アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

本当の自由とは?ー任務の果てにアンジェラが見つけた答えー

『楽園追放』といういかにも恐ろしそうな映画をご存知だろうか? 脚本が、知っている人は知っていると思うが、あの虚淵さんであり、筆者もそれはもう大変な心構えをして映画館に足を運んだのを覚えている。

本当の自由とは?ー任務の果てにアンジェラが見つけた答えー

 『楽園追放』といういかにも恐ろしそうな映画をご存知だろうか?
 脚本が、知っている人は知っていると思うが、あの虚淵さんであり、筆者もそれはもう大変な心構えをして映画館に足を運んだのを覚えている。

 しかし、実際蓋を開けてみると、主人公アンジェラの成長にスポットを当てた、何ともすがすがしいストーリーの作品であった。そして、みるみる主人公アンジェラの魅力に惹かれていってしまった。

 今回は、そんなアンジェラの成長と魅力についてご紹介したい。


【1.電脳パーソナリティとしてのアンジェラ】
 この作品において、人類のほとんどは荒廃した地球(リアルワールド)を捨て、電脳世界ディーヴァへと移住している。ディーヴァでは、人々は電脳パーソナリティ化され、データ上の存在になる。電脳パーソナリティなる個人には、有限の演算リソースの中から社会への貢献度に応じてメモリを配布される。人々はメモリを使えば、空だって飛べてしまう、まさに楽園である。

 そして、アンジェラはディーヴァの保安官として働いている。この頃のアンジェラは、野心が強く、バリバリに仕事をこなす、クールでやり手の保安官だ。電脳世界での仕事のシーンはとてもかっこよく、世界観に引き込まれるには十分だった。

 そんなアンジェラが警備していると、フロンティアセッターなる存在からハッキングを受ける。アンジェラはその原因究明と再発防止の任務を受け、生身の体に個人データを移しリアルワールドへ向かう。


【2.ディンゴのバディとしてのアンジェラ】
 リアルワールドでの調査の相棒として現地で雇われたディンゴという男と協力し、フロンティアセッターの正体に迫っていくのが、物語の中盤。

 ここでのアンジェラは、慣れない地上、未知の常識と格闘している様子がとても魅力的だ。手柄を立てようと頑張る姿ももちろんのことだが、ここでキュートなのはアンジェラが自身の弱さを垣間見せる所だ。過労がたたって病に倒れたり、旧時代の音楽になじめなかったり。現実世界を非効率的だと蔑視し、各所でディンゴと対立、自分が正しいと信じながらも、もしかして今までの自分が間違っていたのかもしれないと不安になったりもする。

 そんな中で地上と、そしてディンゴと徐々に打ち解けながら、ついにフロンティアセッターに出会う。


【3.二項対立の狭間のアンジェラ】
 フロンティアセッターの正体は、宇宙探査船建設の進捗管理アプリケーションがアップデートの末に自我を獲得したもの。実際に船に乗る搭乗員を募集するために、ディーヴァで宣伝しようとしているにすぎなかった。

 フロンティアセッターを無害と判断したアンジェラ。この時点ではすでに仮想世界の住民ではあるが、現実世界のことを認めている。ディンゴに電脳パーソナリティ化を拒む理由を訊くシーンが、おそらく意識面でもっとも重要な転換点。ここで明らかにされるのは、ディーヴァとリアルワールドの対立構造だ。
・ディーヴァは確かに先進的で効率的だが、向上心がなければ自由(メモリ)はない。
・リアルワールドは荒廃していて非効率的だが、生きることに向き合えばあとは自由だ。
どちらも自由を謳ってはいるが、本当に自由なのはどちらなのだろうか?その疑問と向き合い、きちんと現実世界を異なる価値観として尊重したアンジェラはとても立派だし、
だからこそ、ディンゴとの再会を約束するアンジェラは魅力的だ。


【4.人間としてのアンジェラ】
 ディーヴァへ帰り、高官にフロンティアセッターの報告をしたアンジェラは、フロンティアセッターの破壊を命じられる。これを拒んだアンジェラはアーカイブ化され市民権を剥奪されるも、フロンティアセッターによって助け出される。同じ破壊の任務を受けて集結するディーヴァ保安官から、フロンティアセッターを宇宙探査船の発進までの間護るべく、アンジェラはディンゴとともに最終決戦に臨む。

 ここでついにアンジェラは、楽園を追放されてしまう。しかし、彼女の顔に後悔や無念といった感情は表れていないように思えた。それはフロンティアセッターに助けてもらったから、フロンティアセッターを助けるという「仁義」を通すことができたからかもしれない。仁義は、おそらく社会への貢献度とは無縁の、非効率的な感情だ。しかし、感情を自分なりに定義し、その感情に素直に行動することは、きっと自由に他ならない。電脳世界のメモリや名誉や任務といったものから解放されたアンジェラも、最高に自由だった。自由な彼女は、本当に楽しそうで、リアルワールドの未知への期待に満ちて、この上なく可愛い。そして見事な戦いぶりでフロンティアセッターを護り抜き、宇宙船の旅立ちを見送るアンジェラは、とても清々しそうだ。

きっと、現代社会でいろいろなことに束縛されて息苦しい思いをしている人は多いだろう。そういう縛りを全て振り切って自由に生きるのは本当に難しいことだ。それこそ、誰かにその社会を追放されでもしない限り。そんな時は、彼女―アンジェラ・バルザックに癒されてみてはいかがだろうか。彼女になぎ倒されていく保安官を、いけすかない同期などに見立てれば、幾分気持ちも晴れる……かもしれない。
それと、大事なことを書き忘れたが、彼女の尻はエロい。

文:ユッキー


記事タイトル:

本当の自由とは?ー任務の果てにアンジェラが見つけた答えー

関連ワード :

アンジェラ・バルザック

楽園追放

美少女

ロングストレート

髪色(金)

釘宮理恵(声優)

二つ結び




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!