アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

佐藤健×神木隆之介の『バクマン。』ポスタービジュアル解禁!主題歌&音楽はサカナクション!

10月3日、全国ロードショーとなる、佐藤健、神木隆之介主演映画『バクマン。』の主題歌&音楽をサカナクションが担当することが決定。それと同時に、ポスタービジュアル(7月11日から全国の劇場に掲示)も解禁

佐藤健×神木隆之介の『バクマン。』ポスタービジュアル解禁!主題歌&音楽はサカナクションが担当!!

10月3日、全国ロードショーとなる、佐藤健、神木隆之介主演映画『バクマン。』の主題歌&音楽をサカナクションが担当することが決定。それと同時に、ポスタービジュアル(7月11日から全国の劇場に掲示)も解禁された。

『バクマン。』は、原作・大場つぐみ×漫画・小畑健の『デスノート』コンビが送り出す現代の「マンガ道」ともいえる作品で、2008年より『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載を開始。同誌としては異色な内容ながら、連載開始と同時に『デスノート』ファンはもちろん、サブカルチャーファン、クリエイターファンなど、一般読者から業界関係者にまで幅広い層から熱狂的な支持を受け、全20巻で累計1500万部超えの大ヒットを記録した。

今回、『バクマン。』の映画化に挑むのは映画『モテキ』で日本映画の新たな地平を切り開いた鬼才・大根仁監督。斬新な映像技術を駆使し、全く新しい映画を観せると同時に、少年達の成長、戦い、友情、そして恋愛、爽快感と躍動感あふれるまさに王道の青春映画として仕上げた。主人公を演じるのは、佐藤、神木。同作の実写化が発表された当初から、実力派若手俳優による豪華タッグに注目が集まっていた。

そんな注目作の主題歌を手がけるのはサカナクション。「新宝島」という新曲で、ジャンプの頂点を目指す二人の高校生マンガ家を描いた映画『バクマン。』からインスパイアされ“線を描く”がテーマ。<丁寧に描くよ>と歌う歌詞は、同じアーティストとして“モノを作る苦しみ”に深く共鳴したが故に誕生したという。曲名は、1947年に手塚治虫が発表した同名マンガのタイトルが付けられた。普段、マンガをほとんど読まないボーカルの山口一郎が、音楽を担当するにあたり、様々なマンガを読んで研究。マンガの古典として読んだ手塚治虫作品に非常に感銘を受け、この楽曲でバンドとしても新しい地平を目指したいという思いからつけられた意欲的な曲名だ。

また、完成度を高めることに集中した結果、歌詞を書き上げるのに6か月以上の時間がかかり、当初の映画完成時期から大幅に延びてしまうことに。だが、マンガの執筆に苦悩する最高(佐藤)と秋人(神木)の姿が映画でも描かれており、映画のシーンを地で行くような、長期間の苦闘の末に出来上がった力作となった。

山口は「主題歌の「新宝島」は書き上げるのにとても苦しみました。なかなか歌詞が書けなかった時、大根監督に“自分の線を引けるようになることがマンガ家の一人前の証”というマンガ家さんのエピソードを聞いて、“線を引く”というワードをテーマに書き進めることにしました。結果、書き上げることができた「新宝島」という主題歌は、“歌詞を書く”というミュージシャンの葛藤と、マンガ家さんの“描く”ということの葛藤を重ねることができた。これからのサカナクションにとっても自信を持ってお送りできる作品に仕上がったと思います」と同作についてコメント。

力強いアッパーなロックチューンに仕上がった「新宝島」。大観衆を盛り上げること必至の楽曲で、彼らのヒット曲「アルクアラウンド」「アイデンティティ」「ミュージック」に続く、新たな代表曲になるべく期待感に溢れた楽曲となっている。「劇伴に関してはバンドとしては初めてのトライでしたが、映画全編にわたってずっと音楽を鳴らしたいという大根監督のイメージにしっかりと寄り添える仕上がりになったと思います」(山口)と自信を覗かせる。主人公が漫画を執筆するペンの音がそのまま音楽になっていくなど、緻密な計算のもと構築された音楽が満載で、全編に音楽が鳴り渡る音楽映画に仕上がった。

<コメント全文>

大根仁 監督コメント

「映画『バクマン。』の企画が立ち上がったとき、内容よりもキャストよりも真っ先に思いついたのは、サカナクションに音楽を担当してもらうことでした。そしてその直感は、映画が完成した今、まったく間違っていなかった。劇中音楽はもちろん、主題歌も、映画の空気に見事に溶け込み、世界観を作り上げてします。いや、むしろ、サカナクションの楽曲に導かれるように、僕はこの映画『バクマン。』を作ったのかもしれません」

山口一郎(サカナクション)コメント

「今回のお話を頂いたとき、大根監督は音楽やカルチャー全般に対する感覚が似ている“同じ種族”の方なので、おもしろいものが作れるんじゃないかなと思いました。劇伴に関してはバンドとしては初めてのトライでしたが、映画全編にわたってずっと音楽を鳴らしたいという大根監督のイメージにしっかりと寄り添える仕上がりになったと思います。主題歌の「新宝島」は書き上げるのにとても苦しみました。なかなか歌詞が書けなかった時、大根監督に“自分の線を引けるようになることがマンガ家の一人前の証”というマンガ家さんのエピソードを聞いて、“線を引く”というワードをテーマに書き進めることにしました。結果、書き上げることができた「新宝島」という主題歌は、“歌詞を書く”というミュージシャンの葛藤と、マンガ家さんの“描く”ということの葛藤を重ねることができた。これからのサカナクションにとっても自信を持ってお送りできる作品に仕上がったと思います」


記事タイトル:

佐藤健×神木隆之介の『バクマン。』ポスタービジュアル解禁!主題歌&音楽はサカナクション!

関連ワード :

真城最高

バクマン。シリーズ

イケメン

髪色(黒)

漫画家

映画

実写




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!