アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:ほたるさん

檜山ひかる

ヒヤマヒカル

きまぐれオレンジ☆ロ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

1971年11月15日生まれ。初登場時、高陵学園中等部1年。右目下にある泣きボクロとボーイッシュな栗色ショートヘアが特徴の、底抜けに明るい性格の少女。恭介、まどかとは2学年下でまなみとくるみの同級生。まどかの幼馴染であり、一人っ子であるためまどかを姉のように慕っている。恭介が一人でいる体育館の中で超能力使ってスーパーロングシュートを決める姿を偶然見かけたことで、スーパースポーツマンという誤解から恭介に好意を抱くようになる。恭介へのアプローチも非常に積極的で、所構わず恭介に抱きつく。恭介とまどかが惹かれあっていることは全く気づいていない。まどかと見た目も性格も正反対のタイプであり、単純素直で明朗活発、場を明るくするムードメーカーなところもある。勉強はあまり出来ず、くるみとどっこいどっこい。二人で追試を受けたことも。音痴であり、歌がヘタ。まどか同様最初は不良だったが、恭介に出会ったことで時々不良っぽい言動は出るものの、改心した。その明るい性格から小松や八田、くるみなどの恭介の周辺人物からも気に入られ、受け入れられている。幼少のころは女の子らしい服装にスカート、肩までのセミロングなどかわいらしい外見であったが、ある人物と出会ったことが切っ掛けで、ショートカットのボーイッシュへと変わっていった。

出典:wikipedia

誕生日:11月15日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
檜山ひかるとは?(きまぐれオレンジ☆ロード)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

高陵学園中等部1年。右目下にある泣きボクロとボーイッシュな栗色ショートヘアが特徴の、底抜けに明るい性格の少女。勉強はあまり出来ず、くるみとどっこいどっこい。

誕生日

11月15日

性別

声優

原えりこ

星座

蠍座

髪の色

学校・会社

高陵学園中等部

職業

中学生
先輩の為ならなんだってできる!?元気いっぱいな美少女「檜山ひかる」の魅力『きまぐれオレンジ☆ロード』
【画像】檜山ひかる(きまぐれオレンジ☆ロード)
 『きまぐれオレンジ☆ロード』の「檜山ひかる」は、物語のヒロインのひとりで、薄い色のショートカットが特徴のボーイッシュな美少女です。最初は、主人公「春日恭介」の事を嫌っていたのですが、ひょんな事から好きになり、その後は「春日恭介」一筋になります。常に明るく元気いっぱいな健康的な美少女。今回は、そんな「檜山ひかる」についてご紹介したいと思います。
最初は嫌っていたが…
 この物語のもう一人のヒロインである「鮎川まどか」と小さいころから一緒に行動していた「檜山ひかる」。「鮎川まどか」は一時不良と呼ばれた事があるのですが、その時は一緒に不良となりました。そんな時に「春日恭介」と出会います。姉貴分であり親友である「鮎川まどか」に馴れ馴れしく話す頼りなさそうな「春日恭介」を見下していたのですが、「春日恭介」が超能力で、座りながら反対側のバスケットボールのゴールにシュートする場面を偶然見てしまい(春日恭介は超能力が使えます)、「檜山ひかる」は「春日恭介」を動神経抜群なスポーツマンと勘違いし、べた惚れとなってしまいます。
先輩一筋
 「檜山ひかる」は惚れると一直線となる性格で、「春日恭介」一筋となります。姿をみかければ「せんぱーい」と飛びつきますし、お弁当を作ってきたり、かわいく見られるように不良っぽいしぐさをやめたり(不良だったのは本人も黒歴史と思っているようです)、とにかく「春日恭介」を振り向かせるために、あの手この手を尽くします。

 そんな彼女の頑張りに、本当は「鮎川まどか」のことが好きな「春日恭介」も「檜山ひかる」にふらふらと行ってしまう事もありました。しかし、春日恭介が優柔不断なこともあり、なかなか進展しませんでした。
春日恭介と出会い変わったこと
 「春日恭介」と出会った事で、彼女はかなり変わりました。出会う前は、不良の「鮎川まどか」の妹分として敬遠されていましたが、「春日恭介」と出会い、振り向いてもらうため不良っぽい部分を捨てた結果、元々の明るく人懐っこい性格が前面に出て、「春日恭介」だけでなくその周りからも可愛がられるようになります。「春日恭介」により、「檜山ひかる」は本来の自分を取り戻せたといえるでしょう。
純粋な思いは不快に思わない
 実は、恭介と鮎川はお互い好きあっており、本来なら「檜山ひかる」の出番はなかったのですが、それらの思いに気付かないまま、「檜山ひかる」は恭介一筋になってしまいます。しかも、その事を鮎川に相談したりと、鮎川を悩ませるのです。普通なら「檜山ひかる」のような存在は、恋愛作品によくいる“恋敵”として嫌われるのですが、恭介に対する思いが、あまりに一筋で純粋なため、不快に思う人は少なく、これも「檜山ひかる」の人柄によるものではないでしょうか。

 「鮎川まどか」は、80年代を代表する美少女キャラクターのひとりとなりましたが、「檜山ひかる」も人気のあるキャラクターでした。ボーイッシュなキャラクターに限れば、上位に入るかもしれません。その後出てくるボーイッシュなキャラクターの多くが明るく人懐っこいのは、もしかすると「檜山ひかる」の影響だったのかもしれません。
(C)まつもと泉/集英社

記者(しゅるま【公式】さん)

関連画像

よしさん
0 pt
windyさん
0 pt
ケイさん
0 pt
児玉さん
0 pt
かおるさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



檜山ひかるについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>きまぐれオレンジ☆ロードのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!