アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:ジョイさん

紺野木綿季

コンノユウキ

ソードアート・オンラ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 悠木碧
「マザーズ・ロザリオ」編におけるヒロイン。一人称は「ボク」。ALOにおいて「絶剣(ぜっけん)」と呼ばれ圧倒的な強さを誇るプレイヤーで、二刀を使わなかったとはいえキリトを2度倒した唯一の人物。現実では15歳の少女。種族はインプで、使用武器は極細の片手直剣。その圧倒的強さからアスナらに「SAO生還者」ではと疑問を持たれたほど[注釈 41]。
出生時に輸血用血液製剤からHIVに感染し、15年間闘病を続けてきた。両親と双子の姉はAIDSによりすでに他界しており、天涯孤独の身。薬の服用を続けながら通学し、小学校においては常にトップクラスの成績を維持し続けたが、HIVキャリアであることがリークされ転校を余儀なくされた。
その後AIDSの発症により入院、医療用VRマシンであるメディキュボイドの被験者になり、それ以来3年間を仮想世界で過ごしてきた。ALOでの異常なまでの戦闘力は、長期間の医療目的ダイブに由来している。
「スリーピング・ナイツ」のメンバーで、姉の死後リーダーを引き継ぐ。自身が作ったOSSを賭けて辻デュエルをしていた際、キリトを破ったことに興味を持って対戦を挑んできたアスナと出会いその強さを認め、最後の思い出作りのためのボス攻略戦の助っ人を依頼した。ボス攻略を果たした後、アスナに姉の面影を重ねて見てしまい、ALOから姿を消す。
病院を訪ねてきたアスナに「学校に行きたい」という願いを吐露し、和人らが作った視聴覚双方向通信プローブを利用してアスナと共に学校へと通う。キリトに対しては自分の出自を見破ったためか微妙に訝しんでいたが、プローブを提供されたためか打ち解けており、明日奈が理解できないレベルの討論を交わしている。その一方で「スリーピング・ナイツ」のみによるALO第29層攻略に貢献し、統一デュエル・トーナメントでは決勝戦で再びキリトを破り優勝。
アスナたちと京都旅行を楽しんだが、2026年3月末に容体が急変、駆けつけたアスナに最後の贈り物として自身が編み出した11連撃のOSS「マザーズ・ロザリオ」を託して遂に力尽き、最期は「スリーピング・ナイツ」や彼女と接した多くのプレイヤーに看守られながら、アスナの腕の中で静かに息を引き取った。彼女の葬儀には明日奈をはじめ、100人を超えるALOプレイヤーが参列した。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
紺野木綿季とは?(ソードアート・オンライン)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

ALOでは天衣無縫の強さ!“絶剣”「ユウキ」の魅力とは?『ソードアート・オンライン』
【画像】紺野木綿季(ソードアート・オンライン)
 『アルブヘイム・オンライン』略(ALO)と呼ばれるゲームの世界で、主人公「桐ヶ谷和人(きりがやかずと)《プレイヤー名:キリト》」は“最強”と呼ばれる程に名が立っていました。そんなある日、絶対無敵の剣“絶剣”と噂されるプレイヤーの名がキリト達の所にも流れて来ます。今回はそんな、見た目は若干幼さの残る少女「紺野木綿季(こんのゆうき)《プレイヤー名:ユウキ》」の強さの秘密、彼女が抱えてきたもの、様々な観点から見た彼女の魅力についてご紹介したいと思います。
英雄と言われたキリトをも凌ぐ圧倒的なスピードと強さ
 舞台となるのは、仮想現実をよりリアルに近づけたゲームの世界『アルブヘイム・オンライン』。フルダイブ技術を採用しており、自らの身体をそのままゲーム内に取り込める他、背中の翼で滑空することもできます。ゲーマーならば魅力を感じざるを得ないこの世界で、「ユウキ」はとても長い年月を過ごしてきました。

 以降、ネタバレになりますが、まずユウキの強さの秘密に焦点を当てていきましょう。彼女は生後直後に後天性免疫不全症候群(通称エイズ)を患い、メディキュボイドと呼ばれる装置に繋がれています。フルダイブ技術の機能を医療用に特化させた形となっており、ユウキにとっては命を繋いでいる希望のひとつです。つまり、彼女にとっては、バーチャル世界こそが現実であり、その中でしか自由に動くことができないのです。ゲームの世界で繋がれていた時間は約3年間。その中で彼女は誰にも負けない強さを身に付けていったのです。
どんな時でも前を見つめるユウキの目に映るもの
 『ソードアート・オンライン マザーズ・ロザリオ編』の主軸キャラクターとなる「ユウキ」はもちろんですが、「結城明日奈(ゆうきあすな)《プレイヤー名:アスナ》」という人物こそ、ユウキにとってまたひとつの生きる糧となります。アスナはユウキに近い実力の持ち主であり、半ば強引な出会いでしたが2人は共に行動していく事になります。すっかり意気投合した2人が、冒険中の描写の中で姉妹のように見えるシーンが印象的です。

 ユウキは、既に同じ病気で旅立ってしまった姉のことが大好きでした。かつての姉の姿をアスナと重ねて涙をこぼしてしまうシーン・・・。普段の明るいユウキからすると、彼女のその姿はとても切ないものでした。
最後に残したアスナへの思い
 そして最も印象に残るのは、やはり最終回のお別れの場面でしょう。『マザーズ・ロザリオ』という、ゲーム内最高ともいっていいスキルを、最後の力でアスナに託し、膝の上で旅立っていくのです。

 ユウキはずっと自分の生まれた意味を考え続けていました。しかし、最後の参列には、ゲーム内のほとんどのプレイヤーたちが集まり、彼女の心は満たされていました、意味など必要なかったのだと納得するのです。そして最後の言葉、「僕、僕、がんばって生きた、ここで、生きたよ・・・」。涙無しでは語れない最高の瞬間でした。

 普段は明るい姿で元気を届けてくれた「ユウキ」。アニメ版では、時折見せる切なさの織り交じったような表情や心情を、悠木碧さんの演技の力によって見ることができます。まだ観ていないという方は、是非「ユウキ」に注目してみて下さい。
(C)川原礫/アスキー・メディアワークス/SAO Project
NAOTO(バンタンゲームアカデミー ゲームライター専攻)

記者(NAOTO【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


紺野木綿季についての雑談場(1件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:名無しさん 2015/01/23 02:43 ID:ECD24436 ▽コメント返信
dssad
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ソードアート・オンラインのキャラクター 一覧
198回
197回
196回
195回
194回
193回
192回
191回
190回
189回
188回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!