アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

戦いの中で魔王としての威厳を増していったハドラー

かつてアバンと戦い世界を支配しようとした魔王がハドラーです。魔王は最後に戦うもの、というよくありがちな設定をくつがえし序盤でいきなりアバンとダイたちの前に登場します。

戦いの中で魔王としての威厳を増していったハドラー

かつてアバンと戦い世界を支配しようとした魔王がハドラーです。
魔王は最後に戦うもの、というよくありがちな設定をくつがえし序盤でいきなりアバンとダイたちの前に登場します。

アバンに一度は倒されるが大魔王バーンの力によって復活し、彼から魔王軍の指揮を預かる魔軍司令ハドラーとして再びアバンの前に現れました。

直前のダイとの修行でドラゴラムを使ってしまったせいで劣勢に立たされ、ダイたちをハドラーの攻撃からかばってダメージを負い勝機がないと悟ったアバンはハドラーにメガンテを唱え相討ちにもちこもうとしますがハドラーはそれを耐えきり、生き残ったダイたちを根絶やしにしようとしますがドラゴンの紋章の力を発揮したダイに押し返され、退却を余儀なくされます。

ハドラーは初期にアバンと戦ったころは図星をつかれると激昂したり、アバンがメガンテを唱えようとしていることにびびると鼻水を垂らしたりとまだどこか小物感がありました。
バルジ島の戦いでは魔王軍総攻撃でダイたちをしとめようとするが、グランドクルスを放って意識を失っていたかに見えたヒュンケルの最後の一撃で心臓を貫かれて絶命したかに見えました。
しかしハドラーは暗黒闘気の力によってミストバーンに助け出されました。
そして大魔王バーンのためにその力を尽くせとミストバーンに言いつけられます。


魔王としての実力を持っていたがどこか精神的なもろさがあったハドラーが決定的に脱皮したのは超魔生物へと変貌してからです。

暗黒闘気ではもう復活できない超魔生物となったあとは大魔王バーンの居城バーンパレスでダイに一騎打ちを挑みます。

覚悟を決めたハドラーの顔からは初期のような小物感が消え、魔王と呼ぶにふさわしい凄みが増していました。

しかしダイが完成させたアバンストラッシュクロスの前に敗れ、自らの負けを認めます。
ダイとの決戦に敗れた直後にキルバーンがダイとハドラーをまとめて葬ろうとするが、その動きを読んでいたポップがとっさにキルバーンの火炎を氷の呪文で抑え込みます。
ポップは消滅呪文メドローアで炎を破ってその隙にダイのルーラにしがみついて脱出しようと試みますが、ポップだけ脱出に失敗してしまい炎の中に取り残されます。
そんなポップを崩れそうな体でハドラーは炎からかばいます。

激しい戦いを繰り広げたポップからオリハルコンの駒から出来たハドラーの部下がハドラーに誓う忠誠と自分たちの思いとは別に何も変わらず、そんなハドラーを炎の中に見捨てていけなかったと告白されたハドラーは涙し、このような素晴らしい者を殺させるなと強く願います。
キルバーンの炎がポップとハドラーを飲み込み二人とも焼け死ぬのか、と思った矢先に炎が消え去り、そこに現れたのは死んだと思われていたまさかのアバンでした。
アバンはカール王国の王女フローラから「アバンのしるし」と交換に授かっていた「カールの守り」を身につけていたことでメガンテによる絶命を避けることができていたのです。
しかし戦いの中で全精力を使い果たしたハドラーは超魔生物は敗れたらその肉体すら残らないという掟の通り、アバンの手の中で砂のように消えていきました。
そしてその想いは部下のヒムに引き継がれ、ヒムがフォームチェンジしてハドラーのような長髪を生やしたときは、まるでハドラーがダイたちの仲間になったかのようでした。


闘いの中でダイたちが成長していったのと同じように、ハドラーも闘いの中でその威厳を増していったとも言えます。

文:takabun


記事タイトル:

戦いの中で魔王としての威厳を増していったハドラー

関連ワード :

ハドラー

ドラゴンクエスト ダイの大冒険

イケメン

髪色(白)

名脇役

青野武(声優)

悪役




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!