アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

この命尽きるまで”誠”の旗の下、戦い続ける。沖田総司の真の姿とは・・・?

新撰組。 この名を聞いた事のない人は恐らくこの日本ではいないだろう。

この命尽きるまで”誠”の旗の下、戦い続ける。沖田総司の真の姿とは・・・?

【言わずと知れた戦闘集団、新撰組に咲く鬼才、沖田総司】


新撰組。
この名を聞いた事のない人は恐らくこの日本ではいないだろう。

江戸時代。
戦乱渦巻く混沌の世で、徳川の治世を守らんとした、京都治安維持のために作られた戦闘集団。
時勢が変わり、次々と寝返る勢力が出てくる中、最期まで幕府に忠誠を誓い戦った剣士たち。

その中でも、恐らく最も名が知れているうちの一人であろう、沖田総司。


このアニメ『薄桜鬼』は、一風変わった新撰組を中心とした歴史ファンタジー、とでも言えばいいだろうか。
それぞれ個性豊かな魅力的なキャラクターが登場するが、
中でも読者や視聴者に大人気の沖田。


彼の魅力は、美男というだけではない。
新撰組随一と称されたほどの剣の腕。

そして局長近藤への揺らがない忠誠心。


沖田総司とは、歴史上だけでなく、薄桜鬼の中でも新撰組を語るには欠かせない人物と言っていいだろう。



【迫る命の刻限。それでも戦う事を止めなかった彼の強さとは・・・・】


沖田総司。
そう聞いて思い浮かぶのは、剣の腕と、労咳(今で言う結核)の為に若くして命を落としたというその悲劇的な人生だろう。

当時不治の病と呼ばれていた労咳にかかった沖田は、
それでも最期まで、一番組組長として戦う事をやめなかった。


徐々に動かなくなっていく体。
思うように戦えない苛立。
そんな中でも、常と同じように振る舞う強さ。


戦乱の世だからこそ、どんな状況でも自分の信念を曲げない沖田の強さが光る。

普段は軽口をたたき、くだらない悪戯を進んで仕掛けるような、
ちょっとやんちゃな青年。
けれど、裏では進行していく病と向き合いながら、
最期まで新撰組のために、そして大好きな近藤のために戦う事を諦めないひたむきで真剣な姿がある。


薄桜鬼の世界だからこそ見える、沖田の人柄と強さはまさに一度見たら病み付きになってしまうほど。



【命が短くても・・・・・】


普段のおちゃらけた姿とは裏腹に、沖田のまっすぐな思いが伺える台詞を少しだけ抜粋して紹介しよう。


新撰組に往診に来た医師に、労咳だと伝えられた時、

沖田は言った。


「命が長くても短くても、僕に出来る事なんてほんの少ししか無いんです。」
「新撰組の前に立ちふさがる敵を斬る。それだけなんですよ」
「先が短いなら、尚更じゃないですか」


残りの命が短いと知っても、沖田は動揺の欠片さえ見せなかった。


誰よりも近藤の役に立ちたい。
そう思っているはずなのに、命が短い事に動揺どころか達観した姿勢を見せる沖田。
先が短いからこそ、出来る事をするだけ。


「ここにいる事が、僕の全てなんです」


どんな思いで、労咳の宣告を受け入れたのか。
どんな思いで、その言葉を口にしたのか。

死病だと知ってもなお変えないおちゃらけた態度が、
よけいに切なさを募らせる。



彼が最期、どんな終わりを選ぶのか。
信念の下に、どんな結末を迎えたのか。


それは、視聴者の皆さん自身で確かめて欲しい。



沖田総司。
誰よりも強く、誰よりも強い思いで戦乱の世を駆け抜けた彼に、
きっと貴女も虜になるだろう。

文:くるみ


記事タイトル:

この命尽きるまで”誠”の旗の下、戦い続ける。沖田総司の真の姿とは・・・?

関連ワード :

沖田総司

薄桜鬼シリーズ

イケメン

髪色(黒)

理想の彼氏

森久保祥太郎(声優)

コラム




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!