アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

ヤン・リー・カッター

ヤンリーカッター

ゴルゴ13

0

pt

キャラクター紹介

第110巻368話「天使と悪魔の腕」(アニメ版第50話)
声:内田夕夜
イリノイ州に住む若き天才外科医。不測の事故で右腕を負傷したゴルゴから、治療を依頼される。CDのレーベルのわずかな凹凸を読み取ってタイトルを識別できるほど繊細な指先の持ち主で、ゴルゴの腕に初めて触れた時には何がしか感応するものがあったらしく「なんだ、この男の腕は」と驚愕している。やがてゴルゴが、孤児だった自分に学費援助してくれた恩人であるサミエル・ビューリー・ワサン(声:井上和彦)の命を狙う狙撃手と知り、ワサンへの恩義と医師としての倫理との間で苦悩する。
ゴルゴはそんな彼の前から無言で姿を消し、ワサンの狙撃はヤンに治療された右手ではなく左手で行い、狙撃現場には左利き用にカスタマイズしたM16を残した。またワサン狙撃を依頼したイリノイ州知事候補のスタンツ(声:後藤哲夫)も、ゴルゴへの依頼を脅迫材料にするという「ルール違反」を犯したことで、制裁を受ける。この時には、ゴルゴはすでに完治した右手での狙撃を行い、現場に通常の(右利き用の)M16を残した。
ゴルゴのこうした行為を、ヤンは自分への「義理」だったのではないかと解釈した。他の登場人物はヤンの解釈に否定的であったが、状況としては、ヤンの恩人の殺害をヤンに治療された右手で行う事を避け、なおかつヤンに対してわざわざ右手が完治した事を報告した(あるいはヤンにとっては仇となる人物を、あえてヤンに治療された右手で殺害し、それを報告した)としか考えられない。
ゲーム「ファイルG13を追え」にも登場。日本で遣る事を終えて帰る最中に久我に出会う。日本文化の間違った知識を持っており、日本人全員が侍の子孫と勘違いしていた。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【ヤン・リー・カッター】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【ヤン・リー・カッター】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


ヤン・リー・カッターについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ゴルゴ13のキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!