アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

コン・コルドー

コンコルドー

逆転イッパツマン

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 肝付兼太
シャレコーベリース社会長で、本作における悪トリオの親玉、というより黒幕。67歳。中国服姿の外観と声からはほとんど想像つかないが、れっきとした女性である。「いないいないバババー」と現れてはクリーン悪トリオにタイムリース社の営業妨害を行うように指令を下し、定番の台詞を残して去ってゆく。名前の由来は1982年当時存在していた超音速旅客機「コンコルド」から(コンコルドの異名「怪鳥」が「会長」とかけてある)。
優秀な社員は厚遇し、クリーン悪トリオなど無能と見なされた者でも実績を上げれば相応に評価するが、実績の上がらない者には月例支社長会議で茶も出さないなど冷遇する。自分の意に沿わない社員に対しては排除を行い、社員の離反に対しては容赦なく徹底的に処罰する。第57話で隠球四郎が反旗を翻した報いとして球四郎をタイム空間へ消し去るなど経営者としての冷酷非情な一面を見せる。
正体は地球人の宇宙進出阻止を目論む宇宙人であり、普段は変身術でコン・コルドーに、もしくはミンミンに化けていた。作品開始の8年前にヨウトホエール岬(名前の由来は「酔うと吼える」から)の近海に飛行可能な人工島を作り、そこを「1200番目の別荘」と称して実質的な本拠地にしていた。シャレコーベリース倒産後は8年前にすでに洗脳していたハルカを使ってイッパツマンを無力化し倒そうとするが、失敗。宇宙船で逃げ出そうとするところを三冠王が放った三冠アームガンで撃墜され爆死。彼女はタイムボカンシリーズ史上初めて、素性が(ある程度)明らかな状態で前線に参戦した黒幕で、異彩を放つ存在だった(厳密にはオタスケマンのゲキガスキーが前線に出た初の大ボスであるが、彼が真の黒幕であるという事実は終盤まで伏せられていた)。また、シリーズ史上、明確に死亡の描写がされたのは『ゼンダマン』のニャラボルタに次いで2例目となった。
コルドーがサイキックロボットのノウハウを手に入れ、地球人の宇宙進出を遅らせようとしたその理由は、「未だ欲深い地球人が宇宙に進出すれば、宇宙の多くが食い物にされてしまう」というものだった。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【コン・コルドー】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【コン・コルドー】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

コン・コルドーについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>逆転イッパツマンのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!