アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

キース・ブラック

キースブラック

ARMS

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

キース・ブラック/セロ
声 - 置鮎龍太郎
エグリゴリを統率する最高幹部の筆頭で、現キースシリーズの長兄。思慮深く、常に微笑みを絶やさない。アドバンストARMS "ハンプティ・ダンプティ"(神の卵)を宿し、あらゆるエネルギーを吸収し、刃先が単分子レベルの厚みしかないこの世で最も鋭利な剣「神剣フラガラッハ」を始めとする様々な他のARMSの力の取り込み、使用する。アリスの「絶望」の意志が託されている。
ARMS移植前はM-83と呼ばれ、エドワウやティリングハーストからは「セロ」と呼ばれる気の弱い少年で、αチームのキースたちからイジメに遭うのを同じβチームのエドワウに庇われていた。エドワウとは兄弟の絆で結ばれており互いに名前を交換した。彼と同じくアザゼルに取り込まれたアリスの声を聞くことが出来たが、エドワウがアリスと会話しないようティリングハーストに懇願していた。
エドワウの移植実験失敗後、エドワウと同じくアリスの声が聞こえるようになり皮肉にもアリス以外では初のARMS適合者となる。移植手術成功を祝いエリア51に集ったエグリゴリ最高幹部と研究者をほぼ皆殺しにし、外部端末と接続したアリスにより米国の核報復システムを乗っ取り、キース・ホワイトをその手にかける。エグリゴリの実権を掌握した後、生き残ったティリングハーストを含む研究者たちを服従させ、自らが幹部に選んだキースシリーズを除く他のクローンたちを抹殺した。
その後、ティリングハーストの裏切りでブルーに託された4つのオリジナルアームズコアの行方を追い、ジェームズ・ホワンこと高槻崖の手引きで鐙沢村を襲撃。新宮修一郎をその手にかけ、隼人の左腕を切り落とした。
アリスの意思の下、「プログラム・ジャバウォック」を着実に遂行していく。キース・ホワイト殺害時にハンプティ・ダンプティの能力により取り込んでしまったホワイトの残留思念に翻弄され、その目的とする所を察知し、自分自身と共にキース・ホワイトを滅ぼすべくARMS殺しの能力を持つジャバウォックの手にかかろうとするが、その寸前にホワイトに体を乗っ取られる。
後にハンプティ・ダンプティに取り込まれたキース・ブルーことエドワウと再会を果たし、父に引導を渡す。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【キース・ブラック】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【キース・ブラック】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

キース・ブラックについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ARMSのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!