アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

大ヒットカードゲームの生みの親、ペガサス・J・クロフォードの魅力

遊戯王デュエルモンスターズを語る上で欠かせない登場人物、ペガサス・J・クロフォード。彼はアメリカはラスベガス出身の天才ゲームデザイナーであり、「インダストリアル・イリュージョン社」の名誉会長です。何を

大ヒットカードゲームの生みの親、ペガサス・J・クロフォードの魅力

・ペガサス・J・クロフォードとは?

 遊戯王デュエルモンスターズを語る上で欠かせない登場人物、ペガサス・J・クロフォード。彼はアメリカはラスベガス出身の天才ゲームデザイナーであり、「インダストリアル・イリュージョン社」の名誉会長です。何を隠そうこのアニメの根幹を成す「デュエルモンスターズ」というカードゲームを作り上げた張本人で、同時に最強の決闘者でもあります。


・圧倒的な強さ

 ペガサスの決闘者としての強さの秘訣は、やはり彼専用のカード達の存在でしょう。そうです、彼はデュエルモンスターズの創始者という立場を悪用し、世には出回っていない、存在さえも知られていないカードを駆使し、主人公達を追い詰めるのです。その代表的なカードが「トゥーン・ワールド」です。これは彼が愛するアメリカンコミックの世界を再現するカードで、このカードが発動すると彼のモンスターは全てトゥーン化し、通常の攻撃は一切受け付けなくなります。トゥーンモンスターを攻撃する方法はただひとつ、トゥーンモンスターで攻撃することです。しかし彼以外にトゥーン・ワールドを所有している決闘者はいません。人はこう言うでしょう。「そんなの卑怯だ」と。しかし天才ゲームデザイナーは気にしません。他人の意見を気にしているようじゃ、ラスベガスで成功することは不可能なのです。

 さらに彼は追い詰められると、可愛らしいトゥーンモンスターから一転し、グロテスクな見た目をしたサクリファイスというモンスターを繰り出します。サクリファイスは相手モンスターを吸収し、更に千眼の邪教神と融合することでサウザンド・アイズ・サクリファイスという強力なカードになります。サウザンド・アイズ・サクリファイスは相手モンスターを吸収する上に、相手モンスターの攻撃を封じ込めることもできます。

 2種類のテーマを利用するという凡人が使用したら敗北必至のデッキを使いこなしている点も、ペガサスの決闘者としての高い実力を表しています。


・千年アイテムの所有者

 古代エジプトから伝わる伝説のアイテム、千年眼の所有者でもあるペガサスは、千年眼を使用し更なるデュエルテクニックを見せてくれます。まず千年眼は相手の思考が見えます。相手が次に何の魔法カードを使用するか、どのモンスターで攻撃するかなど、ペガサスは全て知ることができるのです。まさに反則級の道具ですが、彼はデュエルモンスターズの創始者なので問題ありません。彼が行く道がルールなのです。更に千年眼は相手をカードに封印するという、もはや眼をモチーフにする意味があるのかと問いたくなる能力も持っています。この能力によって主人公武藤遊戯の祖父、武藤双六が封印されたことで、遊戯はペガサス打倒の為に彼が開催する大会に参加することとなります。


・愛する者の為に

 ペガサスはどのようにして千年眼を手に入れたのか、これには感動的な理由があります。彼にはかつてシンディアという恋人がいました。しかし彼女は若くして亡くなり、彼は深い心の傷を負いました。そんな時彼はエジプトに行けばシンディアを復活させる術があるかもしれないと聞き、エジプトに向かいます。そしてそこで、千年アイテムの儀式を目撃してしまい、半ば無理矢理な形で千年眼に選ばれる試練を受けさせられてしまうのです。左目から流血しながらも千年眼に選ばれた彼は見事、幻の中のシンディアと再開を果たすのでした。
 更にペガサスはもう一度シンディアに会いたいという思いから、海馬コーポレーションの買収を目論みます。海馬コーポレーションの持つ「ソリッドビジョン」の技術で、シンディアを立体映像化させようというワケです。そのために、彼は海馬コーポレーションの重役と交渉し、大会を開き遊戯を倒すという条件を突きつけられたのでした。


・実力はいかに

 では実際にその戦いっぷりを見てみましょう。先ず彼は、アメリカ最強の決闘者の呼び声高いバンデット・キースと対戦しています。この戦いではなんと、観客席にいたトムという少年に指示を書いたメモを渡し、代わりにプレイさせるという現実では間違いなく反則な方法を用いて魅せるデュエルを行いました。この時彼が発した「トムの勝ちデース」という言葉は有名です。因みに、バンデット・キースは頭に星条旗のバンダナを巻いた、いかにもなアメリカ人のくせに流暢な日本語を話すのに、ペガサスは何故か片言の日本語を話します。

 続いて彼は、遊戯を大会に参加させるために、ビデオの中から遊戯に戦いを挑みます。テレビ画面に映しだされたペガサスは、その場にいるかのように遊戯とデュエルをし、千年眼の力によって遊戯の行動を予測していきます。この試合はビデオテープの時間切れにより遊戯の敗北となりました。

 そして次に、遊戯の最大のライバルである海馬と戦います。この戦いではトゥーン・ワールドによって海馬の切札、青眼の白龍をトゥーンモンスターに変えるなど、圧倒的な強さによって海馬に快勝します。

 大会決勝では、遂に遊戯と戦います。ペガサスはいつもの様にトゥーン・ワールドを発動しますが、遊戯はトゥーンモンスターでは無くトゥーン・ワールド自体を破壊するという発想の転換を見せ、見事トゥーンを攻略します。そこでペガサスは戦法をサクリファイス中心に切り替え、千年眼を駆使し遊戯を追い詰めます。しかし、遊戯は千年パズルによって人格が2つに分かれており、一方がカードを伏せ、一方がカードをプレイするという方法でペガサスを惑わします。相手の心が読めなくなったペガサスは遂に、遊戯によって敗北を喫してしまうのです。

 この試合の後、ペガサスは闇バクラに千年眼を抜き取られ、その特殊能力を奪われてしまいます。

 その後、ペガサスは孔雀舞と対戦します。千年眼を失った彼は、孔雀舞の使用する「オレイカルコスの結界」という、ペガサスの作成していないカードの効果によって敗北してしまうのです。まさに因果応報です。


・彼は悪人?

 劇中、彼は物語のボスとして登場する以上、悪人というイメージは拭えません。しかし彼の動機は普通の人間なら抱き得る普遍的なものです。死んでしまったあの人にもう一度会いたい・・・こういった願いは大切な人を失った人なら誰もが共感するものでしょう。彼が普通の人間と違うのは、千年眼に選ばれてしまったという点です。超人的な能力を得てしまった以上、手段を選ばないのが人間の悲しい性です。彼がトゥーンの様な不死の存在に傾倒する理由に、恋人の死が深く関わっていることは間違いありません。

 超人的な能力を持ちながらも、人間臭さを見せるところがペガサス・J・クロフォードの魅力なのです。

文:名も無きファラオ


記事タイトル:

大ヒットカードゲームの生みの親、ペガサス・J・クロフォードの魅力

関連ワード :

ペガサス・J・クロフォード

遊☆戯☆王シリーズ

イケメン

ロングストレート

髪色(白)

名脇役

高杉'Jay'二郎(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!