アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

久保嘉晴

クボヨシハル

蒼き伝説シュート!

0

pt

キャラクター紹介

声 : 古川登志夫
学年 : +1
ポジション : ミッドフィールダー(センターハーフ)
背番号 : 10
1974年7月29日生まれ、1991年8月9日死去。身長179cm、体重65kg。AB型。尊敬する選手は奥寺康彦、好きな選手は三浦知良とヨハン・クライフ。
高校2年の初めに白血病を患って入院、退院後は順調な経過をたどるが完治はせず、(アニメによれば)貧血状態で激しい運動を続けたことで心不全を誘発し死亡。長く生きる事よりも一瞬でも多くボールを追い駆けたいと願い、そのためにチームメイトには病を隠していた。サッカーに関しては周囲が驚くほどの積極的な行動力を持つが、サッカーを離れるとたちまち存在感が薄くなってしまい、磯貝監督も制服姿の久保は記憶にないほどと例えている。なお、1年生時に出会った美奈子に一目惚れしており、北原のことに話が及ぶと顔を赤らめるという面がある。一見クールな性格。
掛川のキャプテンで、サッカーに詳しくない磯貝監督に代わり采配を振っていた。中学1年から中学3年前半までの2年半を旧西ドイツで過ごし、「天才」と呼ばれ将来を嘱望されるほどの選手であった。帰国すると神谷のいたヤマハFCに所属、日本ジュニアユース代表にも選出され得点王に輝いている。高校進学時には「自由なサッカー」「トータルフットボール」を目指して、ヤマハFCから神谷・矢野・服部を誘い新設校の掛川へと進学している。高校進学後もサッカー第一の姿勢は変わらず、攻守のキーマンとして大塚と赤堀を熱烈に勧誘し、自らチームメイトを指導して(エース加納を怪我で欠いていたとはいえ)藤田東を破るまでに導いている。
早くから田仲の左足の潜在能力を見出しており、観戦に訪れていた掛西中トリオに「待ってる」と声をかけた。そのため入院中に掛西中トリオの入部を聞いた際には大変喜んだという。しかし、インターハイ静岡県予選準決勝・掛北戦において「奇跡の11人抜き」を成し遂げた後ピッチ上で倒れ、交代後にそのまま控室で死亡した。チームメイトにその事が知らされたのは試合に勝利し決勝進出を決めた後であったが、久保の急死がチームメイトに与えた衝撃と動揺は大きく、決勝戦・藤田東戦では大敗に終わる結果となった。しかしながら、久保の意思や理想は神谷たちによって引き継がれ、後に掛川高校サッカー部は全国最強となるチームに変貌を遂げることとなる。

出典:wikipedia

誕生日:7月29日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【久保嘉晴】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【久保嘉晴】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

久保嘉晴についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>蒼き伝説シュート!のキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!