アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

ディズニー・ジブリ以外にも!?俳優の声優業成功者とそのポイントを整理してみる!

アイドルタレントとしてデビューし、舞台で下積みを重ね昨年『アナと雪の女王』で大ブレイクをした神田沙也加さん。声優として参加した作品がヒットしたことで、転機となりバラエティに歌番組にと引っ張りだこです。

ディズニー・ジブリ以外にも!?俳優の声優業成功者とそのポイントを整理してみる!

アイドルタレントとしてデビューし、舞台で下積みを重ね昨年『アナと雪の女王』で大ブレイクをした神田沙也加さん。声優として参加した作品がヒットしたことで、転機となりバラエティに歌番組にと引っ張りだこです。演技力にも定評がありますし、今後ドラマ等でも活躍してくれそうですね。

声優と俳優はもともと垣根がない

テレビ創成期のメイン俳優さんは、テレビ放送が始まる前のラジオドラマで活躍していた方がメインです。そのためもともとは俳優と声優の垣根は全くありませんでした。

今も活躍されていらっしゃる神谷明さんは、役者・歌手として活動していましたし、古川登志夫さん、古谷徹さん、堀川りょうさんは子役出身。ドラマの出演作も多数あります。堀川さんは、近年も特撮番組で俳優として出演されていましたし、戸田恵子さんなどは、女優→歌手→レポーターとして活動していましたが、レポート中に事故にあい、声優へとシフトしました。現在は再び実力派女優として活躍されているのはみなさんご存じのとおりです。

大河ドラマ『新選組!』の土方歳三役で二度目のブレイクを果たした山本耕史さんは、再ブレイク前は舞台や『明日のナージャ』『花より男子』などで声優も務めていました。同じく『新選組!』の山南敬助役で知名度を上げ、来年の大河主演が決まっている堺雅人さんも『こちら葛飾区亀有公園前派出所』『戦闘妖精雪風』などで声優をつとめています。

コメディタッチの演技が魅力の山崎樹範さんは『こちら葛飾区亀有公園前派出所』『るろうに剣心』などに端役で出演後、『テニスの王子様』『交響詩篇エウレカセブン』などにも出演されています。特にエウレカセブンのドミニク大尉役は当たり役。多くのアニメファンからの支持を得ました。

ジブリ作品とディズニー作品

俳優さんが声を担当するアニメ作品というと、やはりジブリ作品とディズニー作品でしょう。ディズニー作品は、本国で人気俳優が声優を務めることが多く、日本も映画公開時はそれに倣っています。ディズニー作品はミュージカル形式のものが多く、メインキャストに俳優さん+歌手、脇を声優さんで固めていることが多いようです。今までは主人公の声と歌は別の方が担当されていましたが、『アナと雪の女王』では主演二人ともが声も歌も担当。日本のディズニー映画にとって転機ともいえる作品だったことがうかがえます。

ジブリ作品では、第一作目『天空の城ラピュタ』で「人がゴミのようだ」でおなじみムスカを、俳優の寺田農さんが演じています。寺田さんは垣根のない仕事をする方なので元からナレーションや吹き替えの仕事もされており、特に意識しての起用ではないようです。

第二作『となりのトトロ』では、「声優を使うと出来上がりすぎている」という理由で声を担当する方を探していた所、映画のキャッチコピーを担当していた糸井重里さんの声がマッチしているということから起用へと繋がりました。その後、『魔女の宅急便』以外はほぼ専業声優さんの起用は見られません。現在声優として活躍している入野自由さんも『千と千尋の神隠し』当時は子役として活動していました。

ディズニー作品やジブリ作品は資金が豊富なこともあり、絵がよく動きます。声優さんの「声だけで聞かせる」完成された演技より、少々慣れていなくても表情や動きでキャラクターの魅力を伝えたいのかもしれませんね。

吹き替えが評判になり人気に

近年、声優業が増えた方といえば、小山力也さんと萩原聖人さんでしょう。舞台俳優として読売演劇大賞なども受賞されている小山さんは、『仮面ライダーブラックRX』の霞のジョー役などを担当していました。『ER』で声優に初挑戦、その後『24』で一気に話題になり、現在は多くのアニメ作品にも出演されています。同様なパターンでは、『超新星フラッシュマン』のサー・カウラー役、悪役俳優などを経て『ケロロ軍曹』のギロロ伍長などで人気となった中田譲治さんなどがあげられます。

演技派俳優の萩原聖人さんなどは、声優業をきっかけに再ブレイクされた代表といえます。ドラマ『冬のソナタ』でヨン様の吹き替えを担当後、声優業やナレーション業が一気に増えました。主題歌も担当した『逆境無頼カイジ』『闘牌伝説アカギ』の演技はまさに神がかり的。新たなファン層を獲得する事になりました。

どの方も、ナレーション業や舞台経験があるため、声が通り、さらに長く演劇界にいる実力派です。演技がうまい俳優ではないと、声だけで表現する声優さんは務まらないのでしょう。

話題づくりも?アイドルの主演起用

『タッチ』の南役でブレイクした日高のりこさんは元アイドルです。タッチ放送枠は『みゆき』の荻野目洋子さん、『陽あたり良好!』の森尾由美さんなど、アイドル起用枠でしたが、起用前から声優として活動することを決めていたという日高さんはその後、『となりのトトロ』『トップをねらえ!』などで大人気声優となりました。

『3年B組金八先生』の熱演で話題になり、アニメ『遊戯王』の主演に抜擢された風間俊介さんなども、当初は演技に難ありと言われていましたが、見事に演じ切り現在では日本のドラマ界になくてはならない演技派へと成長されています。

声優の仕事もドラマの仕事も、どちらも演技力を高めるためには重要な経験です。どちらもこなせるような素敵な名優が今後も増えていくといいですね。

文/藤原ゆうこ


記事タイトル:

ディズニー・ジブリ以外にも!?俳優の声優業成功者とそのポイントを整理してみる!

関連ワード :

アナ

アナと雪の女王

美少女

髪色(茶)

主人公

三つ編み

‎神田沙也加(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!