抜いてくださるいい方だなと。ムードメーカーでいつもかわいらしく、楽しげにアフレコをしているので良い雰囲気でやらせていただいています。

――最後に、おふたりが感じるヨナの魅力についてお聞かせください。

前野:ヨナは、ハクやこれから仲間になる四龍の力があるにもかかわらず、それに頼りきりではなく「自分でなんとかしなきゃ」と抗う力を持っています。この先、弓や剣を学ぶシーンが出てくるのですが、そういうところでも現状に甘んじないところがお姫様らしくなくて魅力的だなと感じています。

小林:ハクに見せる顔とスウォンに見せる顔は全然違うと思うんですけど、どちらの顔も飾らないヨナの魅力だと思いますし、本当に普通の女の子だと思うんです。女の子にも好感を持ってもらえるようなしっかりものですし、そこからさらに成長していく姿には共感しやすいのではないかなと思います。見ている人も感情移入できるくらい等身大の女の子、というのが魅力だと思います。


記事タイトル:

斎藤千和、前野智昭、小林裕介が作品とキャラの魅力を語る!「暁のヨナ あかつきむらの大宴会」

関連ワード :

ヨナ

暁のヨナ

美少女

ゆるふわウェーブロング

天然パーマ

髪色(赤)

斎藤千和(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!