アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

星ハルカ

ホシハルカ

逆転イッパツマン

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 幸田直子
第31話よりヒゲノ部長の秘書及び管理主任としてヒネルトジャー支社から赴任した女性。1975年3月17日生まれの24歳。豪と同じ超能力者であり、新イッパツマンのサポートを行う。名前の由来は『巨人の星』から。これは、同作で伴宙太の台詞を、演じていたコスイネン役の八奈見乗児に言わせるための、シリーズ構成の小山高男のお遊びである。なお、第46話では球四郎たちに捕らわれた豪に代わって彼女がイッパツマンとなって参戦したこともあった。ランとは対照的な大人の女性として描かれ、豪との息の合ったコンビでランをきりきり舞いさせる。当然ラン自身はハルカに対して嫉妬の炎を燃やすようになる。そして、豪と結婚をし、新婚旅行に旅立っている。これは敵を目を欺くために仕掛けた演技だったが、新婚旅行に旅立つ二人は幸せそうだった。物語が佳境に進むに従ってその過去が明らかになっていくが、最後の最後で彼女にまつわる大どんでん返しが描かれた。
ハルカは幼少の頃より超能力者(サイキッカー)であり、幼い頃はそれをテレビ番組などで見世物のように扱われていた。しかし、10歳の時に若い頃のヒゲノと出会い、「自分を大切にしなさい!」と叱責され、それ以来、人前で超能力を使うことは避けるようになった。その後、ヒゲノと共に国際平和機構のサイキック関連技術の開発に携わるようになるが、当初、それほど超能力の力は高くなかった。しかし、物語開始の8年前、当時16歳だった1991年7月18日を境に、急激に能力が向上していく。実は、7月10日から17日までの一週間、コルドーに拉致され、洗脳と能力強化を受けていたが、ハルカ自身はその間の記憶は一切なかった。最終話では国際平和機構・タイムリース社を裏切って、完成したサイキックロボットのデータをコルドーの元に運び、自らはイッパツマンの最大の敵として立ちふさがる。イッパツマンをかばうランの姿を目にして洗脳が解けるが、コルドーがさらなる能力強化を行った際、超能力限界点を超えてしまい(同時にアーマーが消失)、罪の意識からその場を走り去り、霧の中に消えていった。生死も含め、その後の消息は不明。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【星ハルカ】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【星ハルカ】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

星ハルカについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>逆転イッパツマンのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!