アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

池上亮二

イケガミリョウジ

SLAM DUNK

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 緑川光
3年、183cm 74kg、背番号5、F。
陵南の副主将。原作では姓のみ明らかになっており、氏名はアニメより。「ディフェンスに定評のある池上」と評され、その実力は田岡をして「陵南ではディフェンスNo.1」と言わしめたほど。
作中ではインターハイ予選決勝リーグの武里戦まではスタメンだったが、福田が復帰した海南戦と湘北戦ではベンチスタートとなり、スコアラーをマークするためのシックスマンとして起用される。海南戦では神をマークする目的で途中出場し、試合終盤に牧からスティールを決めて延長戦に持ち込むきっかけを作った。
インターハイ予選湘北戦では三井をマークする目的で後半から出場。オフェンス面ではマッチアップした花道が精彩を欠いていたため度々活躍のチャンスを迎えるも、巧みにカバーした赤木によって阻まれる。さらに花道が復調すると、一度は花道をフェイクにかけてジャンプシュートを放つも、彼の驚異的な身体能力によってブロックされた。ディフェンス面では三井を脱水症状になるまで疲労させ、試合終盤に三井が脱水症状により倒れた後は彼と交代した木暮とマッチアップ。残り1分強に田岡から、赤木と流川にボールが渡った場合は木暮をある程度離してもダブルチームに行くよう指示を受け、流川からスティールを決めるが、カウンターを狙ったロングパスを花道にカットされる。自身へのパスを求めた流川へのダブルチームに行くが、花道はフリーになった木暮にパスを回し、事実上の勝敗を決するスリーポイントシュートを決められ敗戦の要因となった。
魚住同様、インターハイ予選終了後に引退する。バスケ部を引退する際、涙の魚住に代わりあっさりと答辞を述べた。アニメでは引退後、彦一の誘いにより翔陽との混成チームでの湘北との練習試合に参加。スタメン出場し、前半途中で仙道と交代するも、終盤にはそのディフェンス力の高さを藤真に買われて福田との交代で再び出場し試合終了まで戦った。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【池上亮二】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【池上亮二】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


池上亮二についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>SLAM DUNKのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!