アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

“カープ女子”ブームの火付け役『球場ラヴァーズ』で人生が変わる!?

最近、いろんなところで耳にする“カープ女子”。2014年のユーキャン新語・流行語大賞の年間トップテンに選出されるなど、じわじわと知名度を上げている。「なぜ、ほかの球団ではなく“カープ”女子なのか?」と

“カープ女子”ブームの火付け役『球場ラヴァーズ』で人生が変わる!?

最近、いろんなところで耳にする“カープ女子”。2014年のユーキャン新語・流行語大賞の年間トップテンに選出されるなど、じわじわと知名度を上げている。「なぜ、ほかの球団ではなく“カープ”女子なのか?」という分析は専門誌に任せるとして、ここは「ぶくまる」らしく、“カープ女子”をマンガで学んでしまおうではないか!

紹介する作品は『球場ラヴァーズ~私が野球に行く理由~』(石田敦子 / 少年画報社)。作者の石田敦子さんが、前述のユーキャン新語・流行語大賞の授賞式で表彰されるほど、“カープ女子”の火付け役として認知されているのだ。それもそのはず、連載が始まった2010年は「カープが長く低迷していた時期だったので、カープの漫画なんて隙間産業では、と言われ笑われた」と石田さんは振り返る。“カープ女子”という言葉が使われ始めたのは2013年頃。その先見の明はもちろん、“カープ女子”なるものの存在や生態を方向づけた(?)のも、この『球場ラヴァーズ』なのだ!

主人公は女子高生の松田実央。黒髪の美少女であり、野球のことをまるで知らない“野球処女”(作品からの引用ですよ!)。そんな彼女は、クラスの女子にイジメを受けている。疎外され、金銭を要求され……。ついに援助交際に手を染めようと声をかけた“赤い帽子の男性”に、慰めの言葉をかけられる。しかし、思い余って男性の荷物を奪ってしまった実央。その中には、お金と一緒にカープのオープン戦のチケットが入っていた……。
男性に荷物を返すために、実央はオープン戦の試合会場を訪れる(当然、実央がチケットを持っているから男性が現れることはない)。そこで目にしたのが、全身を真っ赤に染め、声を涸らしながらカープを応援する人々の姿。実央は声をかけてくれたカープファンの妙齢女子・基町勝子と下仁谷みなみに、こう言い放つ。

「他人のこと応援して楽しいですか応援して どうなるわけじゃないのに
 自分に関係ない人がやってる野球に必死になってここにいるみんな偽善者みたい」

うわあああ、キツい! 『ドカベン』や『キャプテン』で育ってきた世代には衝撃的な“野球否定”からの始まり。そもそも女子が主人公、しかもプレーをしない、さらにイジメ問題を扱うなど、野球マンガとしては異例づくしなのだ。さて、上の実央の言葉に対する2人からのアンサーは――。

「状況も立場も気持ちもバラバラの人たちがここでだけひとつところをみる
 ここは堂々と他人を応援できる場所なの!いいでしょ?」

この言葉に感化された実央は、月に2回、カープの試合を観戦することを決意。ここから実央は“カープ女子”としての道を歩み始め、勝子とみなみから野球の手ほどきを受けるのだが、実際のカープ選手のエピソードによるその内容がディープで実にいい!
例えば、前田智徳選手がホームランを打つも納得がいかず、「あんなホームランで相手選手に申し訳ない」と言ったエピソード。
黒田博樹選手が、ファンが掲げた横断幕のメッセージ「君が涙を流すなら 君の涙になってやる」を見て、移籍を1年先送りにしたこと。
そう、カープファンでなくても思わず心がぐらつき、図らずもカープを好きになってしまう。そこが『球場ラヴァーズ』の肝だろう。
もうひとつの肝は、実央の成長物語だ。「なんで敵チームに行った選手を応援できるの?」「なんでドラフトは選手がチームを選べないの?」。そんな勝負の世界の不条理や現実に触れることで、実央は自分の置かれている立場を見つめ直し、カープ女子2人の励ましの――時に人生の真実に触れる――言葉を得て、人間として成長を遂げていく。

「野球と球場と赤い帽子の人と基町さん みなみさんに運命を変えてもらいました」

カープと出会って1年後、実央はここまでポジティヴに変化する。球場の持つ空気、応援する人々の熱気にすっかり魅了されたのだ。閉じていた心が開かれ、巻を追うごとにコメディータッチに拍車がかかる。実央の父親が西武ファンで、「家庭内に敵出現!」「親子断絶レベル」とワナワナ震える姿は、なんとも愛らしく面白い。そして、最終的に実央はビールの売り子になる。野球は、1人の少女をここまで変える魅力を持っているのだ。

『球場ラヴァーズ』は、実央の成長を描いた第1章『球場ラヴァーズ~私が野球に行く理由~』の連載終了後、ビールの売り子をしている女子大生を主人公にした第2章『球場ラヴァーズ ~私を野球につれてって~』、実央にカープ愛を指南した基町勝子を主人公にした第3章『球場ラヴァーズ~だって野球が好きじゃけん~』と続く。そして、第4章『こいコイ!〜球場ラヴァーズ〜』は2014年5月から連載中。学校をサボって無為な日々を送る女子中学生が、鯉(カープ)を通じて同級生と恋するラブストーリーだ。

すべての章を通して描かれるのは、カープの魅力、そしてカープによって生き甲斐を見つけ、成長していく女性たちの姿。『球場ラヴァーズ』は、カープの応援マンガであり、同時に女性の、人生の応援マンガでもあるのだ。

ちなみに本日、プロ野球セ・パ両リーグが同時開幕。2015年のカープは“男気”黒田の復帰にマエケンの残留と、嬉しい話題続き。24年ぶりの優勝も夢ではない。『球場ラヴァーズ』を読んでカープを観に行けば、実央のようにアナタの人生も変わるかも!?


記事タイトル:

“カープ女子”ブームの火付け役『球場ラヴァーズ』で人生が変わる!?

関連ワード :

松田実央

球場ラヴァーズ

美少女

ショートボブ

髪色(黒)

野球

コラム




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!