アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

犬好き書店員が選ぶ、犬好きのためのおすすめ犬漫画9選

世の中には、犬が登場する漫画がたくさんあります。犬好きなら思わず「そうそう!」と頷いたり、自分の飼い犬のことを想像して、思わず泣いてしまったり……。犬漫画には、笑いや癒しや感動がたくさん詰まっています

犬好き書店員が選ぶ、犬好きのためのおすすめ犬漫画9選

世の中には、犬が登場する漫画がたくさんあります。犬好きなら思わず「そうそう!」と頷いたり、自分の飼い犬のことを想像して、思わず泣いてしまったり……。犬漫画には、笑いや癒しや感動がたくさん詰まっています。

ですが、たくさんありすぎて、どれから読もうか迷ってしまうこともあるのでは? 今回は犬好き書店員による、犬好きさんにおすすめしたい漫画を9作品ご紹介します。

こまつさんとムーコの掛け合いのズレがおもしろい!『いとしのムーコ』

『いとしのムーコ』 みずしな孝之 / 講談社

山奥で暮らすガラス職人のこまつさんの愛犬はムーコ。ムーコはこまつさんが大好きで、「こまつさんが早く犬になればいいのに!」と思っています。ムーコはいつもテンションが高くて、こまつさんの言いつけをなかなか守れません。それを容赦なく叱るこまつさん。でも二人の間には絶対なる信頼関係と愛があるのです。1人と1匹の、どこかズレた掛け合いが繰り返される、他愛のない日常が描かれています。大きな事件は起こらないけど、だがそれがいい! 絶妙な間合いのこまつさんとムーコの姿を見ると、ほんわか和んでしまいます。

何と言っても、この作品のおもしろ可愛いポイントはムーコのセリフです。犬なのにワン! とは言わず、「あ!こまつさん!」や「おはなつやつや!」など、ムーコの心の声は手書きの丸文字でキュートに表現されています。読者はムーコの気持ちをしっかり理解できますが、当然、飼い主のこまつさんには伝わりません。犬を飼っている方なら、そのギャップを見ると「うちのワンコもこんなこと言ってるのかな?」と、嬉しい妄想をしてしまうかもしれません。

最初は閑散としていたこまつさんのアトリエも、巻が進むごとに、にぎやかになっていきます。登場人物も増え、ムーコのテンションもますますアップです! 2015年10月からはアニメ放送もスタート。ぜひ、動くムーコにも癒されちゃってくださいね。

コーギーと飼い主の「あるある」が詰まっている!『あしょんでよッ ~うちの犬ログ~』

『あしょんでよッ ~うちの犬ログ~』 らくだ / KADOKAWA / メディアファクトリー

本作は、初めて犬を飼った作者がTwitterで投稿した内容が話題となって、pixivコミックで連載化、1冊の単行本になった作品です。

犬と一口で言っても、犬種によって性質はさまざまですが、この作品は「コーギー好きによるコーギーの漫画」です。とーたん(サラリーマン)のことが大好きなコーギーと、とーたんの相思相愛でラブラブな毎日が描かれています。

犬なのに寝る時は上を向いて無防備に爆睡
大型犬とははり合うのに、押しの強い小型犬には不戦敗
おとーしゃんが他の犬をさわったら浮気調査
どうして使用済みの靴下が好きなんだ?
などなど、犬あるあるも満載。特にコーギーならではのキュートなお尻には、とーたんでなくてもほんわか癒されます。

またこの作品は、「犬の飼い主あるある」なネタも満載です。

自分のお弁当は30秒で決まるのに、犬のゴハンを選ぶのは15分たっても決められない
臭いのが分かっていても、飼い犬の一部をかぐのが癖になってる
などなど、飼い主の皆さんは思い当たるフシがあるのでは? コーギー以外の犬を飼っている方も、癒されて楽しめる1冊です。

超怖い顔のハスキー犬と飼い主が織りなす獣医学部ライフ『動物のお医者さん』

『動物のお医者さん』 佐々木倫子 / 白泉社

受験生のハムテルが、H大獣医学部の漆原教授に無理やり押し付けられた、顔の怖い(作中では「般若」と表現されています)シベリアンハスキー・チョビ。そのひょんな出会いから、ハムテルと友達の二階堂はH大で獣医を目指すことになります。

チョビは顔の怖さとは裏腹に、性格はとっても穏やかな女の子。だから、強烈な性格の他の動物たちにやり込められてしまうことが多いのです。また、飼い主のハムテルも、押しの弱い性格が災いして、これまた強烈な他の登場人物の尻拭いをさせられることも数知れず。そんな犬と飼い主の生活が、コメディータッチで描かれています。

とにかく、動物も人も個性のオンパレード! 普段あまり知ることのない獣医学部事情も興味深く、犬以外にも、猫・鶏をはじめ、とにかくたくさんの動物が出てきます。前述した『いとしのムーコ』と同様、動物たちの賑やかなセリフが紙面に踊っているのも特徴的。佐々木倫子先生の流麗な書き文字で表現されているシュールなやりとりは、非常にコミカルです。その中でも、チョビのいじらしさと可愛さは抜群! また、犬ぞりレースやジンギスカンでのお花見など、北海道ならではのエピソードも満載です。

本作は、日本にシベリアンハスキーブームを巻き起こし、かつては実写ドラマ化もされました。また、H大のモデルになった北海道大学獣医学部の受験倍率も跳ね上がったという噂(?)もあります。発表から20年以上経っていますが、今なお愛される、犬漫画のスタンダードにして名作です。

二足歩行で言葉を話す、不思議な犬のハートフルコメディー『賢い犬リリエンタール』

『賢い犬リリエンタール』 葦原大介 / 集英社

『ワールドトリガー』の葦原大介先生の初連載作です。『ワールドトリガー』は好きだけど、本作はまだ読んだことがないという方にも、ぜひ読んでもらいたい作品です。初めて会う「弟」を楽しみに待っていた、てつこと兄。しかし、2人の前に「弟」として現れたのは、ふしぎな犬……賢い犬(かしこいけん)・リリエンタールだったのです。

リリエンタールは、まるで人間のように二本足で歩き、人間の言葉を話す黄色い犬です。「RD-1」とも呼ばれる彼は、謎の組織に追われているために数々のピンチが訪れますが、そのたびにリリエンタールの不思議な力が発動します。

葦原先生ならではの、緻密な構成やキャラ設定は読みごたえ満点! リアルな犬とはちょっと違いますが、リリエンタールの可愛さはきっと犬好きさんにも伝わるはず! ほっこり笑って、最後にじんわりと胸が温かくなるSFファンタジーです。

人に寄り添う、セラピードッグのお話『犬がとなりにいるだけで』

『犬がとなりにいるだけで』 北川なつ / 実業之日本社

『犬がとなりにいるだけで』というタイトルだけで、ホロッときてしまいそうな本作。実話をベースに、一匹の犬・ボタモチが「セラピードッグ」として、単純なペットとしての役割を超え、実際に人を癒すという点が、他にはない切り口です。ボタモチが寄り添うことによって、介護施設にいる認知症の老人が次第に変わっていく過程など、一つ一つのエピソードが優しく、胸が熱くなります。しかしそれは、犬とスタッフの信頼関係や、日々の訓練があってこそ。今まで知るチャンスがなかなかなかった「セラピードッグ」に対して、気づかされることが多いです。

発売当初の帯には『星守る犬』の村上たかし先生、『ペコロスの母に会いに行く』の岡野雄一先生が推薦文を寄せるなど、漫画家からの支持も厚い作品です。

犬との日常をほのぼの4コマ漫画で感じる『ベルとふたりで』

『ベルとふたりで』 伊藤黒介 / 竹書房

天真爛漫な少女・すずと、愛犬のグレートピレニーズ・ベルとの日々の出来事が、ギャグテイストで描かれた作品です。

ちょっとぐうたらな小学生のすずと、すずよりも大きいベルとのやり取りが、4コマ漫画ならではのテンポの良さで描かれています。すずの破天荒なシーンも多いですが、なんだかとても愛らしく感じてしまう不思議な世界観です。ほのぼのとしたストーリーの中に、主従というよりは同志に近い、ふたりの「絆」を感じられて、読むと幸せな気分になれますよ。

「あるある」多数!ほぼノンフィクションな犬漫画『イズモがゆく。』

『イズモがゆく。』 新めぐみ / 小学館

新めぐみ先生と実家の犬たち(イズモ&エド)とのエピソードが綴られた、「ほぼノンフィクション」な犬漫画です。

例えば、もう少し散歩をしたそうな顔をされると、ついつい「もう少しつきあってやるか」と思わされてしまう……何かを訴える犬の表情は、なんとも抗えない力がありますよね。本作は、そんなシーンが髄所で描かれていて、「分かる~!」と何度も頷いてしまいます。フォト日記もついているので、イズモとエドの実際の写真を見ることができるのですが、それを見るとますます感情移入してしまいます。犬好きの幸せを、しみじみ感じることができる作品です。

泣ける犬漫画の代表作『星守る犬』

『星守る犬』 村上たかし / 双葉社

かつて「泣ける犬の漫画」として大ヒットを記録し、実写映画化もされた本作は、「犬漫画」を紹介する上で、やはり外せない作品と言えるでしょう。

村上たかし先生によると、「星守る犬」とは「犬が星を物欲しげに見続けている姿から、手に入らないものを求める人のことを表す」とのこと。お父さんとお母さん、娘のもとで育った愛犬ハッピーでしたが、幸せだった家族の雰囲気は、時が経つにつれて変わっていき、二人っきりになったお父さんとハッピーは旅に出ます。そして最後は……。

第1巻の冒頭で結末が明かされているだけに、読み進めるのは切なくなってしまいますが、読後、心に残るものは大きいです。お父さんとハッピーが求めていたものは何だったのか、是非見届けてみてください。

続編にあたる『続・星守る犬』は、前作とは少し異なる視点で描きつつ、前作との繋がりも見事に描写されています。村上先生のストーリーテリングに感嘆しつつ、救いのある話もあって、最後には前向きな気持ちになれますよ。

盲導犬と共に歩む人生の輝き『ハッピー!』

『ハッピー!』 波間信子 / 講談社

事故で失明した主人公・香織は、恋人にも裏切られ、絶望から抜けだせないでいました。そんな中、盲導犬・ハッピーと出会ったことによって、ハッピーや家族たちに支えられながら、香織は次第に、前向きに生きる気力を取り戻していきます。

盲導犬をテーマに描かれた漫画の中でも、本作はその代表作であり名作です。全国で1万人以上の人が盲導犬を必要としているのですが、1年で育てられる盲導犬の数は、わずか100頭だそう。また、世間の盲導犬に対する視線も、必ずしも優しいものばかりではありません。そんな状況にも負けず、厳しい訓練を経た盲導犬によって、光を失った主人公が一筋の希望を見出す過程は、思わず目頭が熱くなります。それはひとえに、ハッピーのまっすぐな忠誠心と愛情があってこそのものです。

本作は、香織とハッピーを軸に、周囲の登場人物たちの心の成長も描かれています。信じること、愛すること、耐えること、助け合うことなど、人生における学びも多い作品です。続編で現在連載中の『ハッピー!ハッピー♪』では、第2の盲導犬・ティンクルとの絆が描かれています。

まとめ

いかかがでしたか? 笑えるものから感動ものまで、バリエーション豊かな9作品をご紹介しましたが、どの作品にも共感できる要素があり、何よりも作者の犬への愛情が伝わってくるものばかりです。

ぜひ、皆さんそれぞれのお気に入りを見つけて、癒されてみてくださいね。


記事タイトル:

犬好き書店員が選ぶ、犬好きのためのおすすめ犬漫画9選

関連ワード :

ムーコ

いとしのムーコ

髪色(白)

髪色(茶)

主人公

コミック

理想のペット




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!