アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

時に反発、時に協力しながら成長する主人公「小此木優子」の魅力とは?『電脳コイル』

『電脳コイル』の主人公「小此木優子」は、少しおっとりとしたごく普通の女の子でした。しかし、同時期に転校してきた「天沢勇子」が、ある目的のため電脳空間上で活動し、次第にそれに巻き込まれていきます。最初は

時に反発、時に協力しながら成長する主人公「小此木優子」の魅力とは?『電脳コイル』

 『電脳コイル』の主人公「小此木優子」は、少しおっとりとしたごく普通の女の子でした。しかし、同時期に転校してきた「天沢勇子」が、ある目的のため電脳空間上で活動し、次第にそれに巻き込まれていきます。最初は流されるままだった「小此木優子」も、やがて自分の意思で向き合い、自分のなすべき事を自覚し、前に進んでいくようになりました。今回は、そんな「小此木優子」の魅力についてご紹介したいと思います。

「ヤサコ」というあだ名

 小此木優子と天沢勇子は同じ時期に転校してきたのですが、名前が同じ「ゆうこ」でしたので、小此木優子が“ヤサコ”、天沢勇子が“イサコ”というあだ名になります。天沢勇子はそれを拒絶しますが、小此木優子はヤサコを受け入れました。それ以来、小此木優子は「ヤサコ」と呼ばれるようになります。

決別するヤサコと天沢勇子

 ヤサコは、フミエというクラスメイトと仲良くなりますが、フミエは、ちょっとした腕前のプログラマで、その腕前は暗号屋と呼ばれる凄腕プログラマである「天沢勇子」も認めるほどです。フミエは、同じくクラスメイトのダイチといがみあっていますが、このダイチが天沢勇子に敗れ、その手下となったことから、天沢勇子とフミエも対立するようになり、ヤサコもそれに巻き込まれます・・・。そして、初対面の時から気が合わなかった2人のゆうこは決別することになります・・・。

天沢勇子をデレさせる

 決別したヤサコと天沢勇子でしたが、ヤサコは自身に起きている不思議な現象を確認していくうちに、結果的に天沢勇子に近づいていきます。実はヤサコと天沢勇子は、“同じ場所”を探していたのでした。反発した時もありましたが、最終的には協力し、ついには、天沢勇子に“仲間みたいなもの”と認識させることに成功します。そう、ついに天沢勇子をデレされたのです。つまり、天沢勇子と心を通わせる事ができた唯一の人になった訳で、ヤサコの文字通りの優しさがうかがえます。

ヤサコとイサコ

 ヤサコをかばい、イサコが電脳空間で行方不明なるなど大混乱の後、最後はヤサコの活躍で天沢勇子を現実世界に戻す事に成功します。初登場時のおどおどした雰囲気は消え、生き生きとした表情となり、一連の騒動から人間的に成長したことが伺えます。最後には、天沢勇子に“イサコ”というあだ名を認めさせましたし、仲間認定もされました。そして、優子と勇子は、ヤサコとイサコになりました。

 小此木優子と天沢勇子が初めてお互いを認識した3話のサブタイは、「優子と勇子」。最終話のサブタイは、「ヤサコとイサコ」です。つまり、3話から最終話の間で、それだけ二人の関係性に変化があったことを示しています。その間、天沢勇子は他人とわかりあえるようになり、小此木優子は人間的に成長しました。この『電脳コイル』という物語は、小此木優子と天沢勇子、ヤサコとイサコの成長の物語なのだと思います。

(C)磯光雄/徳間書店・電脳コイル製作委員会


記事タイトル:

時に反発、時に協力しながら成長する主人公「小此木優子」の魅力とは?『電脳コイル』

関連ワード :

小此木優子

電脳コイル

美少女

ショートボブ

主人公

折笠富美子(声優)

メガネ




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!