アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

橘菊理

タチバナククリ

11eyes

0

pt

キャラクター紹介

声 - 松田理沙 / 力丸乃りこ
9月8日生まれ。身長159cm、体重48kg。スリーサイズはB91/W58/H88。
美鈴と同じ虹陵館学園の3年B組で、駆たちと出会う前に彼女と出会い、協力して赤い夜を生き抜いてきた。
駆の姉である皐月菊理と同じ名前であり、まったく同じ容姿をしている。失語症で言葉を話すことができないため、常にスケッチブックを持ち歩き筆談によってコミュニケーションをとる(ボイスは一部のパートにのみ存在する)。13歳以前の記憶を失っており、現在は小説家である橘大輔に引き取られ生活している。
アブラクサスと呼ばれる天使の形状をした守護天使を、自身の魂を触媒として具現化、操作する。アブラクサスは拷問器具で拘束された姿をしており、体に纏わりついた鎖を射出することにより、敵を拘束、攻撃する。またある程度の治癒能力も有する。
スケッチブックを持ち歩いているため、特技はスケッチ(本人談)だが実際には幼稚園児クラスの絵しか書けない(このスケッチブックのイラストおよび文章を担当したのは鳴海ゆう[2]。)。
言葉を話せないため、感情表現は然程豊かな方ではない。だが妙に刺さる言葉を提示したり、たまにとんでもない爆弾を投下したりなど、性格には天然が入っている模様だが、割と図太い一面も。
彼女の正体は平行世界(駆が死んだ世界)の皐月 菊理本人で、記憶が無いのは自分で能力の大半と共に封じたため、彼女の能力の本来の力は"創造主"デミウルゴス。
封印していた間に蓄えられたその力は、右手は無から有を作り出し、左手は死者蘇生を可能にし命無き者に命を吹き込み、左目は他者の記憶からこの宇宙の始まりから現在までの過去を見ることが出来る。最後は駆の劫の目を取り込み、未来を見たり操作することが可能になり、神に近い存在となった。
最終決戦の直前にゆかが使った幻燈結界の力で記憶と力を取り戻し、その過去視の力でリーゼロッテの力の本質を知った。それ故、仲間を殺して虚無の欠片を消すことでリーゼロッテを弱体化して倒そうとするも、駆が劫の目の力を引き出してリーゼロッテを倒したため、その代わりに力の全てを使い世界を再生する。しかし、その力の強大さと引き換えに人として現世に存在することができなくなってしまった。それ故自分が存在したという記憶もデミウルゴスの力で消している。
すべてのルートをクリアすると(皐月)菊理ルートが解放され、菊理の視点で物語が始まる。菊理ルートをクリアすると「皐月菊理」と「アブラクサス」のクロスビジョンが解放される。このシナリオにて、デミウルゴスが意志を持ち菊理の幸せを願って菊理を人間として現世に送り出した。
ファンディスクで皐月 菊理が死んだ世界の駆とはDNA鑑定で完全に他人であると判定されている。
『11eyes -Resona Forma-』では菊理、栞シナリオ以外には登場せず、栞シナリオでは最終決戦で駆に加勢し、駆達と共に復活するという別の展開になっている。
OVAでは会話が可能になったが、爆弾発言が多いので美鈴に喋るなと言われてしまった。が、スケッチブックでも卑猥な絵を描いたりするので結局変わらなかった。

出典:wikipedia

誕生日:9月8日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【橘菊理】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【橘菊理】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

橘菊理についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>11eyesのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!