アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

荒岩みゆき

アライワミユキ

クッキングパパ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

(声:高山みなみ 演:櫻井詩月)
一味と虹子の長女。
美しい雪の日に生まれたことから、こう命名された。
第17巻で虹子の妊娠が発覚、しかし高齢出産であることから、帝王切開による出産で誕生した(第21巻参照)。現在(2013年3月)は小学6年生(第123巻COOK.1191)で、他の女の子に比べ遅かったが、初潮を迎えた(第114巻COOK.1102)。
母に似て賑やかでワイルドな性格。感動すると「うきゃー」と叫ぶ(虹子も若いころは叫んでいた)。テレビゲームや女の子向けの遊びは好まず、ヒーローもののテレビ番組や相撲を好むという、多分にボーイッシュな部分がある。
思春期ながら温泉に入浴するのは平気で、日田市の亀山亭ホテルで「きれいな夜景」「温泉はいいね~」と言っている。
鈍足な父や兄とは違って俊足を誇り、ソフトボールに出場した際は、それを活かして大活躍した。
保育園の卒園式や小学校の音楽祭(第107巻参照)など以外ではスカートをはいたことがない。髪型はショートカットで、男の子に間違われたこともある(第75巻参照)。普段は裸足でいることが多い。
兄のまこととは10歳もの年齢差があるが、兄妹仲はとても良い。
殆ど標準語の兄と違いところどころに九州弁がみられる。
わらび保育園に生後半年のころから預けられ、6歳まで通った。
保育園の頃は、泥遊びと絵が大好きで、特に人の顔を描いてプレゼントすることを喜びとしていた。これは小学生になっても変わらず、シンディの顔を描き、プレゼントしたことがある。小学校の授業では、図工のスケッチが終わらず、夢中でスケッチを続けて、次の国語に授業に突入したことや道草をして給食の時間に学校へ到着した(第72巻参照)ことなどがある。
好物はタマネギで、牛丼では牛肉よりもこちらを好んで食べるほど(第36巻参照)。母・虹子と同じくレバーが苦手で、一味の「レバーのパテ」すら敬遠してしまったが、田中と花田の考案した「トリレバーグ」だけは喜んで食べていた(第42巻COOK.420)。また、田中がハロウィンのパーティで使ったカボチャのマスクで脅かしたため、一時期カボチャが食べられなかった(第65巻COOK.636)。
握り寿司では海老を好む。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【荒岩みゆき】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【荒岩みゆき】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

荒岩みゆきについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>クッキングパパのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!