アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:シロクマさん

わたし

ワタシ

人類は衰退しました

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

声 - 中原麻衣
本作の語り手で、衰退しつつある「旧人類」の少女。名前は不明。新しくクスノキの里の調停官に任命され、直属の上司である祖父の下で働いている。主な仕事は祖父の雑用と、妖精さん達にお菓子を作ってあげてお茶をすることと、妖精さん達の楽しいことに巻き込まれ、酷い目に遭うこと。あまり仕事熱心では無いが押しに弱く、妖精さん達や人々のお願いを簡単に聞き入れてしまうために良くトラブルに巻き込まれる。小説版で170センチメートル強[4]、アニメ版設定では165センチメートル前後と女性としては高めの身長と太眉がコンプレックス要素。インドア派でお菓子作りが得意で早起きと料理が苦手。物語の進行によって克服していくものの、かなり人見知りで、おっとりとした性格。外見的には”寡黙で清楚なご令嬢”[5]で人当たりがよさそうだが、内面は裏腹に現実主義かつ皮肉屋、内心でキツいツッコミを入れたりする、毒のある人間的な性格。そのため彼女の本質を知る者から「腹黒い」と思われている(Y曰く「歩く詐欺」)。
妖精さんには『かみさま』『にんげんさん』、クスノキの里の若い娘さん方には『先生』、文化局長には『孫ちゃん』(本人は嫌がっている)と呼ばれている。また学舎時代の初期には『ほうき頭』、のばら会ではお菓子作りが上手なことから『お菓子ちゃん』と呼ばれていた。
早くに両親を亡くし、祖父に引き取られた後学舎に入学。そこでY・巻き毛(後述)などの友人ができる。学舎には9歳の終り頃に中途入学し[6]、10年以上を過ごした[7]とあることから、物語スタート時点で最低でも19歳である。人参が嫌いで、更にほかの生徒も人参が嫌いであったことから学舎在学中に寮母との全面闘争になったこともある。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

関連画像

シロクマさん
0 pt
シロクマさん
0 pt
シロクマさん
0 pt
シロクマさん
0 pt
シロクマさん
0 pt
シロクマさん
0 pt
シロクマさん
0 pt
シロクマさん
0 pt
シロクマさん
0 pt
シロクマさん
0 pt
シロクマさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



わたしについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>人類は衰退しましたのキャラクター 一覧
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!