アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

強面俳優の素顔に迫る!『デスノート』相沢役・弓削智久の役者への道

ドラマ『デスノート』(日本テレビ系)のキラ対策室の一員・相沢周市は、なんだか気になる存在。そのアツくて、無骨な中にも温かみと冷静さを持った刑事を演じているのが弓削智久だ。誤解を恐れず言えば、相沢は華々

強面俳優の素顔に迫る!『デスノート』相沢役・弓削智久の役者への道

『デスノート』最終回はどうなる?名コンビ・前田公輝との深い繋がりも告白!!

ドラマ『デスノート』(日本テレビ系)のキラ対策室の一員・相沢周市は、なんだか気になる存在。そのアツくて、無骨な中にも温かみと冷静さを持った刑事を演じているのが弓削智久だ。誤解を恐れず言えば、相沢は華々しい動きをするわけでも、我先にと前に出るわけでもない。なのに、弓削が作る独特の空気感に、つい目を奪われてしまうのだ。

「相沢は豪快で、一本筋の通った男。そこは、最初から変わらず意識している部分ですね。僕自身も原作『DEATH NOTE』と映画2本、スピンオフ『L change the WorLd』と観てきて、ここまで相沢ら周りの刑事にスポットが当たる映像作品はなかったので、とにかく大事に描いていきたいという想いが強いんです。ただ、ドラマでは原作と同じセリフがあるわけじゃないので、ときに迷うこともある。そのときは、ひたすら原作を読んで糸口を探しています。実は撮影期間中だけ、マンガを本棚からトイレに移動しているので、考えるときはトイレにこもることになるんですよ(笑)」

普通の大学生だった夜神月(窪田正孝)は、デスノートを手に入れることで次々と犯罪者を裁く殺人鬼・キラとなっていく。その戦いに立ち向かってきた「キラ対策室」も終盤に入り、日村章子(関めぐみ)の裏切りなど大きな局面を迎えている。この先が気になるところだが。

「最終回に向け、オリジナルストーリーの色が強くなるので、原作ファンの方も、ドラマから好きになってくださった方も楽しめる展開になると思います。いうならば、窪田くんの独壇場(笑)。僕もすごく楽しみなんですよ。そして、今までのキラ対策室は、2、3手遅れるミスリードの多い刑事たちだったと思うんです。でも、最終回はちょっと期待していただけるんじゃないかなと(笑)」

ますます、緊迫した展開になりそうだ。そんな中、これまでは相沢と前田公輝演じる松田桃太とのやりとりが、キラ対策室シーンのちょっとしたスパイスになっていた。何気ない会話からは体育会系の先輩・後輩のような強い繋がりと、微笑ましい関係性が透けて見える。そんな関係が表現できるのも、弓削と前田の長い付き合いゆえ。

「公輝とは、『スラッカーズ 傷だらけの友情』(2009年公開)という映画で共演したのが最初。彼はすごく尖った役だったんですけど、10代にして“この映画をどうにかしてやろう”って言う気概を感じて。当時、そんな公輝を見ているのが楽しかったんですよ。形は違いますが、今もなお向上心を持ち続けていて、年下ながらに尊敬する役者です。2人のシーンは、本読みの段階から“ここはお任せするので”と委ねていただくことが多くて。まさにアドリブの時間。ただ……突然くるんですよ(笑)。“じゃあ、相沢と松田でもめて”って。でも、こういった機会をいただけることが、本当にありがたいなと思います」

2人の信頼関係は、現場を離れたところでも築かれている。「久々に家に役者を泊めました」とボソリとつぶやいた後、照れ隠しのように「ハハハ!」と豪快に笑った。

「奥さんが旅行中だったので、撮影帰り、公輝に“家、来る?”と聞いたら、“行きます!”って。スーパーで買ったちょっといい肉を鉄板で焼きながら、2人でいろんな話をしましたね。翌日は撮影が休みだったので、結構のんびりしちゃいました」

目指すは松重豊!初現場で魅了され始めた役者人生を振り返る

そう話す姿は、とても穏やか。どちらかといえば悪役のイメージが強いが、素の弓削の印象は真逆だ。そんな彼が、この世界に入ったのは大学1年の頃。とはいえ、高校生のときには雑誌『東京ストリートニュース!』(現・学研パブリッシング)に登場し、“V.I.P高校生”と呼ばれるカリスマ読者モデルとして名を知られる存在だった。

「大学生の間、バイトするくらいなら事務所に入ってみなよと言われたのがきっかけ。そんな軽い気持ちだったので、自分が役者をやるなんて考えてもみませんでした。でも、初めて出たドラマ『小市民ケーン』(フジテレビ系)で、ドラマはスタッフさんありきで作りあげる総合芸術だと知って、なんておもしろい世界なんだと感じたんです。しかも、大好きなとんねるずの木梨憲武さんが、生徒役の僕たちをイジって緊張をほぐしてくださる姿を見て、またご一緒したいなと純粋に思ったんですよね」

初の現場で感じた楽しさ、おもしろさが彼を役者の道に向かわせた。以来、「今も役名で呼ばれることが励みになっている」という『仮面ライダー』(テレビ朝日系)シリーズへの3度に渡る出演をはじめ、数えきれないほどの映像作品や舞台で活躍。「気づけば、15、16年経っちゃいましたね」と、数々あったであろう苦労など感じさせない笑顔を見せた。そして、デビュー当時から変わらず思っていることがあるという。

「言ってしまえば、芝居って全部がウソじゃないですか。でも、その場にいるときだけは、常に本当でいたいって思うんですよね。もちろん、お芝居は上手いに越したことはないんですけど、上手くなりすぎてテクニックでウソをつくようになったら違うなと。だから、どんなに演技プランを立てても、優先はしない。やっぱり、初めて顔を合わせたときの気持ちや、言葉を交わしたときの感覚を大事にしたいんです」

真摯な姿勢は、今後も変わらないだろう。そして、自分の未来を「松重(豊)さんみたいになりたいですね」と先輩の姿に重ねる。

「鴻上尚史さんが書かれた『トランス』という3人芝居に、松重さんが出ていらしたんですけど、そのお芝居が素晴らしくて!当時、すごく刺激を受けたので、今回、共演できることが本当に嬉しかったんです。現場でも作品的な矛盾点にいち早く気づいては、僕たちを代表してスタッフさんとディスカッションしてくださり、テレビで見ない日がないくらい活躍されている方。それなのに奢らず、若手にもすごく優しいんですよね。本当にカッコ良くて、いつか自分もこんな人になりたいなって思います」

文/宮浦彰子

ドラマ『デスノート』(日本テレビ系) 9/13(日)22:30〜 (最終話)


記事タイトル:

強面俳優の素顔に迫る!『デスノート』相沢役・弓削智久の役者への道

関連ワード :

相沢周市

DEATH NOTE

イケメン

髪色(黒)

名脇役

警察官

実写




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!