アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

目立たがる

メダチタガル

とっても!ラッキーマ...

0

pt

キャラクター紹介

声 - 岩永哲哉
初登場は第3話。もともとは普通の地球人で、洋一の同級生であり日本一目立ちたがる中学生。その目立つことへの執念は読心マシンで心を読んだ世直しマンも「目立ちたい!」の気持ちしか読めず、あまりに強い思いのため思わず驚いてしまったほどである。キザだが女の子にはもてない。家は貧乏で家族には弟と妹、そして手作りのダミーの翼をつけた馬の「ペガサス」がいる。兄弟のことはとても大切に思っており、2人を養うために万引きをしていた事があるのでスリの能力に関しては高い。その力は、頭で考えるより先に体が動くほど身に染みついており、自分でも知らないうちにスリを働いているため、心を読む能力すら通用しないほど。話が進むごとに家だけは豪華になっていく[1]。
格好が付かないことが嫌いで、ラッキーマンや努力マンより目立つために、違法なヒーロー製作所に頼んで人体改造を受けスーパースターマンとなる。[2]変身は「目立ータイ!」の掛け声とともに変身用の蝶ネクタイ「目立タイ(めだちタイ)」を装着することで行う[3]。が、戦闘能力は一切強化されていないため非常に弱く、普通星人はおろか地球人のタクシー運転手にもボコボコにされるくらいである。ラッキーマンですらできるビームの類、空を飛ぶ事も出来ない。唯一の武器である「スーパースターカッター」という星型の武器はたいへん鋭い切れ味を持っているが、重くてまともに扱えないという厄介なもの。これは後の秘密特訓である程度克服してはいるが、それでも原作最終話では意図せず洋一を殺してしまった。
幼少の頃からの極貧生活とヒーローになるための改造の影響により、細胞ひとつが1回で64個に分裂するようになり、たとえ跡形もなく消滅させられても細胞のひとつでも無事ならば瞬時に復活できるという不死身の体を持つ。ただし「立ち直りが異常に早い」だけであり、更に自分勝手な行動のために危険な場所や技の最初の犠牲者になる場合が多く、戦力としては全く役に立っていない。[4]当然、ヒーローの一員として加わることなど実力的に不可能なのだが、会長に対して粘り強くまとわりついた末に、ヒーロー認定証[5]を手に入れ、16人のヒーローたちの1人に加わることを成し遂げる。また、彼の行動はストーリーの展開を良くも悪くも一転させることが多い。
連載中自力で勝った事はほとんどない。[6]他のヒーローが倒した宇宙人を自分が倒したように振る舞うなど、ただ目立つことと手柄を独り占めすることしか考えない小悪党じみたキャラで、観客がいないという理由で一気に戦う気をなくしたこともある[7]。当初は、ちゃんとそれなりに活躍もしていたが、中盤以降は完全に役立たずになる。しかし、全3回行なった人気投票では必ず上位に入り、意外にも読者人気は高い。[8]涙もろいところがあり、悲しい過去の回想シーンなどでは必ず大泣きしていた。
努力マンとは信念の違いから折り合いが悪い[9]が、仲の良い一面も。聖・ラマンに惚れているが本人からは煙たがられている。
一生に1度だけ、怒りによって『ホットスパー・スターマン オン ファイヤー』になる事が出来るが、背中の『目立』が『日立』に変わり、体が炎に包まれるだけで、特に何も起きず、ほんの数秒で解除される。
序盤は色々な技の名前をよく自分の技のように言っていた。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
目立たがるとは?(とっても!ラッキーマン)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

日本一目立ちたがる中学生!スーパースターマン「目立たがる」の魅力『とっても!ラッキーマン』
【画像】目立たがる(とっても!ラッキーマン)
 1993年から1997年まで、「週刊少年ジャンプ」にて連載された『とっても!ラッキーマン』。ヒーローギャグ漫画で、同時期にテレビ東京系列でアニメ化もされた作品です。作中には様々なヒーローが登場しますが、その中で「ラッキーマン」「努力マン」に次いで三番目に登場したヒーローが「スーパースターマン」であり、その人間としての姿が、今回ご紹介させていただく「目立たがる(めだちたがる)」です。
変身前の地球での姿「目立たがる」
 洋一のクラスメートであり、日本一目立ちたがる中学生として漫画では第3話から登場する「目立たがる」ですが、実は「目立たがる」としては、努力マンよりも先に登場しているのです。最初は、たくさんの事を知っている物知りキャラでしたが、自分にはお姫様が必要な事に気付き、ヒロインの「奇麗田見代(きれいだみよ)」に告白。しかし、見事振られてプライドが崩壊します。

 その後、ラッキーマンのようなヒーローになり見返してやりたいと思い、違法ヒーロー製作所で改造手術を受け「スーパースターマン」になりました。他のヒーローとは違い、勝手に地球上の技術でヒーローになった異色な存在です。彼の全ての行動の根源は常に「目立ちたいから」。この類まれな行動力は彼の魅力のひとつと言えるでしょう。
ヒーローに変身しても・・・弱い!
 目立ちたがるはスーパースターマンに変身しても、インチキな人体改造なため、全く強くなりません。ヒーローの基本能力である空を飛ぶ事すらできず、必殺武器のスーパースターカッターだけはまともな武器なのですが、重すぎて毎回相手に届かずに終わります。もちろんヒーロー協会からも正式に認められていません(後にヒーロー認定証を貰い、正式なヒーローとなります)。ちなみに、突然クラスメイトの前で変身したので正体はばれています。変身方法は「目立タイ」という蝶ネクタイを付ける事。変身後、「目立ちータイ!」と叫びながら参上します。これはアニメ版でもおなじみです。
役立たずだが憎めない
 スーパースターマンは、その姑息な性格とは対照的に、家が超貧乏で地味な暮らしをしており、内職をしながら弟と妹を支えているという兄弟想いの一面も持っています。また、意外に涙もろく、人の苦労話にはすぐに感動して力を貸したりも。世直しマンに絶体絶命な状況に追いつめられた際には、簡単に敵に寝返ったラッキーマンに対し、最後まで闘いを挑んだり(目立つためとはいえ)と、なかなか男気ある一面もある憎めない存在です。

 スーパースターマンこと「目立たがる」はアニメでも登場し、準レギュラーとして大活躍します。アニメで聴けるド派手なテーマソングもおすすめ。是非、一度ご覧になってみてください。
(C)ガモウひろし/集英社
 >>> 『とっても!ラッキーマン』の関連アイテムやグッズ一覧

記者(メルジャ【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


目立たがるについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>とっても!ラッキーマンのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!