アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

軍人として生きた強き女性「ナタル・バジルール」の魅力とは?『機動戦士ガンダムSEED』

アニメの世界に限った話ではありませんが、「情の厚い長官に対し、規律を重んじる冷静な副官」という形はよくある図式だと思います。今回ご紹介する「ナタル・バジルール」は、『機動戦士ガンダムSEED』のストー

軍人として生きた強き女性「ナタル・バジルール」の魅力とは?『機動戦士ガンダムSEED』

 アニメの世界に限った話ではありませんが、「情の厚い長官に対し、規律を重んじる冷静な副官」という形はよくある図式だと思います。今回ご紹介する「ナタル・バジルール」は、『機動戦士ガンダムSEED』のストーリー中盤まで、典型的な「鬼の副長」タイプの人間です。アークエンジェル艦長である「マリュー」とは、事あるごとに対立する彼女ですが、心の底ではマリューの事を艦長として認めているようでした。

軍人気質、でもややギャップ萌な一面も

 ナタルは代々続く軍人家系の出身であり、それゆえに戦闘を指揮する能力はとても高いといえます。任務遂行を何よりも優先する傾向があり、また気の強い性格のためにマリューとは何度も意見の食い違いが見受けられます。一方、お酒には弱い下戸であったり、街が敵襲で焼かれ泣いている子どもを励ますような優しさがあったりと、ただ「冷たい」だけでなく、女性らしい優しさと強さを併せ持つ、ナタルとはそんな人物です。

中盤から見せる人間らしい一面

 ストーリー中盤、ナタルは辞令により少佐に昇格。さらに、アークエンジェルからドミニオンへの異動を命じられます。この時に、「ムウ・ラ・フラガ」と別れの挨拶を交わすシーンがあるのですが、握手を求められたナタルが不思議そうな表情をする場面、そしてムウと別れたあとじっと自分の掌を見つめる姿は、この後ドミニオンとアークエンジェルが敵対する事になる運命を思うと、切なさを感じずにはいられません。

「貴方はここで死すべき人だ!私とともに!」

 『機動戦士ガンダムSEED』における最終決戦「第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦」において、ナタルは「ムルタ・アズラエル」を道連れに戦死します。ドミニオンに同乗していたアズラエルは、コーディネイターを滅ぼす為なら手段を選ばない部分があり、そのためナタルは「こいつをこのまま生かしておいてはいけない」と思い至るのでした。自分とアズラエル以外の全クルーに退艦命令を出しアークエンジェルへ避難させ、自身は全身を銃で撃たれ、痛みに苦しみながらもアズラエルをブリッジに拘束。アークエンジェルにドミニオンを討たせる事でその生涯を終えました・・・。しかし、彼女が逃がした他のクルーは脱出艇ごとザフトのクルーゼの攻撃を受けて撃破され、全員が死亡してしまった為、彼女の真意がマリューやキラに伝わることはなかったのです・・・。

中の人

 ナタルを演じられている声優の「桑島法子」さん。SEEDの中で「フレイ・アルスター」役も兼任されていますが、二人の声質がかなり違うので驚く事も多いです(ナタルは低音の女性、フレイは高音の少女系)。また、2人がドミニオンに移ってからは2人での掛け合いになる場面も多く、そのアフレコ現場を想像すると少し笑ってしまいますね。「桑島法子」さんの声、これもまた「ナタル・バジルール」の大きな魅力のひとつです。

(C)創通・サンライズ(公式サイトスクリーンショット)


記事タイトル:

軍人として生きた強き女性「ナタル・バジルール」の魅力とは?『機動戦士ガンダムSEED』

関連ワード :

ナタル・バジルール

機動戦士ガンダムSEEDシリーズ

美女

ショートボブ

髪色(黒)

名脇役

桑島法子(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!