アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

馬と語らい馬に乗り、そして競馬の世界へと

競馬漫画ではこれが秀逸だと思います。競馬に携わる人間、サラブレット、その関係者の心の中がよく解る作品です。主人公の光優馬が馬と会話出来るところなんかサラブレット愛に満ち溢れています。アルフィー、ボ

馬と語らい馬に乗り、そして競馬の世界へと

競馬漫画ではこれが秀逸だと思います。競馬に携わる人間、サラブレット、その関係者の心の中がよく解る作品です。


主人公の光優馬が馬と会話出来るところなんかサラブレット愛に満ち溢れています。アルフィー、ボムクレイジーと続く系譜は各レースごとに魅力に溢れ作品に引き込まれていきます。調教にまたがり馬と呼吸を合わせ、そしてレースに挑む。

また地方出身(南関東)ながら中央の3歳クラシックに挑戦していくところなどはライバルも強力ですがそのそれぞれの馬が個性として生きている作品だと思います。


特にボムクレイジーの皐月賞アルフィーセカンドとの対決逃げたボムクレイジー、追うアルフィーセカンド結果アルフィーセカンドが勝つのですが見ごたえありワクワクしました。

さらに日本ダービーここに至るまでに鍛錬をつんできたボムクレイジーは開花します。アルフィーセカンド、バトルハートといった強力ライバルたちと接戦し最後の最後バトルハートが差すところをボムクレイジーが鼻差かわす。


気性の荒いボムクレイジーは基本誰の言うことも聞きません。厩務員の小林さんですらよく噛まれたりしてます。そのボムクレイジーをレースで操る光優馬は天才。彼にかかればどんな駄馬も優駿に変わります。

そして菊花賞、雨の降る中、京都競馬場にて3歳クラシックの最後の一線がひらかれました。


新たなライバルが加わる中、ボムクレイジー(光優馬)は逃げに出ます。迫るアルフィーセカンド、そして最後の直線空馬にぶつかったバトルハートがそれをものともせず差し切り一冠を手にします。


三強のライバルがそれぞれクラシックの一冠づつを取り合うなんてなかなかいい演出です。

その後のボムクレイジーと光優馬ですが・・・海外遠征へこの続きはまた後述します。

とにかく競馬と特に騎手が好きになる。興味を持てる漫画です。

文:古澤 弘一


記事タイトル:

馬と語らい馬に乗り、そして競馬の世界へと

関連ワード :

光優馬

優駿の門

イケメン

髪色(黒)

主人公

コミック

コラム




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!