アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   

田岡茂一

タオカモイチ

SLAM DUNK

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 石塚運昇
監督。年齢は41歳で、10年以上の監督歴を持つ。非常に気が短く厳しい人物で、試合中わずかでも気を抜いたプレイを行った選手は怒鳴りつけ、思い出すだけで部員たちが冷や汗を流すほどの厳しい練習を課すが、部員たちを思いやる面も見せる。魚住が入部してからは、本気でインターハイ出場を視野に入れスカウトに奔走。三井とリョータ、流川へのスカウトは失敗に終わったが、東京の中学から仙道を入学させることに成功した。その後、入部当時は挫折しかかっていた魚住を励まして説得し、神奈川トップクラスのセンターに、またひとりのスコアラーに過ぎなかった仙道を一流のオールラウンダーにそれぞれ成長させた。
高校時代は「神奈川に田岡あり」と言われた選手で、高頭とはその頃からの因縁の関係であり、学年は高頭より1年年上である。高校時代の自身と高頭の関係は、今で言うなら仙道と流川の関係にあたると自称したが、陵南の選手たちからは「嘘つき」呼ばわりされる。高校2年当時の背番号は7。
湘北との練習試合では、出場して間もない花道が自身の裏をかくプレイを連発したため、彼のことを「相当頭の切れる奴」と誤解した。練習試合では花道に何かと痛い思いをさせられている[54]。練習試合以降、花道には「じじい」呼ばわりされる。
インターハイ予選決勝リーグ湘北戦では流川と三井、赤木を徹底的に警戒し、湘北の不安要素を徹底的につけ込むものの、自身が不安要素と決めつけた木暮と花道の2人によって勝負を決められる。試合後のインタビューでは敗因が自身の過ちにあることを認めたうえで、「陵南の選手たちは最高のプレイをした」と発言し、試合には敗れたが全力を尽くした選手たちを称賛した。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

 このキャラクターの画像は、まだ投稿されていません(T_T)
【田岡茂一】の画像をお持ちの方は、是非、投稿してみて下さい<m(__)m>
画像を投稿する

※画像を投稿する際には、必ずサイト内の利用規約をご確認の上、規約に沿った形でご投稿ください。

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【田岡茂一】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


田岡茂一についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>SLAM DUNKのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!