アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:ぽぽもんたさん

グラトニー

グラトニー

鋼の錬金術師シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

「暴食」の名を持つホムンクルス。6番目に造られ、舌にウロボロスの紋章を持つ。
坊主に丸顔、丸い巨体という肥満体の男(容姿のモデルはスノーマン[出典 6])。のんびり屋でマイペースな性格。無邪気な子供のようだが、名の通り常に腹を空かせており「食べていい?」が口癖。知能は低く自己判断で行動するという意思に欠け、攻撃する場合でさえも仲間の許可を待つといった受動的な面が目立つ。そのため、仲間と行動を共にすることが多く、特にラストを慕っている。
その正体は「お父様」が真理の扉を作り出そうとして失敗した「擬似・真理の扉」。グラトニーに食べられた(あるいは「飲み込まれた」)物体は、本来の真理に相等する空間に送り込まれる。この空間は足元に血の海が広がる暗闇の果てしない空間であり、通常、出ることはできない。
ホムンクルスとしての固有能力は、材料や質量問わずあらゆる物を無限に食べられること。ホムンクルスの耐久性を生かした猪突猛進な突撃を行い相手を喰らう。これらは先述の「擬似・真理の扉」の機能として可能となっている。さらに腹が縦に裂けて、肋骨を牙と見立てたような大きな口を広げ、対象を棒放射上に「飲み込む」こともできる(この時の姿は真ん中に目があり心理の扉が開いた時のものに似ている)。普通に口で食べる場合は、肉が柔らかいという理由で女の子を好む。また、鋭い嗅覚を持ち、目を眩ませられても臭いによって相手の位置を把握できる。
ラストと共に物語序盤から登場する。第三研究所の戦いでラストが死ぬとショックで悲しみ、ラストを倒したマスタングへの怒りから暴走したこともある。「約束の日」の直前にはプライドと共に行動し、その嗅覚を使ってアルフォンスを捕らえエドワード達を追い詰める。しかし、ランファンが戦線に復帰すると形勢が一変。暗闇でもホムンクルスの気配を察知できるランファンに手も足も出ず、劣勢を打開するためにグラトニーの嗅覚を欲したプライドに喰われてしまう。その際、死んだラストに助けを求めながら消滅した。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

ぽぽもんたさん
0 pt
ぽぽもんたさん
0 pt

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【グラトニー】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


グラトニーについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>鋼の錬金術師シリーズのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!