アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

ホルン

ホルン

ハーメルンのバイオリ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

(声:島本須美)
スフォルツェンド公国の女王にしてフルートの母。「人類の女王」とも言われ、人を愛し慈しむ、聡明で高潔な人格者。
スフォルツェンドの血族は元来超長寿であり、他者の傷や病気をたちまちに回復することができる「癒しの力」を併せ持つが、それは自身の寿命と引き換えの諸刃の剣で、結果的には他の人間と同程度、あるいは少ない時間しか生きられない、悲しい宿命を背負っている。本来は50歳ほどだが、初登場時に2児の母とは見えないほどに姿が若々しいのはそのため。15年前の戦い以降は力を酷使し続けたために、その寿命はいくばくもなくなっている。
15年前に息子リュートを失い、娘フルートを手放したことで心を痛めていた。
フルートと和解後はフルートを旅へと送り出し、以後水晶玉で連絡を取り合っている。その際、フルートにプレゼントを贈ったりと少々親バカ気味になっている。以降はフルートをダシにした変な祭を行なったりなど、娘の前では元気に振舞っていたが、その一方で体の酷使のためにたびたび倒れていた。終盤ではめっきり老け込み、立つこともままならない状態にまでなってしまった。
本来なら少ない余生をフルートと共に暮らすこともできたが、それをせずに魔族と戦うことを選ぶ。最終決戦の際、時空を開き、世界各国と北の都をつなぐことができる最大高等魔法「時空転送神聖門(ゴット・ブレス・ゲート)」を成功させ魔族と人間の最終決戦を導いた。そして、全ての役目を終えると、フルートを送り出すいつもの笑顔のままこの世を去った。
アニメ版では、フルートを手放して以来厳しい表情を絶やさないようになったと言われる。癒しの力は強大な法力に変更されており、人々からは敬われると共に畏怖されている。
名前の由来は金管楽器の一種であるホルン。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【ホルン】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【ホルン】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

ホルンについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ハーメルンのバイオリン弾きのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!