アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

妖鳳王サイザー

ホークキングサイザー

ハーメルンのバイオリ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声:緒方恵美/佐久間レイ
魔界軍王No.3。妖鳳王(ホーク・キング)サイザー。ケストラーとパンドラの娘で、ハーメルにとって双子の妹だが、ハーメルとは逆に天使としての血を濃く受け継いでいる。妖鳳軍を率いり、巨大戦艦ジークを使い、国の侵略を行なっていた。いくつもの国を襲い、甲冑および血塗られた翼の色から、人々からは「ハーメルンの赤い魔女」と呼ばれ恐れられてきた。手にした鎌は通常の武器であると共に、楽器のフルートにもなっている。
ハーメルとは生き別れで、幼い頃にパンドラの元から連れ去られて以来、北の都でずっと育てられてきた。その時、パンドラがハーメルを選び自分を捨てたのだという嘘を教え込まれ、ハーメルとパンドラに強い憎しみを抱いていた。魔界軍王としてNo.3の地位まで登りつめるが、その実魔族の仲間のフリをしながら、「パンドラの箱」を使いすべての魔物を封印するチャンスを狙っていた。だがその計画は失敗に終わり、手にしていた「パンドラの箱」も奪われてしまう。生きる意義を失い途方に暮れたが、フルートに説得され、自分自身の罪を償うために、ハーメル達と共に戦うことを決意する。それに伴い、鎧の右胸につけていたマークも魔界軍王のマークから「S」という文字に変更された。仲間になった当初は、長年憎み続けていたハーメルとぎくしゃくしていた。
ギャグパートでは、最初の方はワルキューレのコントなどであまり目立たない。また、ハーメルがどこからか持ってくるコスプレ衣装を着ることが多いが、本人は育った環境ゆえか世間の衣装風俗に疎いらしく、どんなに際どい衣装を着せられても平然としている。
ヴォーカルに魂を奪われた後、その死体に反魂の法を埋め込まれてヴォーカルの分身となり、殺戮を重ねていくが、ライエルが魂を奪還したことで復活する。しかし、再び多くの人間を殺したことと、オカリナを失ってしまったことで自暴自棄になり死のうとするが、ライエルによって落ち着きを取り戻し、自ら生きるという選択肢を選ぶ。それ以降、ライエルを強く意識するようになる。北の都の最終決戦でオル・ゴールの呪縛を解き放ち、同盟国の人間に「ハーメルンの赤い魔女」から「赤い羽根の天使」と呼ばれ、自らも「赤い羽根の天使」と名乗るようになる。なお、ヴォーカルやケストラーの影響によって暴走した際、黒い翼と黒いボンデージ風ファッションとなる。
アニメ版では赤ん坊の頃ではなく、幼児の頃に魔族に連れ攫われた事になっている。原作ではストレートヘアーだが、アニメ版ではカールがかかった髪形となっている。原作とは異なり、魔族化したハーメルとも互角の戦いを展開した。母・パンドラも兄・ハーメルもオカリナも失い、独り何処かに旅立つが、皮肉にも羽根は白に戻っていた。
名前の由来は電子楽器の一種であるシンセサイザー。魔界軍王の名前はロック楽器からとられている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【妖鳳王サイザー】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【妖鳳王サイザー】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

妖鳳王サイザーについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ハーメルンのバイオリン弾きのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!