アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

マクロスの伝統『三角関係』を生んだ張本人!?「一条輝」の魅力『超時空要塞マクロス』

『超時空要塞マクロス』の主人公「一条輝」。初登場時こそ、生意気な青二才の民間パイロットでしたが、好きになった女性を守るために軍隊に入り成長。最終的にはエースパイロットになりました。しかし、恋の方はすん

マクロスの伝統『三角関係』を生んだ張本人!?エースパイロット「一条輝」の魅力『超時空要塞マクロス』

 『超時空要塞マクロス』の主人公「一条輝」。初登場時こそ、生意気な青二才の民間パイロットでしたが、好きになった女性を守るために軍隊に入り成長。最終的にはエースパイロットになりました。しかし、恋の方はすんなりとはいかず、好きだった女性「リン・ミンメイ」に振り回され疎遠になっている間に、いがみあっていた上官「早瀬未紗」と懇意になり・・・、そこにまたミンメイが戻ってきて・・・と、恋愛パートだけみれば、「これは本当にロボットアニメか?」と疑うほどにドロドロしています。果たして輝の下した決断とは・・・?今回は、そんな「一条輝」の魅力について紹介したいと思います。

腕は一流!でも青臭いガキ・・・

 民間パイロットだった一条輝は、先輩である「ロイ・フォッカー」に招かれた際、ゼントラーディの攻撃に巻き込まれ、どさくさでバルキリーを操縦する事になります。しかし、その時に対応したオペレーターの「早瀬未紗」の対応にキレ、未紗をオバサン呼ばわり・・・。輝は、その時すでに優秀な操縦技術を持っていましたが、初対面の未紗(実際は2歳年上)をオバサン呼ばわりするなど、生意気で青臭いガキといった印象でした。

ミンメイと出会い変わって行く

 その後、敵に襲われたミンメイを助け、ミンメイと知り合いに。輝はミンメイに好意を抱いたのですが、ミンメイは気まぐれで輝の好意など気にもせず、輝を振り回します。やがて輝は、ミンメイを守るために軍隊に入り、様々な人と関わり人間的にも成長していきます。しかし恋に奥手な輝は、ミンメイに相変わらず振り回され続けます・・・。

三角関係の始まり

 ミンメイは“ミスマクロス”に選ばれ、人気アイドルの道を歩み始めました。そのため輝は、次第にミンメイと疎遠になっていき、逆にいがみあっていた上官の未紗と距離が近くなっていきます。以降輝は、ミンメイか未紗かで悩むように・・・。もっとも、その時ミンメイは従兄の「リン・カイフン」に目が向いており、輝がゼントラーディとの決戦前に決死の告白をした時も、あっさりと振ってしまうのですが・・・。

輝が選んだ人

 ゼントラーディとの決戦時に被弾し地球にたどり着いた輝は、地球にいた未紗と再会します。戦いも辛うじてマクロスが勝利し、戦後、輝と未紗はより親密になりますが、カイフンと別れたミンメイが舞い戻ってくるのです・・・。三角関係が復活した瞬間です。ここでまた輝は、ミンメイか未紗かで悩み、最後は、自分にとって必要な女性は未紗であるとに気付き、ミンメイには別れを告げます。輝が選んだ人は未紗でした。

 ゼントラーディとの決戦以後は、まるで輝、未紗、ミンメイの三角関係の清算を描くためにあったように思います。輝は生意気なガキでしたが、最後は未紗を選び、ミンメイにはっきり別れを告げるようになるまで、人間的に成長しました。この『超時空要塞マクロス』という作品は、「一条輝」の成長を描いた物語ともいえるでしょう。そして、輝達から始まった三角関係はマクロスシリーズの伝統となり、最新作『マクロスF』にも受け継がれています。

(C)1984 ビックウエスト


記事タイトル:

マクロスの伝統『三角関係』を生んだ張本人!?「一条輝」の魅力『超時空要塞マクロス』

関連ワード :

一条輝

超時空要塞マクロス

イケメン

髪色(茶)

主人公

長谷有洋(声優)

パイロット




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!