アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

バスターマシン1号搭乗!愛すべき全滅娘「タカヤ・ノリコ」の魅力『トップをねらえ!』

あのガイナックスが昭和末期のアニメブームに輩出した名作SFアニメ『トップをねらえ!』。そして、人類初の超光速宇宙戦艦ルクシオン号の提督を父に持つ主人公「タカヤ・ノリコ」。しかし、宇宙怪獣の襲撃を受け、

バスターマシン1号搭乗!愛すべき全滅娘「タカヤ・ノリコ」の魅力『トップをねらえ!』

 あのガイナックスが昭和末期のアニメブームに輩出した名作SFアニメ『トップをねらえ!』。そして、人類初の超光速宇宙戦艦ルクシオン号の提督を父に持つ主人公「タカヤ・ノリコ」。しかし、宇宙怪獣の襲撃を受け、その父は不幸にも戦死し、艦隊も全滅。宇宙パイロット養成所である帝国宇宙軍付属沖縄女子宇宙高等学校に在籍し、全滅娘と陰口を叩かれながらも、そこで知り合ったお姉様こと「アマノ・カズミ」とともにバスターマシンを駆り、宇宙怪獣と決死の覚悟で戦うスーパーヒロインです。

イジメにあうも、コーチとともに・・・

 縄跳びの二重飛びを連続200回完璧にこなしますが、マシン兵器の操縦はからきしダメ。そんなノリコの憧れは、名実ともに沖女のナンバーワンであるお姉様こと「アマノ・カズミ」。マイペース過ぎて友達のキミコもちょっと呆れ気味なのです。後日少尉任官された二人は、帝国宇宙軍衛星軌道基地シルバースターに転校することになったのですが、ノリコは嫉妬に燃えるカシハラとマシン兵器で対決することになります。

 タカヤ提督乗艦の生き残りであるオオタコーチからマンツーマンで鍛えられたノリコは、その成果をいかんなく発揮し、稲妻キックを炸裂させマシン兵器の格闘戦に見事勝利。タカヤ・ノリコは努力と根性の女でもあったのです。

アマノを超えた!すさまじく成長していくスーパーヒロイン!!

 『トップをねらえ!』の第1-4話は、第5-6話のためにあったと思えるほど、最終2話は名シーンの連続で「タカヤ・ノリコ」の魅力的な場面も枚挙に暇がありません。太陽系絶対防衛戦では、コーチの体が心配な「アマノ・カズミ」が戦えなくなってしまいます。ずっと憧れだったお姉様に対してノリコが叱咤激励するのです。「お願い!カズミ!戦って!!」と。お姉様のことをついに名前で・・・。「タカヤ・ノリコ」が「アマノ・カズミ」を超えた瞬間でした。

 カルネアデス計画では、あの草薙君主演の映画「日本沈没」も参考にしたと噂されるアニメ界屈指の名セリフ「奇跡は起きます!起こしてみせます!!」。もう「タカヤ・ノリコ」は、スーパーヒロインを超えた“スーパー稲妻ヒロイン”と言っていいでしょう。

実はアニオタだった!?

 科学講座に登場する2頭身ノリコはとても可愛く、古いアニメや特撮モノが大好きなアニオタだったのです。そして、アイスセカンドの似合う素敵な女の子を夢見るのでした。

 バスターマシン3号の爆縮に巻き込まれ、ウラシマ効果により1万2千年後の地球に帰還したアマノ、タカヤ両名は、自分達の戦いは無駄ではなかったのか、人類は生き残っているのか、不安な一面を覗かせます。その不安な表情が街の灯で作られた「オカエリナサイ」の文字を見るや否や画面いっぱいの笑顔に変わります。

 宇宙で戦い、自分一人時間に取り残され、寂しい思いを何度も味わってきた「タカヤ・ノリコ」。最後の彼女の笑顔の通り、帰還した地球で幸せな人生を過ごしてくれる事を信じたいですね。

(C)BANDAI VISUAL・FlyingDog・GAINAX


記事タイトル:

バスターマシン1号搭乗!愛すべき全滅娘「タカヤ・ノリコ」の魅力『トップをねらえ!』

関連ワード :

タカヤ・ノリコ

トップをねらえ!シリーズ

美少女

ショートボブ

髪色(茶)

主人公

日高のり子(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!