アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

アマゴワクチン

アマゴワクチン

みどりのマキバオー

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声優 - 松本保典
生年月日・1993年4月1日。父ホラフキー、母メリークリスマス、母父カツラダヨー。栗毛。栗東トレーニングセンター(以下栗東と略す)・立原久雄厩舎所属。主戦騎手・山中馬之助。馬主・尼子晴義。生産者・守山牧場。生産地・北海道新冠町。
二冠馬ピーター II の全弟。スタミナと長距離に強い適性を持つ。デビュー時は自分に自信がなく敗退を続けていたが、故障した兄ピーター II より三冠の夢を託され、打倒カスケードを目指し朝日杯でマキバオー、カスケードと対決し、カスケードには2着に敗れるがマキバオー、カスケードを含んだ三強として認められる。4歳時は共同通信杯4歳ステークスで骨折し、完全に仕上がることなく臨んだ皐月賞ではマキバオーらのスタミナを奪うペース操作を行うが、最後の直線でカスケード、マキバオー、サトミアマゾンに勝負を挑もうとしてジョッキーに制止され着外に終わる。その後は脚を治療する為放牧に出され日本ダービー出走は断念。復帰戦は兄が骨折した函館記念。この函館記念と、兄も出走するはずだった神戸新聞杯を連勝して菊花賞に挑み、地元の利と長距離適性を生かしてマキバオー、サトミアマゾンを下し、ついに悲願を達成する。有馬記念後はドバイへの海外遠征に参加、桁違いの長距離(4000メートル)レースでエルサレムと対戦したが、トゥーカッターの援護を受けたにもかかわらず海外勢の桁違いのスタミナを見せ付けられ、4着に終わる(最後の直線が坂だったので、坂の苦手なワクチンには不利だったという見方もある)。その後は有馬記念3着、翌年(6歳)の天皇賞(春)を優勝、天皇賞(秋)はブリッツと大接戦の末2着、有馬記念5着、7歳の宝塚記念(6着)後の調教中に屈腱炎を発症し引退した。引退後のシンジケートは一口1000万で組まれていた。続編の『たいようのマキバオー』では、カスケード同様に種牡馬として名前が登場している。作中では馬主が尼子氏であるために名前がつけられた。
アニメ版の最終回では5歳時の有馬記念でもマキバオー、カスケード達との競走に挑む。
性格は冷静沈着でマキバオーともよく談笑するなど親しみやすい性格だが、その内には熱い闘志を秘めている、また兄と同じく血統的に脚部不安の傾向があるらしい。
長距離適性とスタミナを活かし、レースでは逃げをとることが多く、変幻自在のペースでライバルを翻弄する。差すこともできなくはないが、カスケードやマキバオーに比べてキレは劣るようではある。体重が重く、坂を少し苦手としている。勝ったG1はいずれも長距離で直線で坂のない京都であった。ダートレースには出ていないが適性があるようなやり取りがたまにある。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【アマゴワクチン】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【アマゴワクチン】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

アマゴワクチンについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>みどりのマキバオーのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!