アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:はるかさん

堂上篤

ドウジョウアツシ

図書館戦争

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 前野智昭/演 - 岡田准一(V6)
『怒れるチビ』。27歳。身長165cm。防衛部・図書特殊部隊所属。二等図書正(後に一等図書正)。郁、小牧、手塚を擁する班(4人は隊内でも最少人数)の班長を務める、郁の直属の上官。班内で一番身長が低く、郁との口論の際(初期)に何度か「チビ」と言われている。12月生まれ。
小牧とともに図書大学校最終年度の卒業生の1人であり、図書特殊部隊隊員として、図書館業務・戦闘双方において優れた能力を発揮する。もともと、本質的には郁と同様「考える前に動く」という直情径行型の人間であったが、過去の経験や反省による自制心から、現在は常識や正論を重視し、理性でものを考えるやや堅物な傾向がある。そのため、かつての自分に似た郁の言動を見て「俺が捨てた物を後生大事に拾ってくるな」と内心でぼやくものの、郁に感化されて行動することもしばしばある。また当時の堂上を知る小牧は、度々2人を「似た者同士」「相性が良すぎて無茶が加速する組み合わせ」と評する。
郁には必要以上に厳しいが、内心では日々彼女の成長を喜び、誰よりも大切に思っている。責任感が強く面倒見がよい。性格・外見とも真面目で実直なため、外部の人間と接する必要がある場面では重宝されるが、真面目さが祟って部隊内ではいじられ役になることが多い(これは隊長および隊員の気質によるところも大きい)。しかし、からかいの度が過ぎると上官も先輩も後輩も同期もなく激怒する。口癖は「アホか貴様(ら)!」。仏頂面がトレードマークだが、ポーズであることがままある。
叱るときや褒めるときなどは、主として頭に対して行うことがマイルールであるらしく、ゲンコツ、叩く、小突く、撫でる、手を置くなどのバリエーションがある。手が届き難いときには書類などを丸めて行う場合もある(対手塚など)。また、ヘルメットを被っているときは例外として肩を叩くようだ。
実は郁の「王子様」である。郁の入隊面接時、面接官として同席していた堂上は、見計らい権限で救った少女だと気づいたものの、郁が語った「完璧超人」と言えるような当時の自分の美化されっぷりに、机から顔を上げられなくなった。この面接により、図書隊幹部及び上官たちは堂上がかつて救った少女が郁だと把握し、面白がった玄田の計らいにより、訓練期間の担当教官、及びその後も上官として郁の面倒を見ることになった。だが、自身による失態(見計らい権限の独断行使)が、郁を図書隊の中で最も危険な防衛部へ志望させてしまったことに深く責任を感じており、自分の目の前で傷つかれる前にリタイヤさせるため、当初はとりわけ郁を絞っていた。郁への気持ちには蓋をするつもりであったようだが、ごく稀に公私混同するような行動(手塚慧に会いに行った郁を強引に迎えに行くなど)や、郁が心細がっている際に手を握るなどの行動を取ることもあり、手塚以外の周囲にはバレバレである。
作家・当麻蔵人の大ファンで、『図書館革命』における亡命事件では郁とともに当麻の護衛に当たったが、最中に良化隊員の発砲により右大腿部を負傷したため、郁に任務の遂行を託した。長時間・大量の雨に当たって発症した低体温症と大量の失血のために一時は生死の境を彷徨ったが回復。無事任務を完了した郁の告白を受け入れて、交際を始める。最終的には郁にプロポーズし、『図書館革命』のエピローグで郁と結婚している。その後、郁の兄達から「兄妹喧嘩の際の決め技」として「投げっぱなしジャーマン」を教わっており、夫婦喧嘩の際は郁をベッドへ放り投げたり(郁は投げられることに慣れているので反射で受身を取る)、お姫様抱っこをしてからかったりすることがお約束になりつつある。また料理の腕は、新婚当初は郁と五分五分であったが、凝り性なため、現在では彼の方が凝った料理を出す(ちなみに、共働きのため食事は先に帰宅したほうが作ることになっている)。関西出身の父親に仕込まれたため、お好み焼きも得意。
家族構成は、父、母、妹。「静佳」という名前に反して野放図な妹に辟易しているが、何だかんだといって仲は良い。
「有川ワールドなんでもランキング」の「好きなキャラBEST10」では第1位を獲得。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
堂上篤とは?(図書館戦争)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

笠原郁たちの指導を担当する上官。実直で責任感が強いがゆえに新人図書隊員を厳しく叱り、恐れられている。班内で一番身長が低く、口論の際によく「チビ」と言われている。

年齢

27 歳

性別

通り名

怒れるチビ/鬼教官

声優

前野智昭

俳優

岡田准一

身長

165 cm

髪の色

髪型

短髪

学校・会社

図書隊

職業

図書特殊部隊

役職

堂上班班長

恋人

笠原郁

配偶者

笠原郁
怒れるちび!?厳しくも優しい理想の上司「堂上篤」の魅力とは?『図書館戦争』
【画像】堂上篤(図書館戦争)
 社会に悪影響を与える表現を取り締まるためのメディア良化法が制定され、激しい検閲がおこなわれる時代。『表現の自由』を守るために図書館は武装化し『図書隊』が設立され、図書隊とメディア良化隊の戦いは激化の一途をたどっていました。今回は、そんな激しい戦いの中、飛び込んできた笠原の上官かつ彼女を助けた王子様でありながら、笠原に対して常に怒号を飛ばす「堂上篤」の魅力についてご紹介いたします。
背が低いこと
 『怒れるちび』と二つ名が付いてるほど、背が低い「堂上篤」。それは彼の特徴のひとつです。現実の世界では“男性の低身長”はあまり好印象ではないかもしれませんが、彼の場合、その低い身長さえも魅力と言えるのではないでしょうか。

 小柄でありながら笠原を軽々と引っ張りあげたり、お姫様抱っこしたり(特殊部隊の飲み会で酔いつぶれた時など)と、小さいからこそその男らしさがより際立っています。よく身長の低いキャラクターは、自分が小さいことに対してコンプレックスを抱いていることも多いのですが、彼は作中にさほどコンプレックスに思っているような描写はありません。そういった器の大きさも、身長が低いという外見的な要素によって引き出されているため、背が低い事は彼にとってなくてはならない魅力だと思うのです。
部下思いの熱い男
 仕事に対してもですが、部下に対しても熱く指導が出来ること、それが彼の魅力のひとつです。あれだけ何度も怒れる上司・・・なかなかいないと思います。怒る、叱るという行為は本当にエネルギーを使いますから(笑)。

 ただ感情的に怒るのではなく、真剣に部下のことを思っている事が伝わり、理不尽に怒ることはありません(最初の方は公平じゃないと自分でも反省している場面もありましたが)。そしてアニメの第1話で、笠原と堂上の二人で蔵書損壊容疑者を確保した時も、笠原の甘さを叱りながらも、堂上自身も笠原を危険にさらしたことに落ち込むほど、本当に部下思いで面倒見の良い上司です。まさに理想の上司ではないでしょうか。
いじられキャラ
 そんな彼ですが、特殊部隊の中ではいじられキャラで有名です。笠原の王子様というネタだけでも部隊内でいじられたり、二人のくっつきそうでくっつかない関係を周りから温かく見守られたりと、彼一人と言うよりも笠原とセットでよくネタにされています。仲間にいじられる事に対しての反応がなんとも言えないほどかわいらしく、いじりがいがあり、そんなシーンには、ついついニヤニヤしてしまいます。アニメではなかなかいじられる彼を見る事が出来ないのですが、コミックのほうではそんな彼をたくさん見ることができます。

 原作の小説やアニメの他に、コミックスや映画もあります。上司としても男性としても本当に頼れる「堂上篤」。是非、彼の溢れる魅力に注目して『図書館戦争』をお楽しみください。
(C)有川浩/アスキ-・メディアワークス/図書館戦争製作委員会

記者(飛鳥シオン【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


堂上篤についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>図書館戦争のキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!