アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:sophieさん

ジェット・ブラック

ジェットブラック

カウボーイビバップ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

2035年12月3日、ガニメデ生まれの36歳。身長188cm、体重90kg。血液型はA型。スパイクの相棒。スパイクとは対照的な筋骨隆々の巨漢で、顎鬚禿頭。左腕は義手。その強面から一度賞金稼ぎではなく、賞金首と間違われた事がある。性格は几帳面であるものの、優柔不断な面も持つ。几帳面な性格と外見のため、しばしば年齢以上に老けて見られることを少し気にしている。料理を得意とし、盆栽という趣味を持つ。ワルサーP99(9mmモデル)を愛用し、小型宇宙漁船のキャッチャーボートを改造した「ハンマーヘッド」を所有している。以前はI.S.S.P.に所属しており、喰らい付いたら離さない「ブラックドッグ」の異名を持つほどの凄腕刑事であったが、ある事件を契機に退職。その際のトラブルで左腕が義腕となった。左腕の生体再生も可能らしいがそのままにしている。現在は、惑星間漁船を改造した「ビバップ」号の船長として日々賞金首を探している。名前の元ネタは英国のロックバンドストラングラーズの同名ドラマージェット・ブラック。

出典:wikipedia

誕生日:12月3日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
ジェット・ブラックとは?(カウボーイビバップ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

スパイクの相棒。スパイクとは対照的な筋骨隆々の巨漢で、顎髭禿頭。左腕は義手。性格は几帳面な性格と外見のため、しばしば年齢以上に老けて見られることを少し気にしている。

年齢

36 歳

誕生日

12月3日

性別

声優

石塚運昇

星座

射手座

身長

188 cm

体重

90 kg

血液型

A 型

髪の色

ビバップ号のオーナー!スパイクの良き相棒「ジェット・ブラック」の魅力とは?『カウボーイ・ビバップ』
【画像】ジェット・ブラック(カウボーイビバップ)
 漁船を改造したおんぼろ宇宙船『ビバップ号』で、2071年の宇宙を旅する賞金稼ぎ(カウボーイ)達の活躍を描いたSFアニメ作品『カウボーイ・ビバップ』。このビバップ号のオーナーで、主人公スパイクの良き相棒が、今回ご紹介する「ジェット・ブラック」です。筋骨隆々の体に禿げた頭、髭面のオヤジ臭いキャラなのですが、いつもめちゃくちゃな行動ばかりするビバップ号の面々を、時には諌め、時には全力で支援する、作品には欠かせない人物です。
料理からメカニックまで何でもこなす渋い男
 『カウボーイ・ビバップ』を語る上で外せないのが、第1話の冒頭で出てくる料理です。その料理とは「肉抜きチンジャオロース」。「肉が入ってねぇチンジャオロースはチンジャオロースとは言わないんじゃないか?」と言うスパイクに、「金がねぇ時は言うんだよ」と答えるジェット。初っ端から交わされる、この二人の軽妙なやりとりこそが『カウボーイ・ビバップ』という作品の根底なのだと思います。

 SFという世界観にもかかわらず、エプロン姿で料理をし、生活感あふれる姿を見せてくれるところなど、この作品が、視聴者達の現実とどこか繋がっているという事を感じさせてくれる・・・、そんな大切な役割を果たしていると感じます。

 料理の他にもビバップ号でジェットが担っている仕事は沢山あります。第2話以降、ビバップ号に乗りこんだ犬(ウェルシュコーギー)アインの世話や、スパイクやフェイの戦闘機の整備、スパイク達がビバップ号に持ち込む様々なものの解析等です。結局のところ、スパイクやフェイが面倒くさがってやらない事を、全部ジェットに押し付けているだけなのですが、それを全て受け止めてしまうほどに懐の広い男、それが「ジェット・ブラック」なのです。
「浪花節」「男の生き様」が似合うオヤジ
 ビバップ号の最年長者であるからこそ、彼はこれまでに様々な経験をし、それを自分の中で「受け入れて」生きているように感じます。それは、過去を清算しようとするスパイクや、過去を失ってしまったフェイとは対極に位置するキャラクターとして描かれているのではないでしょうか。カウボーイという大人になり切れない「ならず者」達の中において、ジェットは「物分りの良い大人」の立ち位置なのです。

 例えば、第10話「ガニメデ慕情」では、「ジェット」の過去について初めて言及されています。「ジェット」の故郷ガニメデにビバップ号が立ち寄った際、「ジェット」はかつて一緒に暮らし、ある日忽然と彼の前から姿を消した女性「アリサ」と再会します。「アリサ」が何故自分から離れていってしまったのかを知ろうとする「ジェット」。しかし「アリサ」は既に若い男と付き合っており、その男のために破滅的な道を辿ろうとします。そして、かつて愛した女性と今の男を「ジェット」は厳しく追い詰めるのです。その厳しさこそ、「ジェット」にとっての「アリサ」への優しさ。物語のラストで、止まってしまった時計をガニメデの海に投げ捨てる彼の背中は、寂しそうではありますが、哀愁と共に「ジェット」のあらゆる物事に対する潔さを感じさせてくれました。
喰らい付いたら離さない「ブラックドック」と呼ばれた警察官
 また、「ジェット」はカウボーイになる以前、I.S.S.P.と呼ばれる警察組織で働いていました。彼の右腕が義手なのは、その頃のとある事件のせいで、第16話「ブラックドック・セレナーデ」でその過去が明かされます。この16話に対する次回予告は「ジェット」が一人で担当し、こう言います。

「子供は見ない方が良い。女性もよした方が良い。それに、若い男も見ない方が賢明だ。次回『ブラック・ドック・セレナーデ』・・・オヤジだけは見てくれ」

 なんでしょう、この次回予告は。カッコいいにも程があります。警察時代、喰らい付いたら離さない「ブラックドック」と言われたジェットは、この16話で再び警察時代の相棒と、彼が最後まで捕まえようとしていた凶悪犯罪者に出会います。かつての相棒ファドと共に、彼の右腕を奪った殺し屋ウダイを追い詰めるジェット。あの日、彼の左腕を奪ったものは何だったのか、そんな過去の真相と因縁への決着を付けることになります。

 警察を辞め、カウボーイとして生きる彼の中には、やはり今でも警察官としての「流儀」が滾っているのだと分からせてくれる、ビバップの中でも最高に渋い話になっています。

 個性の強いビバップ号の面々の中では決して主張も強く無く、どちらかといえば無茶ばかりするスパイクやフェイを窘める立場である「ジェット・ブラック」。そんな彼の姿は、まるでビバップ号メンバーの「保護者」のようにも感じられます。自身を古いタイプの人間であると自覚しながらも、その不器用さを曲げることなく、自分の「流儀」を背中で語る。「ジェット・ブラック」はそんな渋くてカッコいいオヤジなのです。
(C)サンライズ

記者(サイコロ親分【公式】さん)

関連画像

千里さん
0 pt
大和さん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



ジェット・ブラックについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>カウボーイビバップのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!