アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:どんじゃらほいさん

シュナイゼル・エル・...

シュナイゼルエルブリ...

コードギアス 反逆の...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

神聖ブリタニア帝国第2皇子で帝国宰相。身長201cm。ルルーシュをも凌ぐ政治・軍事的策略と決断力を兼ね備える、皇帝に最も近い存在。シャルルとは異なり人心や大義名分を重んじた方針を唱え、それによりE.U.への侵略と中華連邦との宥和外交の双方を急速に進展させ、成果を上げ続けている。一方では独自にシャルルの動向を探っており、彼が王たる責務をないがしろにしていることに不信を募らせていた。シャルルの命により暗殺されたマリアンヌの遺体を回収していたことから、暗殺事件の真相を知るとされていた。穏やかな笑みを絶やさない紳士的な人物であるが、その本質はあらゆる欲望や執着心を持たない虚無的な性格で、他人はおろか自分の命にさえ執着しない冷徹さを併せ持つ。ルルーシュから負けないところでゲームをすると評される。ゼロの正体を知り、自ら外交特使として斑鳩に降り立ち、巧みな話術によりゼロから騎士団を離反させることに成功した(扇達にはゼロがルルーシュである事と、自分にもギアスが掛かっているのではという嘘を言って、ルルーシュを都合のいい悪に仕立て上げた。しかもギアスに関してはあまり公表していなく、皇帝もギアスに関わっていたという事も伝えていない)。その後第二次トウキョウ決戦の経過を「俗事」と軽視したシャルルを皇帝としてふさわしくないとし、クーデターを示唆する。ルルーシュの皇帝即位後はカンボジアのトロモ機関へと身を移しブリタニアから離反。多数のフレイヤを搭載した天空要塞ダモクレスを起動させ、全世界をフレイヤの射程圏内におく作戦を計画、人々を恐怖で従属させることで世界平和を実現する「神」になろうとした。身柄を確保していたナナリーを皇帝候補として擁立し、ルルーシュ率いるブリタニアに最後の決戦を挑むが、その思考の裏を突かれて敗北。ギアスをかけられ「ゼロ」の配下にされる。ゼロレクイエム後はギアスの効力により、「ゼロ」に付き従っている。【小説版】優れた政治的、軍事的手腕を持つが、シャルルからはあまり信用されていない。また、ナナリーの総督就任を手助けしていたが、それは彼女の身体的ハンデを利用する意図があったからである。

出典:wikipedia

誕生日:1月12日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

トオルさん
0 pt
サラサラさん
0 pt
ponnさん
0 pt
showatchさん
0 pt
レオナさん
0 pt
5年生さん
0 pt

キャラクター関連記事

 このキャラクターの記事は、まだ作成されていません(T_T)
【シュナイゼル・エル・ブリタニア】への強い思いをお持ちの方は、是非、魅力や情報を自由にまとめてみて下さい<m(__)m>


記事を作成する

作品関連記事


シュナイゼル・エル・ブリタニアについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>コードギアス 反逆のルルーシュシリーズのキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!