アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:emeraldさん

柳生宗朗

ヤギュウムネアキラ

百花繚乱シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 平川大輔
武應学園塾高等部の男子生徒。16歳。塾併設の柳生道場師範であった父・宗義の失踪後、在校生ながら師範代に任命され他の塾生に剣術を指導している(アニメ版では父について語られておらず、学園にも生徒としては登録されていない。また、真陰流の免許皆伝をしている)。
生徒会執行部の容赦無い豊臣狩りに対しては個人的に反対であるものの、生徒会の要職に在る徳川家の子女とは幼少の頃からの交友関係も有り積極的に異を唱えることはせず距離を置く姿勢を取っていた。しかし、そうした姿勢が非協力的であるとみなされ道場の明け渡しを生徒会より命じられる(アニメ版では幸村と又兵衛をかくまったこととして生徒会から襲撃を受ける)。十兵衛の降臨後は、幸村にそそのかされる形で生徒会に豊臣狩りを止めさせるため反生徒会の旗幟を鮮明にし、実質的なリーダーとなっている。
現在は父が失踪しているため表柳生家の実質的当主。しかし柳生家の歴史についてはそれほど詳しくはなく、裏柳生の存在も知らなかった(宗義が話さなかったせいであるが)。義仙によると「あったかいところで育った甘い坊ちゃん」。
本来は徳川将軍家の男子にしか現れることのないはずの将の力を持っており、現在6人の士(と1匹)と契約している(アニメ版第1期では、3人だけ)。また彼の将としての力はイレギュラーな要素があり、慶彦もその力を欲しがっている。
基本的に温和な性格であり、たとえ自身が殺されるような場面であろうと殺生を好まず、困っているようならば敵味方関係なく誰にでも手を差し伸べることから周囲からは甘すぎると評されながらもどこか憎むことの出来ない人柄をしている。男女交際にあたっての知識や恋愛などに関することは非常に疎く、道場の面々やニアから好意を寄せられているも気付いていない。また、自身の気付いていないところで好意を寄せられていることから、兼続から「第六天色魔」「野獣宗朗」などと呼ばれている。
幼いころから鍛えていたため体は引き締まっており、慶彦とはまた別の魅力を持っている。
武器は極一般的な大太刀であるが、士や剣姫の攻撃を受けても折れることはなく刃こぼれも見受けられないため、なかなかの業物のようである。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

emeraldさん
0 pt
emeraldさん
0 pt
emeraldさん
0 pt
emeraldさん
0 pt
emeraldさん
0 pt
emeraldさん
0 pt
emeraldさん
0 pt
emeraldさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



柳生宗朗についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>百花繚乱シリーズのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!