アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

3人の中でもっとも出番の多い事実上の主人公「ヒデノリ」の魅力とは?『男子高校生の日常』

『男子高校生の日常』の「ヒデノリ」は、「タダクニ」「ヨシタケ」ら3人のリーダー格といった存在で、バカな事も率先しておこないます。見た目は、メガネ(伊達メガネ)をかけて知的な感じがしますが、普段の行動は

3人の中でもっとも出番の多い事実上の主人公「ヒデノリ」の魅力とは?『男子高校生の日常』

 『男子高校生の日常』の「ヒデノリ」は、「タダクニ」「ヨシタケ」ら3人のリーダー格といった存在で、バカな事も率先しておこないます。見た目は、メガネ(伊達メガネ)をかけて知的な感じがしますが、普段の行動はその期待を大きく裏切ります。文学少女をはじめ、女子から好意を寄せられる事もありますが、本人はそれらに全く気付いておらず、彼女はいません。「タダクニ」がいた頃はボケキャラでしたが、「タダクニ」の出番が少なくなると、物語の進行役も担うようになります。今回は、そんな「ヒデノリ」の魅力についてご紹介したいと思います。

主要人物のリーダー格

 ヒデノリは、タダクニ、ヨシタケらと最初から登場する、『男子高校生の日常』における主要キャラのひとり。バカなことを率先しておこない2人を巻き込むなど、3人の中のリーダー格でもあります。そのためか、ヒデノリの登場する話は多く、『男子高校生の日常』の主人公と勘違いされる事もありますが、『男子高校生の日常』の主人公はあくまでタダクニであり、ヒデノリではありません。

女子にモテる

 ヒデノリといえば、文学少女との話が有名です。文学少女とは、ヒデノリが土手で寝ていた時に出会った文学を愛する少女で、自作小説のシチュエーションと同じような状況で出会ったヒデノリに好意を寄せ、何かにつけてヒデノリに纏わりつきます。土手でエンカウントすることもあれば、街中でヒデノリを追いかけ回すことも。ヒデノリ自身も迷惑には感じているようですが、ヒデノリは、他人を思いやる所があり、文学少女の気持ちもわかるため、特に避けるような事もなく、会った時は適当にあしらっています。その他の女子から好意を寄せられる事もあり、作中では唯一といってもいいモテキャラとなっています。

他人を思いやり気遣う事が出来る

 ヒデノリは、他人を思いやり気遣う事が出来ます。先にあげた文学少女の事もありますし、タダクニ妹が暴力を振るわれていると相談に来た時、万が一を考えてタダクニ妹と彼氏が会う場に行き、密かに監視したり、自ら氷に滑って転んだ時、助けに来たミツオ君にを気遣う(結局ミツオ君はその気遣いに気付かずに転びましたが)一面もあります。バカな事をやらかすだけでなく、人を思いやる事も出来る。こういったオールマイティなところがヒデノリの魅力であり、制作側に取ってもその使い勝手の良さが、ヒデノリの登場する話が多い理由なのでしょう。

 ちなみに、アニメのCVは『銀魂』の「坂田銀時」役などで知られる「杉田智和」さんが担当されています。アニメでは、「杉田智和」さんが原作にはないセリフをアドリブで入れることもあるようで、それがアニメ版ヒデノリの魅力の1つにもなっています。

(C)山内泰延/スクウェアエニックス・「男子高校生の日常」製作委員会


記事タイトル:

3人の中でもっとも出番の多い事実上の主人公「ヒデノリ」の魅力とは?『男子高校生の日常』

関連ワード :

ヒデノリ

男子高校生の日常

イケメン

髪色(茶)

名脇役

杉田智和(声優)

メガネ




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!