アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

いざ尋常に始めっ!障子紙の如く弱い奇策士「とがめ」の魅力とは?『刀語』

『刀語』は西尾維新氏初の時代小説であり、アニメ化もされた作品です。舞台は中世日本の戦国時代にも似た世界。無刀の剣士「七花」と奇策士「とがめ」の刀集めの旅が描かれています。今回は、物語の鍵となりヒロイン

いざ尋常に始めっ!障子紙の如く弱い奇策士「とがめ」の魅力とは?『刀語』

 『刀語』は西尾維新氏初の時代小説であり、アニメ化もされた作品です。舞台は中世日本の戦国時代にも似た世界。無刀の剣士「七花」と奇策士「とがめ」の刀集めの旅が描かれています。今回は、物語の鍵となりヒロインでもある「とがめ」の魅力について紹介させて頂きます。

策士ならぬ奇策士

 「とがめ」は、自身の足首あたりまである長く美しい白髪と、赤い瞳が印象的な小柄で愛らしい女性です。右袖だけ長く左は肩口までの着物を羽織い、腰から下は超ミニ丈の布を纏うなかなかセクシーな出で立ち。更に、驚いた時や奇策を考えた時などは、稀に左目が紫色となり黒十字の模様が浮かぶ、そんな不思議な容姿を併せ持っています。役職は、尾張幕府家鳴将軍家直轄預奉所軍所総監督。・・・ですが、とがめ本人は自身の立場を「策士」ならぬ「奇策士」と名乗ります。

金や名誉ではなく

 とがめは不承島に単身おもむくと、「虚刀流」七代目当主「鑢七花」を刀集めの旅へと連れ出します。「金や名誉のためでなく、私に惚れた、愛の為に戦う剣士を雇いたい」。このとがめの言葉には、実は孤独から生まれた本音が隠れていたのかもしれません。

 また、とがめの口癖「ちぇりお!」ですが、後に薩摩付近の掛け声「ちぇすと」の誤りだと指摘されるやいなや、恥ずかしさのあまりパニック状態に陥ります(※七花は間違いに気付きますが彼なりの気遣いで黙っていました)。体力や戦闘力は「障子紙の如く弱い」「戦闘力はうさぎ以下」。これは守り甲斐がありそうです。奇策士「とがめ」が策を弄し、虚刀流剣士の七花が敵を倒す。そうして刀を手に入れていく旅路こそが、とがめにとっては幸せであり辛くもある時間だったのでしょう。

おかっぱでも十分可愛い!

 ちなみに、七話の七花の姉「七実」との戦闘の折、とがめは長い髪を肩口まで切られてしまいます。長髪も良かったですがおかっぱでも十分可愛いですね。

抱える過去と七花への想い

 以降、ネタバレとなりますが、とがめの本当の名は「容赦姫」。二十年前に幕府に謀反を企てた「飛弾鷹比等」の娘で、幼い頃に一族を殺された憎悪で黒髪から白髪へとなってしまいます。そして、とがめの目の前で父を殺した男こそ、大乱の英雄であり虚刀流六代目当主「鑢六枝」。七花の父親だったのです・・・。

 最初こそとがめは、刀集めの旅が終われば七花を殺すつもりでいました。しかし、旅を続けながら何度も七花に「俺はとがめを愛している、惚れている」を繰り返させているうちに、自分も七花を愛してしまうのです。刀集めの旅を終えたら、七花に「地図作りの旅に出て金儲けをしよう」と持ち掛けていましたが、その願いは否定姫に送り込まれた凶弾(刃)にて叶わぬものとなってしまいます。

「何の救いもない、死んで当然の女だけれど、それでも私はそなたに惚れてよいか?」

 四季崎記紀の歴史改竄のイレギュラーで有ったとがめは、必死に抗いながらもその人生を終えるのでした・・・。

 復讐を背負わされた奇策士「とがめ」。「七花」と共にに刀集めという名の「人間になる旅」をしたのかもしれません。そして、「七花」への一途な思いこそが、とがめの最大の魅力と言えるのではないでしょうか。

(C)西尾維新・講談社/「刀語」製作委員会


記事タイトル:

いざ尋常に始めっ!障子紙の如く弱い奇策士「とがめ」の魅力とは?『刀語』

関連ワード :

とがめ

刀語

美少女

ロングストレート

髪色(白)

ヒロイン

田村ゆかり(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!