アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

「成長」という言葉がテーマの私が好きなアニメ

世界で一番売れたカードゲームとして、ギネスブックにものっている、遊戯王デュエルモンスターズカードオフィシャルカードゲームの原作である、遊戯王デュエルモンスターズの続編に当たる、アニメ遊戯王GXとい

「成長」という言葉がテーマの私が好きなアニメ

世界で一番売れたカードゲームとして、ギネスブックにものっている、遊戯王デュエルモンスターズカードオフィシャルカードゲームの原作である、遊戯王デュエルモンスターズ
の続編に当たる、アニメ遊戯王GXという作品と主人公の、遊城十代という名前のキャラクターが私はとても好きです。


まず、このアニメのタイトルであるGXというのは「next」「generation」の略であり、前作から世界観だけ引き継ぎ、主人公、ストーリーなどが大きく変わりました。

この世界では、「デュエルモンスターズ」というカードゲームプレイヤーを養成する「デュエルアカデミア」という現実の世界で言う、高校への受験を主人公が受けるところからストーリーが始まります。

遊戯王GXの主人公、遊城十代は、熱血で明るく、みんなを惹きつけるような性格をしていて、学園生活で「デュエル」と呼ばれるカードゲームでの戦いを、敵や、学園内でのライバル達との戦いを通して、次々に色々な仲間達が増えていきます。

この十代が、デュエルで一緒に戦う、E・HERO(エレメンタルヒーロー)と呼ばれるモンスター達は、アメリカンコミックのヒーローをモチーフにしたキャラクターデザインをしていて、演出として、ヒーローらしい摩天楼で戦う姿や、毎週のように新しいヒーローが登場するという視聴者を楽しませる要素もいくつもありました。

また、このアニメでは、「成長」という言葉をテーマとしており、入学したての1年生だった頃の十代は、ただ、「デュエルはいつもどんな時でも楽しいもの」と思っていたのが、デュエルを通して敵に仲間を殺されたり、自分も誤って仲間を死なせてしまったりして、デュエルというものに対しての考え方が、変わっていき、ただ楽しいだけではなく、時には、辛いことや責任が伴ってくることがある、ということを学び徐々に大人への階段を上っていきます。


私が、この作品の中で特に好きな回は、「恩返しデュエル!クロノスVS元祖ドロップアウト・ボーイ」という回で、クロノスという主人公達の教師が、主人公達を卒業させたくないという理由で駄々を捏ねるのですが、それを見かねた主人公達は、デュエルで決着をつけようと言い、デュエルが始まるのですが、最後の演出が第1話でクロノス先生と戦ったときとシンクロしており、感動しました。
結果としては、クロノス先生がデュエルに負け、主人公の成長を見て、納得した上で、卒業を認めるというものでした。


私は、ただ熱血で明るかった主人公が、大人へと成長していく姿を見るのが楽しくもあり、少し切ない気持ちで視聴していました。でも最後は、頼りなかった仲間達も成長し、未来へ向けて羽ばたいていくラストがとてもよい作品でした。

文:らぐーん


記事タイトル:

「成長」という言葉がテーマの私が好きなアニメ

関連ワード :

遊城十代

遊☆戯☆王シリーズ

イケメン

髪色(茶)

主人公

オッドアイ

KENN(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!