アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

間黒男

ハザマクロオ

ブラック・ジャック

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

ブラック・ジャックは、手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』に登場する架空の人物・医師。

無免許の天才外科医。本名は間 黒男(はざま くろお)[1]。血液型はO型。年齢は作中の描写から30歳前後と思われる(年齢については下記に詳述)。
幼い頃、宅地造成業者らによるずさんな不発弾処理が原因で母親と共に爆発事故に遭い、大手術の末、奇跡的に助かった。全身の傷跡はその時に付いたものである。またその際に体の数箇所の皮膚を取り替えたことと、爆発時の恐怖心によって髪の毛の右半分が白髪になる。手術後は半身不随に近い状態であったが、必死のリハビリによって、負傷前と同様の身体能力を回復する。しかし母親とは死に別れ、父親は愛人と共にマカオ(『U-18は知っていた』・『笑い上戸』では香港と記載されているが、手塚が長期連載を予定していなかったため、設定の矛盾が発生した。)に去ったため(後に死亡)、天涯孤独の身である。母親を大事にしない人間に対してはしばしば激怒し、「腹の虫が煮えくり返る」「私なら母親のためならどんな大金でも払う」と手厳しい態度をとったほか、父親から後妻を「世界で最も美しい顔」に美容整形するよう依頼された際には母親と同じ顔に整形し、「自分が世界で最も美しいと思う顔にした」と発言する。もう母を愛していないという父親の言動もその理由の1つであった。
子供の頃から、後述の復讐のためにダーツの腕を磨いており、悪漢に襲われた時などメスの“投げナイフ”で応戦する描写がある[2]。だが、ダーツが原因で当時通っていた学校の友人・ゲラに重傷を負わせ、結果的に死なせてしまった時は激しく後悔している[3]。
医学界では評判が悪いが、その一方で、同じ医大出身の手塚本人がモデルの医者をはじめ医者友達が複数いる。しかし自分と同等の技術を持つ友人がいないことで孤独感を抱いており、自分に匹敵する技術の人物を求めているところがある。また自分の医療技術に関しては絶対の自信を持っているが、医療以外でも何らかの高い技術を持つ人間には敬意を払う事もある。
顔の皮膚の左半分は、治療の際にタカシという黒人混血児(ハーフチルドレン)の親友の皮膚を貰ったものである。そのため紙上ではわからないが、その部分は若干色が濃い[4][5]。その後、別の皮膚と取り替えてはどうかと勧められても、皮膚をくれた親友への義理からそれはできないと拒んでいる(第99話『友よいずこ』)。
医者になった理由は、自分の主治医であった本間丈太郎に憧れたことが上げられる。
手を施しても無意味に終わる、他の治療手段の方が良いなどの事情があれば手術を行わないか、途中でやめてしまう事がある。作中、爆発物によって視力を失った女性に犯人を見つけるために眼球の移植手術で視力を回復させてほしいと警察に依頼された時は、BJ自身の技術を以てしても5分しか視力が戻らないため、二度も視力を失う苦しみを味わうことになるとして、手術を拒否している[6](第44話『目撃者』)。
自らを「命を何よりも大切に思う男」と称しているが、それは生きようとする命をさす。第21話『その子を殺すな!』でも見受けられるように無頭児や脳死患者など、生きる意志が失われた命を救おうとはせず、むしろ命を絶っている。ただし脳死判定の難しさについてのエピソードもある。
一緒に暮らしているピノコに対しては突き放したような言動を取ることも多いが、実際には彼女の無茶なワガママを聞いてやるなどして結構甘い。もっともブラック・ジャックの「おくたん(奥さん)」を自認するピノコは、自分を娘として扱うその態度に不満な様子。原作においてピノコ登場前はほぼ無表情な性格だったが、ピノコ登場後はやや表情もやわらかくなっている[7]。
女性関係に対しては(ピノコは別として)、はっきり恋人関係であったことが語られているのは医局員時代の同僚の如月めぐみだけである(第50話『めぐり会い』)。他に、自分が手術した患者などの女性に想いを寄せられることは多いが、いずれもクールに断ったり、相手の前から姿を消したりしており恋仲にはなっていない。ただ、一時ブラック・ジャックは如月めぐみ以外に、冷酷にメスを振るうことから「ブラック・クイーン」の異名を取る女医、桑田このみに想いを寄せたことはある。しかし恋人がいると知り、「ジャックからクイーンへ」と書かれた手紙を渡さず破り捨てるエピソードがあった(第57話『ブラック・クイーン」』)。その後のエピソードで、桑田このみは終電車でブラック・ジャックと再会したことがある。既婚である彼女がブラック・ジャックに自分の想いを告白するが、ブラック・ジャックは「確かに、私はあなたが心に焼き付いたことがありますがね、それももう過ぎた話です」と丁寧に断った(第199話『終電車』)。
年齢についてはシリーズ中ではっきりと示されたことは一度もなかった。ただ、爆弾事故にあって瀕死の重傷を負ったときの年齢が“8歳”であることは数回明示されている。そのことと作中で何度か示された「爆弾事故は○○年前」という言及から、おぼろげに年齢の推測はつく。第202話『20年目の暗示』では、爆弾事故は“20年前”と語られている。よって、この時点ではブラック・ジャックの年齢は28歳と設定されていたと考えられる(手塚がブラック・ジャックの年齢を28歳と決めたのは、当時担当だった2代目の担当編集者の年齢にちなんだと言われる)[8]。また、第233話『骨肉』では爆弾事故が“25年前”と語られており、この時点では年齢は33歳ということになる。以上の点から、シリーズ中では彼の年齢は20代後半から30代半ばぐらいであったと推定できそうである。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
間黒男とは?(ブラック・ジャック)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

主人公。無免許医師だが、手術の腕前は世界一といわれる天才外科医。だが、法外な報酬を請求することで有名。(弱者からは一銭も取らないことがある)愛想がない冷酷な性格に見えるが、生きる意欲を持っている患者には優しい。

年齢

30(前後) 歳

性別

通り名

ブラックジャック

趣味

読書

好きな食べ物

お茶漬け/カレー/ラーメン/寿司

声優

大塚明夫

俳優

加山雄三/隆大介/本木雅弘/岡田将生

血液型

O 型

髪の色

黒/白

髪型

前髪と襟足が長い

職業

医師

配偶者

ピノコ(ピノコ称)

兄弟・姉妹

小蓮(異母妹)
無免許の天才外科医!ブラック・ジャック「間黒男」の魅力とは?『ブラック・ジャック』
【画像】間黒男(ブラック・ジャック)
 『ブラック・ジャック』は冷酷な医者がその類まれな才能で次々と病気を治していくアニメ。あのマンガの巨匠「手塚治虫」の作品がもとになっています。注目すべきはやはり主人公の「ブラック・ジャック」。今回はそんな、顔は二色で身体はツギハギ、どこから見ても「怖い」としか思えない彼の魅力についてご紹介いたします。
あの高額な治療費はどこへ!?
 彼が患者を治療する時、必ずウン千万~億の違法ともいえる治療費を要求します。もし原作の中の金額を合計したら、プロ野球選手が何人いてもその金額には及ばないでしょう。にも関わらず家はボロボロ。そう、実はこのお金は一切自分のためには使っていないのです。使う先は老人ホームへの寄付や自分に良くしてくれた人の墓となる島の購入。けがで職を奪われた人に、そっくりそのまま「これからの生活費にしなさい」と返してしまうことも。世の中であれだけ冷酷とけなされながらも、このような姿勢で働き続ける「ブラック・ジャック」。人間としても憧れます。
彼だって恋をする
 ぶっきらぼうな振る舞いばかりのブラック・ジャック。しかし、彼だって恋するのです。そのお相手は「如月恵(きさらぎめぐみ)」さん。雨の日には自宅からわざわざ傘を2本持ってきて、彼女の研究室付近に置いておく。チンピラたちに襲われそうになればどこからか現れて彼女を救う。一歩間違えればストーカーです(笑)。

 しかし、恵さんも彼の事を好きになります。ある日、彼女が子宮がんに侵されていることが判明。卵巣も含めてすべて切除しなければいけないので、手術後にはもう女とは言い難い状態・・・。当時学生だった彼は、教授たちの言うことも聞かず一人で手術室へ。「女のうちに言っておきたいことがある・・・」と彼女に告白。手術の間だけ2人は恋人同士でした。それから2人は男同士として付き合いを続けています。こんなに好きな人に思われるなんてどんなに嬉しいことかと、まるで少女マンガのように切ない話でした。
大切な友達
 なぜ彼の顔は二色なのだろう?そう思った人も少なくないのではないでしょうか。あれは友達からもらった大切な皮膚なのです。地雷で体中ばらばらになった彼の体を継ぎ合せていくうちに、途中でその皮膚が足りなくなってしまいます。手術医の本間先生が皮膚の提供を求めたなか、唯一提供してくれたのが「タカシ」という少年でした。タカシは孤児で、似たような境遇で育っています。

 結局その色黒のタカシの皮膚を使ったために彼の顔は二色なのです。ブラック・ジャックが大人になった頃には、顔を一色に戻せるほどに技術も発達していましたが、頑として治そうとはしません。「友達がくれた大切な皮膚だから、絶対に変えることはできない」のです。タカシは戦争に巻き込まれて亡くなり、その皮膚が形見となりました・・・。

 彼はお世話になった人たちに全力で尽くします。冷たいのは利己的な人間たちに対してだけで、そんな人間が多いゆえに冷たく見えてしまうのでしょう。卓越した医療技術で人の命を救い、その報酬すら人の為に使う。ぜひそんな“本当の「ブラック・ジャック」の姿”をご自身の目でお確かめ下さい。
(C)手塚プロダクション・読売テレビ

記者(じょにー先輩【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


間黒男についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ブラック・ジャックのキャラクター 一覧
193回
192回
191回
190回
189回
188回
187回
186回
185回
184回
183回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!