アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:さるすべりさん

フェイ・ヴァレンタイ...

フェイヴァレンタイン

カウボーイビバップ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

1994年8月14日、地球生まれの23歳(実年齢77歳)。身長168cm、体重46kg。血液型はB型。本作のヒロイン。元イカサマ師の賞金首(スパイクとの接触時はカジノのディーラー)。第3話でビバップ号と関わり、なし崩し的に賞金稼ぎとしてスパイクたちと付かず離れずの関係を持つようになった。性格は極めて享楽的で、金に非常に強い執着心を持つギャンブル好きの浪費家。特技はイカサマ博打だが、荒事に関してもかなりの物で、相当の修羅場を踏んでいる(警察から、600万ウーロンの賞金をかけられている)。愛用する銃はグロック30(.45ACP)。2本のガンアームを持つ戦闘機「レッドテイル」を所有している。2014年の自家用宇宙船事故での怪我が原因でコールドスリープの処置を受け、54年後の2068年(3年前)に覚醒。しかし当時の記憶を全て失っており、さらに彼女の個人データも、コールドスリープ前後に起きた月ゲート爆発事件による社会混乱で失われていた。自分が何者かさえわからないという状態となり、いわれのない高額な医療費に加え、詐欺師の借金までも負うこととなり、逃亡。作品中ではその過去が徐々に明かされてゆくこととなる。Session#24で完全に記憶を取り戻す。大邸宅で暮らす良家の娘だったがシャトルの事故で植物人間状態になっていた。かつて暮らしていた自分の家を探し当てるも、既に廃墟となっており、自分にはもはや帰る所は無いと知る。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
フェイ・ヴァレンタインとは?(カウボーイビバップ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

元イカサマ師の賞金首。なし崩し的に賞金稼ぎとしてスパイクたちと付かず性格は離れずの関係を持つようになった。めて享楽的で、金に非常に強い執着心を持つギャンブル好きの浪費家。

年齢

23 歳

性別

特技

イカサマ博打

声優

林原めぐみ

星座

獅子座

身長

168 cm

体重

46 kg

血液型

B 型

髪の色

傲慢なのに憎めない!?眉目秀麗の女賞金稼ぎ「フェイ・バレンタイン」の魅力『カウボーイビバップ』
【画像】フェイ・ヴァレンタイン(カウボーイビバップ)
 漁船を改造したおんぼろ宇宙船『ビバップ号』で、2071年の宇宙を旅する賞金稼ぎ(カウボーイ)達の活躍を描いたSFアニメ作品『カウボーイ・ビバップ』。今回ご紹介する「フェイ・バレンタイン」は、とある事件をきっかけにビバップ号に居座るようになった女賞金稼ぎです。居候の立場であるにもかかわらず、ビバップ号での振る舞いは傲慢そのもの。潔いまでの我儘っぷりと、その裏に隠されている「寂しさ」こそが彼女の魅力なのです。
ヒロイン(?)なのに裏切り、出し抜き当たり前!
 ビバップ号でのフェイの立ち位置は、最初は「つかず離れず」という微妙なものでした。仲間かというとそういうわけでもなく、自分の都合の良い時だけスパイク達を仲間と言い、好きな時に出て行き好きな時に戻ってくるのです。ジェット曰く「鉄砲玉でいつ戻ってくるかわかりゃしねぇ」と評されています。

 賞金稼ぎとしての仕事では、スパイク達を出し抜くこともありますし、協力して賞金首を追い詰めることもあります。とある理由により多額の借金(スパイクとジェットが引くレベル)を背負っており、お金への執着は人一倍ですが、賞金の分け前を受け取った途端にカジノへ行くなど、ギャンブル好きな性格と浪費癖でいつもお金には困っています。ギャンブルの勝率は良くはなさそうですが、イカサマの腕前はかなりのもの。足首のアクセサリーでサイコロの目を操作するといったイカサマを使い、半丁博打でジェットの身ぐるみを剥ぐなど「見抜けない方が悪い」というスタンスで悪びれる様子もありません。
「女は生きているだけで偉いのよ」
 ビバップ号内での振る舞いはまさに傍若無人。貧乏で食べ物が無い時にはアイン用のドッグフードを強奪し、「女は生きてるだけで偉いの」と言い放ち食べてしまいます。

 何故彼女はそんな歪んだ性格になってしまったのか?それは、彼女が過去に騙され、多額の借金を背負ったことにも関係しているのでしょう。彼女がスパイク達を含め、他人に対して不遜な態度を取るのは、ある種の自己防衛のようなものなのかもしれません。裏切られるくらいなら裏切る、騙されるくらいなら最初から信用しない。自分を強く見せようとする中で時折垣間見えるそんな弱さが、フェイの魅力をさらに引き立てます。
「自分の居場所」を探す理由
 スパイク達とフェイが出会った頃、彼女は1か所に留まることのできない「ジプシー」を自称していました。実際にはそれは嘘だったのですが、物語を全て見終えた後になると、その嘘は自分に言い聞かせるためのものだったようにも思えます。

 その理由は、フェイがとある「特殊な事情」により記憶を失っているため。その「特殊な事情」は彼女の抱える莫大な借金の理由の一つにもなっています。自分が何者であるか、どこに帰るべきなのかわからない。そんな彼女にとってビバップ号やスパイク達仲間がどんな存在だったのか、それは物語の終盤にフェイ自身の口から語られます。

「あたし・・・記憶戻ったの。でも・・・良いことなんて何もなかった。帰る場所なんて・・・どこにもなかった。ここしか帰る場所がなかった!」

 そう、ビバップ号はフェイにとって、記憶も無く、(少しネタバレになってしまいますが)知り合いもいないこの時代において、唯一の「帰る場所」になっていたのです。「帰る場所」とはつまり「心休まる場所」に他ならないのではないでしょうか。はねっ返りで性格も傲慢、いつも文句と愚痴ばかり言っている彼女ですが、それでもビバップ号に戻ってきたフェイ。ビシャスとの戦いに赴くスパイクを本心から止めようとするフェイ。素直になり切れない女性が本心をさらけ出す瞬間は、とても魅力的で、どこか悲しささえ感じさせられます。

 フェイの魅力は、彼女の過去が紐解かれていく中でどんどんと増していきます。15話の「マイ・ファニー・バレンタイン」、18話の「スピーク・ライク・ア・チャイルド」、23話の「ハード・ラック・ウーマン」は、フェイの過去と記憶について深く関わってくる話となっています。美しく利己的で謎の多い女。それが「フェイ・バレンタイン」なのです。
(C)サンライズ

記者(サイコロ親分【公式】さん)

関連画像

とあんさん
0 pt
まめたんさん
0 pt
ブラームスさん
0 pt
シンさん
0 pt
うり坊さん
0 pt
エリーさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



フェイ・ヴァレンタインについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>カウボーイビバップのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!