アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:じゅんじゅんさん

野原ひまわり

ノハラヒマワリ

クレヨンしんちゃん

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

1996年9月27日放送の「赤ちゃんが生まれたゾ」で誕生。誕生から名前が決まるまでのテロップ表示は「赤ちゃん」であった。埼玉県春日部市出身、在住。野原ひろしと野原みさえの下に生まれた0歳児だが、とても0歳児には見えない言動をしている。愛称は「ひま」「ひまちゃん」「ひーちゃん」。ちなみにひろしの愛称にも「(本マグロの)ひーちゃん」があり、親子2代で同じ愛称を持つ。一人称は「私」(通訳・2歳時・成人時)。ひろしの事を「パパ」、みさえの事を「ママ」、しんのすけの事を「お兄ちゃん」と呼んでいる(通訳・2歳時・成人時)。言葉は話せず、基本的に「たい」(「たいやい」)や「あ?」「う?」といった声を発するのみであるが、注意深く聞くと日本語を話しているように聞こえることがある。みさえのことを指差して、はっきりと「ペチャパイ」「オバちゃん」と言ったこともある。劇場版『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』では、謎の組織に追われ離散した野原一家が集合した際の合言葉としてひまわりには「キムチ」が割り当てられ、一家が集まった際は「キムチ」と明確に発音している。また、テロップなどでひまわり語を翻訳する時もある。しんのすけはひまわりの言葉が分かるらしく、通訳することが多い。名前が決定するまでのしばらくの間も彼女にまつわる話がつくられている。なお映画『暗黒タマタマ大追跡』の予告編において、しんのすけを「おにいたま」と呼んでいるテロップが付けられている。言葉を話すひまわりは劇場版の『超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』で初登場。立派に成長して国際警察の刑事になっている。なお、このシーンを皮切りに以降はアニメや劇場版での回想シーンで成長したひまわりが言葉を話すシーンがたびたび描かれている。声優は成長前と同じくこおろぎさとみ。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

emiさん
0 pt
れんさん
0 pt
せっぴさん
0 pt

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【野原ひまわり】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


野原ひまわりについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>クレヨンしんちゃんのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!