アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

愛に生きる一途なツバメ!「菱川六花」の魅力とは?『ドキドキ!プリキュア』

2013年から2014年にかけて放映された『プリキュアシリーズ』第10作目『ドキドキ!プリキュア』。皆から頼りにされる生徒会長にして夢は総理大臣という主人公「相田マナ」をはじめ、誰もが憧れるような女の

愛に生きる一途なツバメ!「菱川六花」の魅力とは?『ドキドキ!プリキュア』

 2013年から2014年にかけて放映された『プリキュアシリーズ』第10作目『ドキドキ!プリキュア』。皆から頼りにされる生徒会長にして夢は総理大臣という主人公「相田マナ」をはじめ、誰もが憧れるような女の子たちの活躍が描かれた作品です。知性のプリキュア、キュアダイヤモンドに変身する「菱川六花」は、生徒会メンバーとしてもプリキュアとしてもマナちゃんを支える女房役。今回は、幸せの王子の「ツバメ」を自称する「菱川六花」の魅力についてご紹介いたします。

全てはマナのために!

 六花ちゃんがプリキュアになった理由は、正義感よりも世界平和のためよりも、「マナちゃんを助けたい」という純粋な想いから。マナちゃんを童話の「幸せの王子」になぞらえ、「私はあなたのツバメにはなれない!?」と叫んだシーンは、物語の内容に照らせば愛の告白であり、命すら賭ける覚悟の表明とも言えるでしょう。しかもこれが序盤も序盤、第2話での出来事だというのですからたまりません。

 しかし、大切な人を想う気持ちは時として辛く苦しいものでもあります。第10話は、正式に仲間に加わった「まこぴー」こと「剣崎真琴」にぞっこんのマナちゃんを見てやきもちを焼いてしまう六花ちゃんのお話。まこぴーがマナちゃんの家にお泊りしている夜、自分の部屋の布団の中で「なんだろう・・・この気持ち」とつぶやく六花ちゃんの切ない表情には、見ているこちらまで胸にチクリとするものを感じてしまいます。余談ですが、この話は上北ふたご先生による漫画版も秀逸なので、興味のある方はぜひ単行本でご覧いただきたいと思います。

 そして、六花ちゃんの献身的な愛のクライマックスは第48話。最終決戦に臨むキュアハートを先に行かせるため、追手の大群もろとも大技「ダイヤモンドブリザード」で自ら氷漬けになるというシーンです。その姿は『幸せの王子』の結末で王子への愛に殉じ、凍えて力尽きたツバメと重なります。戦いの後で無事元に戻っているとはいえ、マナちゃんのためならその身を犠牲にすることも厭わない六花ちゃんの覚悟は、この物語の最初から最後まで一貫していたことがよく分かります。

悩める等身大の女の子

 本作のプリキュアに変身する女の子たちは、揃って常人離れした能力の持ち主です。そんな中、六花ちゃんは比較的普通の女の子として、常識的なツッコミやリアクションを見せてくれました。ちなみに六花ちゃんの名誉のために言っておくと、学力は校内トップで全国模試でも10位以内と、一般的な尺度から見れば十分に非凡です。

 プリキュアの一員としての姿とはまた違う「素」の六花ちゃんが垣間見られたのが第14話。彼女が競技カルタにのめり込み、珍しく成績を落としてしまうというエピソードでした。将来の夢のために勉強に打ち込まなければいけないという思いと、今楽しいと感じるカルタの間で揺れる女子中学生としての六花ちゃんの姿は微笑ましく、その新たな魅力を見せてくれました。カルタを始めたのも百人一首の勉強中にその切ない恋の歌にハマったのがきっかけというあたり、なかなかロマンチストな一面がうかがえます。

 第26話では、医師になりたいという夢やプリキュアになったことも母やマナちゃんへの憧れに過ぎないのではないか?と悩む六花ちゃんの姿が描かれました。記憶喪失になった敵幹部イーラを保護した六花ちゃん。あくまで敵は敵として倒すべきと言うキュアエースに「どんな人であっても怪我をして苦しんでいるなら私は助けてあげたい」と、自分の思いを信じてイーラをかばいます。そして彼の記憶が戻ったことを素直に喜んだのが自分の本当の気持ちだと気付き、医師を目指す決意をします。

 迷い、悩みながら自分の気持ちと向き合っていく等身大の女の子という一面も、思わず応援したくなる六花ちゃんの魅力の一つです。

意外にモテる罪な女の子!?

 マナちゃんといる時の六花ちゃんは自分でも言うように振り回され気味。そこがまた可愛いところなのですが、彼女自身が主導権を握っている時に発揮されるお姉さんっぽさも見逃せないポイントです。

 パートナー妖精のラケルとは姉弟のような関係でありつつ、ラケルからは六花ちゃんを異性として意識しているフシもあります。一方の六花ちゃんは第26話でラケルを「デート」に誘ったりしていますが、これは逆に彼を「異性として意識していない」からこそできること。無差別に愛を振りまくマナちゃんとは別の意味で“罪な女の子”なのかも知れません。デート発言のあった時点ではラケルはまだ人間の姿に変身することができなかったので、異性として見られないのも当然ではあるのですが・・・。

 同じく第26話では、記憶喪失のイーラに手当てをしたりオムライスを振る舞ったりして「天使のような人だ」と言われ、思わず赤面する六花ちゃんの初々しい表情も。記憶が戻ったイーラとは恋愛方面への進展はありませんでしたが、第47話、第48話でキュアダイヤモンドを自分の手で倒すことにこだわるイーラは、彼女がキングジコチューとの勝ち目のない戦いに向かうのを止めようとしているようにも見えました。そんな彼に六花ちゃんは「困っている時には手を差し伸べる、それが友達。あなたなら分かってくれるはずよ」と穏やかに告げ、最終決戦に赴くのでした。この2人の、敵味方ながらどこか通いあうものを感じさせる関係性に心惹かれます。全ての戦いが終わった後、長い眠りにつくため撤退していくイーラの視点から見たカットの中心に六花ちゃんがいるのも印象的でした。

 マナちゃんへの愛こそ六花ちゃんのアイデンティティであり、その一途な姿が彼女の大きな魅力なのは疑いようもありません。これまでに挙げた以外にも六花ちゃんのマナちゃん愛を感じさせるシーンはまだまだ存在します。しかし、この物語を通じて六花ちゃんの心にある愛はマナちゃん個人に対するものだけではなく、より大きなものへと育っていったことも事実。第47話では「好きな人が好きな人を自分も好きになって、そうやって人の輪が広がっていく方が・・・なんかいいじゃない?」と語り、以前よりも広い視野を持てるようになったことを示してくれています。

 マナちゃんへの愛という強固な軸を持ちつつ、時には歳相応の少女らしく、時には少し大人っぽく、様々な表情を見せてくれる「菱川六花」。ダイヤモンドの名にふさわしく、最高にきらめく魅力を放っているのです。

(C)ABC・東映アニメーション


記事タイトル:

愛に生きる一途なツバメ!「菱川六花」の魅力とは?『ドキドキ!プリキュア』

関連ワード :

菱川六花

ドキドキ!プリキュア

美少女

ロングストレート

髪色(青)

ヒロイン

寿美菜子(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!