アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

ファンから声優、著名人までロードバイクの虜に!『弱虫ペダル』が魅せてくれる景色に迫る!!

昨年のある日のこと。友人(30代女子)が「自転車を買いました」とSNSに写真をアップ。ドライブ好きで普段からどこへ行くにも愛車でアクティブに動いていた彼女が入手したのは、カナダのメーカー・Cervel

ファンから声優、著名人までロードバイクの虜に!『弱虫ペダル』が魅せてくれる景色に迫る!!

『弱虫ペダル』の影響!?自転車女子急増中!  

昨年のある日のこと。友人(30代女子)が「自転車を買いました」とSNSに写真をアップ。ドライブ好きで普段からどこへ行くにも愛車でアクティブに動いていた彼女が入手したのは、カナダのメーカー・Cerveloのロードバイクだった。え?自転車は自転車でもロードバイク?そんな写真の横には、『弱虫ペダル』(秋田書店)の登場人物、箱根学園3年の新開隼人のラバーキーホルダーが。そう。このロードバイク、作中で新開が乗っているロードバイクだったのだ。ところが、よくよくSNSを眺めてみれば、彼女だけではなかった!女子の友人たちが次々とロードバイクデビューを果たしていたのだ。中でも主人公・小野田坂道擁する総北高校の3年、巻島裕介の乗るフランスのTIMEを数名が購入していたり、今自転車女子が巷を席捲中。9月には『弱虫ペダル』のタイトルを冠したサイクルロードレースも開催され、ロードレースを観に来る女子が増えている。昨年は箱根学園・荒北靖友が乗るイタリアのBianchiがオープンする「Bianchi Café」で弱虫ペダルとのコラボもあり、多くの視聴者をロードの世界へと誘うアニメ『弱虫ペダル』の影響の大きさを感じさせる。

観ていて胸が熱くなる!?本作の魅力とは?

そもそも『弱虫ペダル』とは、アニメやゲームを愛するオタクな少年・小野田坂道が自転車競技に出会い、チームの仲間や先輩たちの支えと励ましの中で成長していく物語。子供の頃から常に自転車に乗って地元の千葉から秋葉原まで通っていた彼が、知らず育んできた自転車競技の才能とオタ特有の引っ込み思案ながらも前向きな性質とで、周囲を巻き込み、巻き込まれながらクライマーとしての才能を開花させていくのだ。オタは自分が興味のあることに対しての熱量が凄まじい。アニメに向いていたその熱が、ペダルを踏む足へ、共に戦う仲間たちへと向いていくのだから、それは強い。凄まじく強い。そんな彼のレースでの葛藤や初心者だからこその無謀なまでの前向きな想いに、観ている視聴者も胸が熱くなっていく。そうだ、好きなことに打ち込むってこういうことだったな、と。自分も彼らと同じ景色が見たくなる。ペダルを踏んだ先にある景色を。そもそもは趣味で自転車に乗っていた作者・渡辺航氏と編集さんの雑談から生まれた『弱虫ペダル』。自身が経験したロードレースでの経験や空気感までも織り込んでいくという。だからこそのリアリティや臨場感は、嘘がない分、ファンの心を強く掴んでいくのだ。またファンのみならず演者も虜にする本作。アニメでキャラを演じる声優たちや舞台版で演じる俳優たちもロードバイクを始める者が多い。これもまた原作の熱やリアリティが伝わるからこそかもしれない。

演じていた声優も思わず過呼吸に!?

先輩たちの言葉や仲間である今泉俊輔と鳴子章吉のアドバイス、ライバルとの走りや逆境、レースの中での経験から一歩ずつ着実に前進し、成長していく坂道はもちろん、そんな彼を取り巻く人々もみんな、ロードレースに夢中な高校生たち。好きなことへ、勝利へと邁進していく姿は非常に素敵なのだ。そして何より、マンガが原作で2次元のキャラたちながら彼らは人間味に溢れ、見ているだけで息遣いまでも傍で感じているような存在感がある。それぞれが当たり前のようにロードに乗ることになった背景があり、ロードと共に在ることで悩みを抱えたこともあり、それを乗り越えようともがき、結果として視聴者の目の前でペダルを踏んでいる。3年生は引退前最後のインターハイへと賭ける強い想いがある。レースに出られなかった2年生には、そんな3年生の背中を見つめ、次代を担うという信念がある。そして1年生には先輩たちの背中を追い、追いつき、追い越したい、という想いが。坂道には自転車に出会ったことへの喜びと初めて心から繋がる仲間への想いが滲む。特に人気が高いのは、総北・巻島と箱学・東堂尽八、そして総北主将・金城真護と王者である箱学主将・福富寿一、また坂道と箱学ルーキー・真波山岳といったライバル同士の情熱と友情だ。巻島と東堂はアニメでさらに人気が高まり、デュエットのキャラソンも大人気に。インターハイでのそれぞれの対決は熱く描かれ、思わず息を詰めて観てしまったインターハイ3日目の坂道と真波の鬼気迫る熱戦は、坂道を演じた声優・山下大輝をしてでも「過呼吸になっちゃいました」と言うほど。演じる側も熱が入ったのだそうだ。

3つのジャンルで広がっていく『弱虫ペダル』ワールド! 

3日間に及ぶ熱いインターハイでの戦いを終えたところでテレビアニメは収束したものの、つい先日第3期の制作が決定した。作者書き下ろしでインターハイ後の物語を描いた『劇場版 弱虫ペダル』での久々の強豪校集合に胸を熱くしたファンも多いはず。また2012年の初演から好評を博す舞台『弱虫ペダル』も、10月8日から公演が始まったシリーズ第7作目『IRREGULAR~2つの頂上~』では、先ほども紹介した巻島と東堂のライバル同士にフォーカスした物語で、期待値も高い。そもそもアニメ化よりも先に舞台化された本作でもあるので、原作ファンから舞台へ、舞台ファンが原作へ、という相互効果の後にアニメへとファンが流れたのも特徴的。2.5次元とはいえ、3次元での動くキャラクターたちとロードレースの熱を垣間見せる演出によって、実際のロードレースへと興味が向かうファンも多かったのではないだろうか。コミックの方でも物語は金城ら3年生が卒業した後の彼らの日々を追っており、坂道たちはまだまだペダルを踏み、仲間やライバルたちと切磋琢磨を続けている真っ最中。マンガ、舞台、アニメ。三位一体で表現される『弱虫ペダル』の熱を、これからも触れながら熱い気持ちをもらい続けたい! 

文/えびさわなち


記事タイトル:

ファンから声優、著名人までロードバイクの虜に!『弱虫ペダル』が魅せてくれる景色に迫る!!

関連ワード :

小野田坂道

弱虫ペダル

イケメン

髪色(黒)

主人公

メガネ

山下大輝(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!