アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:magrinaさん

擬宝珠纏

ギボシマトイ

こちら葛飾区亀有公園...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

交通課に勤務。夏春都の孫、両津勘吉の又従兄弟にあたる。誕生日は4月30日。初登場時は19歳だったがすぐに誕生日を迎え20歳になった。神田明神下五代目。血液型O型。身長173cm、体重50kg。スリーサイズは85・59・84。髪型はポニーテール。気が強く、男っぽい性格で男口調(登場初期は、女性らしい口調であった)。誰に対してもタメ口で、署長などの上司に対してもタメ口のため両津に呆れられ、言葉使いを直すようにと夏春都にも注意された。その事で早矢に相談し、心が穏やかになるようにと箏と茶道を勧められ、後述の安全運転競技会の優勝で、署長ボーナスとして貰った100万円で茶道具と箏を買い、両津に驚愕された。因みに箏の腕は少しずつではあるが上達している。家が寿司屋という家柄から夜は12時就寝、朝は4時起床で、学生時代は学校にいつも一番乗りする。化粧などはしておらず、洗髪にも卵シャンプーしか使わない。そのため身支度は両津よりも早い。冬服の時期でも上着を着ずに勤務。両津・夏春都・檸檬から比較すると常人の方だが、興味のないことや身近すぎる事は全く知らず、時には両津をしのぐほどの常識外れた発言や行動を取る事もある。最近の情報機器や科学にも疎いらしく、GoogleやLEDさえ知らなかった。また最初は、祭りで神輿の上に乗るという理由で浅草を田舎と称した事もある。一時期、両津との結婚話まで持ち上がったが、結婚報告の挨拶で勘兵衛と夏春都が会った際に2人は兄妹で、そこで両津と纏が又従兄妹であると判明。更に両津家の人間であるという理由で夏春都に反対され破談になるが、それでも食い下がる纏に夏春都が結婚を許す描写がある(結局、両津の失態で、婚姻関係は結んでいない)。制服にスニーカー姿がトレードマーク。実家は、神田で寿司屋・「超神田寿司」を営んでおり、兄に憂鬱(ゆううつ)、妹に檸檬(レモン)と蜜柑(ミカン)がいる。ベーゴマ・メンコ・将棋が上手く、両津を負かすほど。少女時代は野球、学生時代はソフトボールをやっていて、ストレートは時速150キロを超える速球を投げる(両津は140キロなので両津よりも速い)。なぎなたも夏春都から教わっただけの自己流だが、早矢と2時間以上戦っても決着が付かない程の腕前を持っている。車の運転も得意で、パトカー・ミニパトの安全運転競技会で早矢と組んで警視庁代表となり、全国大会でも優勝している(しかし、両津の提案で葛飾署のミニパトがフェラーリ・エンツォフェラーリになったときに、右側のドアで両津の制服のズボンの裾をはさんで、そのまま20分間運転し続けた)。幼少期に民謡を習っていたため歌が非常に上手であるが、大人びた歌い方が恥ずかしいという理由でカラオケでは歌いたがらない。また幼少から母親に日本舞踊を習っていたという一面も持つ。逆に絵を描くのが苦手で、コーヒーカップを描かせた際は、正面と上部を同じアングルで描くという酷いもので、両津に「子供の描き方」と馬鹿にされている。『Kamedas2』には纏の描いた漫画が収録されているが、両津に「レモンより下手」と評された。両津の誕生日に不器用ながら手編みのマフラーを贈ったことがある。携帯電話は、夏春都が前に使っていた1995年頃の物を2010年まで使っていたが、今は両津のiPhoneを永久に借りている。酒には弱く、日本酒1合で泥酔してしまう。名門校の桜稟大学付属高校卒。大学入試には合格していたものの、大学へ進むかどうか迷っていた。高校の卒業式の後に聖橋での白線流しをする際、御茶ノ水駅の電車のホームから川へ転落した子供を助けるため川へ飛び込み子供を無事助けた。纏は当たり前の事をしたと思っていたが感謝されて驚き、人を助ける事は良いことだと感じ、早く社会に出て人のための仕事をしようと決めて警察官を選んだ。次の日交番に願書を出して、次の週試験で合格し警察学校に入学。警察から子供を救った感謝状をもらい、同署に来てくれと勧誘されたが葛飾署に卒配した。作者曰く、両津と対抗出来るライバルキャラとして登場させた。登場9年目の2008年北京オリンピック開催時に日暮熟睡男との共演が実現した。それまで日暮の存在を知らなかった。

出典:wikipedia

誕生日:4月30日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
擬宝珠纏とは?(こちら葛飾区亀有公園前派出所)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

交通課に勤務。両津とは又従兄弟にあたる。気が強く、男っぽい性格で男口調。興味のないことや身近すぎる事は全く知らない。両津との仲は比較的良好であり、玲子達にお目付役を頼まれることも。

年齢

20 歳

誕生日

4月30日

性別

特技

ベーゴマ、メンコ、将棋

声優

土井裕子

星座

牡牛座

身長

173 cm

体重

50 kg

血液型

O 型

髪の色

髪型

長髪

学校・会社

新葛飾署

職業

婦警

役職

交通課

父親

擬宝珠夜婁紫喰

母親

擬宝珠桔梗

兄弟・姉妹

擬宝珠憂鬱 擬宝珠蜜柑 擬宝珠檸檬

ペット

雪丸
男勝りでチャキチャキの江戸っ子娘「擬宝珠纏」の魅力とは?『こちら葛飾区亀有公園前派出所』
【画像】擬宝珠纏(こちら葛飾区亀有公園前派出所)
 漫画内ではいつも「両津勘吉」と張り合っている「擬宝珠纏」。一見超人並みの力を持つ両津が勝ちそうですが、決してそんな事はありません。むしろ纏の知恵や能力で、大体両津はボコボコにやられてしまいます。今回は、そんなチャキチャキの江戸っ子娘「擬宝珠纏」の魅力についてご紹介したいと思います。
文武両道
 警察へ入れただけあり、当然学力の高い纏。実はソフトボールの名ピッチャーでもあったのです。小学校と中学校は男子を負かすほどの剛速球の持ち主で、今でもボールを投げれば荒川のような幅の広い川も余裕で超えてしまいます。その強さからソフトボールの名門校へ入学し、見事全国クラスの大会で優勝を果たしています。その大会成績や学力から、本来なら附属大学へも余裕で進学できたところを辞退・・・。ほんの数ヶ月だけの勉強で試験を突破し、警察官になったのです。文武両道の鏡ですね。
達者な武術
 警察官なら必須の武術。纏はなぎなた、柔道、剣道と全て署内でトップクラスです。おばあちゃんの夏春都に小さい頃から教え込まれたおかげでしょう。同じくらい武術に秀でた「磯鷲早矢」と勝負してみたところ、いつまでも決着がつかずにもはや耐久戦の状態に・・・。そして早矢から「纏さんの戦い方はとても面白い」と一言。纏の戦い方が正統派ではないため、正統派の早矢からすると予想外の動きが多かったという事のようです。
寿司屋の娘
 纏のお弁当はいつもお寿司です。3種類のお弁当の永遠ローテーション・・・。仕事場へは実家から通い、その実家は当然お寿司屋さん。お昼くらいは他のものを食べたいと思いそうなものですが、本人いわく「お寿司が好きだから全然飽きない」らしいです。

 カッコ良く可愛くそして頼りになる「擬宝珠纏」。もし現実の世界にいたら女でも惚れてしまいそうな姉御です。ハッキリとした人柄にまっすぐな性格。いっそのこと政治家にでも転身して彼女に日本を改革して欲しいと思ってしまうほどに頼りがいのある「擬宝珠纏」の魅力。ぜひ一度ご自身の目でお確かめ下さい。
(C)秋本治・アトリエびーだま/集英社

記者(じょにー先輩【公式】さん)

関連画像

takeさん
0 pt
ロックフェラー綾さん
0 pt
わかめさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



擬宝珠纏についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>こちら葛飾区亀有公園前派出所のキャラクター 一覧
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!