アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

卑怯と罵られようとも頑張る小心者「藤木茂」の魅力とは?『ちびまる子ちゃん』

国民的アニメ作品『ちびまる子ちゃん』。笑いというオブラートに包みながら、子どもたちの世界にも階級や格差があり、それによって行動原理が支配されていることを描いている点では恐ろしい作品と言えるかもしれませ

卑怯と罵られようとも頑張る小心者「藤木茂」の魅力とは?『ちびまる子ちゃん』

「臆病」が不運の末に「卑怯」へと進化?

 彼は元来、「臆病」ではありました。これは自らの存在を守ろうとする感情です。しかし、そのために他者を顧みない場合は「卑怯」と呼ばれます。藤木君は、臆病なあまりにとった行動が、運悪く「卑怯」と見られてしまったのです。しかし、肝試しの一件で逆にまる子が藤木を置き去りにしたとしても、きっと卑怯者とは呼ばれなかったでしょう。同じ行動を取っても彼の場合のみ非難されるのは、周りからの見え方の偏りゆえに起きたこととも言えるのです。

卑怯者のスパイラル

 事あるごとに周囲に卑怯者と言われる事、それが彼の行動原理に深く影を落としています。心のなかで「こんなことをしたらまた卑怯者と呼ばれてしまう」とつぶやく情景をよく目にします。しかし、そう強く意識すればするほど、彼はいつも失敗する行動ばかりを選んでしまうのです。彼に「卑怯者」のレッテルを張っているクラスメート達は、結果ではなくその動機を“卑怯”と解釈します。こうして、さらに彼が卑怯者であると印象が強くなってしまうのです。

卑怯者と呼ばれるゆえにいつかは・・・

 元来持つ臆病さと、卑怯者というレッテルのために毎度失敗し、真っ白になってしまうオチに、無邪気にそして残酷に笑いを浴びせられる「藤木茂」。しかし、もし現実に小学生の頃から卑怯者のレッテルを貼られ、周りから常にそんな扱いを受ける生活を送っていたらたまりませんよね。そんな中、彼は健気に生活を送っています。彼よりも数段卑怯であると思われる永沢君と、狭くて奇妙な友情を育み、いつも嫌味を言われつつも思いやりを見せる藤木くん。時には「卑怯者の僕だって・・・」と敢然と行動することもあります。もしかすると、彼はいずれ誰よりも人の痛みを分かってあげられる人間に成長するのかもしれません。

(C)さくらプロダクション/日本アニメーション


記事タイトル:

卑怯と罵られようとも頑張る小心者「藤木茂」の魅力とは?『ちびまる子ちゃん』

関連ワード :

藤木茂

ちびまる子ちゃん

ブサイク

髪色(茶)

名脇役

中友子(声優)

卑怯




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!