アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

シャロン・ヴィンヤー...

シャロンヴィンヤード

名探偵コナン

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

ベルモット(Vermouth) / シャロン・ヴィンヤード(Sharon Vineyard)
声 - 小山茉美
情報収集や暗殺、取引などのサポートを行う、組織の女性幹部。表の顔は、ハリウッドで活躍する自称29歳の人気二世女優・「クリス・ヴィンヤード(Chris Vineyard)」。「千の顔を持つ魔女」の異名を持つ、老若男女を問わない変装の達人であり、変声機を使わずに他人の声を模倣することもできる。"A secret makes a woman woman."(女は秘密を着飾って美しくなる)を常としている[注 37]。「神様」や「エンジェル」といった言葉をよく使用する。拳銃の扱いに長(た)けており、車のサイドミラーを見ながら正確に後方の細部を撃ちぬく技術を持っている。
組織内での階級はかなり高い地位にあり、ボスである「あの方」に特別目をかけられており、直接メールで指示を受けている。同じ幹部格であるジンにも一目置かれているが[注 38]、一方で組織の構成員にさえ貫くほどの秘密主義者としても知られているために、その動向が警戒されている。
組織のメンバーの中でも「あの方」から特別扱いされているのを良いことに、仲間を含めた自分以外の人間を見下した言動が多い。計画の中で仲間の構成員を平然と使い捨ての道具扱いするなど、自己中心的で冷酷な行動をとるため、組織の中では彼女を嫌っているメンバーが多く、次第にあの方からも警戒されるようになっている。笑いながら楽しむように標的を殺そうとする等、残忍な面を持っている。
本名はシャロン・ヴィンヤードで、ハリウッドでアカデミー賞を受賞した大女優。正確な年齢は不詳で、少なくとも40代を過ぎているはずなのだが、20年前から肉体の老化が見られない[注 39]。FBIには、過去にシャロンとして犯した捜査官(ジョディの父親)殺害および、クリスとの入れ替わりの証拠をつかまれており[注 40]、逮捕は妨げられている[注 41]ものの、要注意人物としてマークされている。特に父親を殺されたジョディからは根強く恨まれている。
役作りのためマジシャン・黒羽盗一(初代・怪盗キッド)の下に弟子入りして変装術を教わった過去があり、コナン(新一)の母・有希子とはその頃からの親友。日本人との関わりが多かったためか、アメリカ人ながら日本語にも長(た)けている。
クリス・ヴィンヤードはシャロンの娘とされているが、シャロンが彼女の正体であり、変装によって一人二役で活動していた。「外見を変装により取り繕いはしても、中身はしわくちゃの腐った林檎(りんご)」という皮肉と、彼女が大女優シャロン・ヴィンヤードとして演じ脚光を浴びたニューヨークのミュージカル「ゴールデン・アップル」から、FBIに"Rotten Apple"(ラットゥンアップル・腐った林檎)という標的名をつけられている。シャロンとして活動していた時期は、変装(老けメイク)と演技[注 42]によって歳をとっていたように見せながら、時期を見計らって本来の素顔で、シャロンの娘であるクリスを名乗りデビューし、一定期間二役[注 43]で活動した後、最終的には本編1年前にフェイクの葬儀を経てシャロンが急逝したことにして完全にクリスとして認知された。なお、クリスとの親子関係の他に、両親がシャロンの映画デビュー当日に火災で焼死し、夫もオスカー像獲得の翌月に病死したというプロフィールを有希子らに語っているが、娘の実在を含めて真実かどうかは定かではない。
クリスとしてピスコのサポートのため来日し、映画監督・酒巻昭を偲(しの)ぶ会に出席した際に引っかかりを覚え、女優業を休業して日本に留まる。その後は新出智明になりすまして米花町付近に潜入することを計画、新出の事故死(実際はベルモットの計画を察したFBIによる偽装工作)確認に伴いすり替わることに成功。そして、組織の計画の中枢を担っていたシェリー(灰原)の暗殺を果たすべく、新出として独断でシェリーの捜索を開始し[注 44]、東都デパートでの「4台のポルシェ」事件の際に灰原がシェリーの幼児化した姿であることに気づく[注 45]。その後、コナンに送った季節はずれのハロウィンパーティーへの招待状で彼の正体を知っていることをほのめかして彼を灰原から遠ざけた後、スナイパーのカルバドスを連れ出してシェリー(灰原)殺害を実行しようとしたが、計画を察知したコナンが灰原に変装して妨害した上に、予期せぬ蘭の登場や赤井の妨害により殺害を断念し、カルバドスを見捨ててコナンを人質にとって自分1人だけで逃亡した[注 46]。その後、コナンの追及をかわし、「あの方」の命令により組織の任務下に戻る[注 47]。
その後、バーボンがシェリーの捜索に動き出したことを機に何らかの「約束」と引き換えに彼と結託し、赤井捜索に付き合って彼を赤井に変装させたり、毛利探偵事務所潜入の手引をしたりといったサポートを行う。灰原がベルツリー急行列車に乗る情報をバーボン経由で入手した後は、彼のシェリー確保計画に加わり、灰原がAPTX4869の解毒薬で元のシェリーの姿に戻るよう誘導した上で、ジンやバーボンを出し抜いてC-4で爆殺[注 48]しようとしたが、黒羽快斗(怪盗キッド)を無理矢理味方に引き込んだコナンと有希子の共同トリック作戦に翻弄され、再び失敗に終わった。
組織、あるいは組織の計画に対して含むところがあり、ときおり誰にも悟られぬまま組織を壊滅させる決定打を探し求めているような言動があり[注 49]、そしてコナン(新一)に対して、赤井に次ぐシルバー・ブレットになれる存在になり得ると期待をかけている。
組織の中でコナンと灰原の正体およびその所在を知る唯一の人物[注 50]で、また、灰原の両親である宮野夫妻が開発に携わったAPTX4869を用いた研究の全容についても知っている模様[注 51]。灰原がAPTX4869により幼児化したことを組織に知られることを恐れている節があり、組織にその事実を伏せている。
1年前、赤井抹殺のためにニューヨークで通り魔の男(声 - 長嶝高士)に変装した際、偶然訪れていた新一・蘭と出会い、廃屋の手すりから落ちかけたところを救われている過去がある。その際の新一の「人が人を助ける理由に論理的な思考は存在しない」という言葉から2人を組織の活動に巻き込みたくないと思うようになった。それ以降新一(コナン)を"Cool Guy"(クールガイ)、蘭を"Angel"(エンジェル)と呼び、新一の幼少期の顔を知っていたことからコナンの正体に気付きつつも組織には報告せず、コナンを身を投げ出してまで守ったり、コナンや蘭に組織の手がまわらないよう配慮した上で計画を遂行したりなどの行動をとっている[注 52]。その一方で、灰原に対しては「彼女だけはこの世にいてはならない」として、執拗(しつよう)に抹殺にこだわっている[注 53]。
使用拳銃は、原作では「SIG SAUER P230」など、アニメ版では「ワルサーPPK」「S&W M36」「コルト・ベスト・ポケット」など。組織の任務の際は、ハーレーダビッドソン・VRSCに乗る場合が多い。
モデルは『ルパン三世』シリーズの登場人物である峰不二子[注 54][4]。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【シャロン・ヴィンヤード】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【シャロン・ヴィンヤード】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


シャロン・ヴィンヤードについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>名探偵コナンのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!